迷走してしまう役者の共通点 〜売れる為の本当の近道〜

俳優,女優,役者, 俳優
俳優,女優,役者,

動画版はこちら

迷走してしまう役者の共通点 〜売れる為の本当の近道〜

どうも、木全俊太です。

今日も記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は『迷走してしまう役者の共通点』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

今回の記事でも、その頃の経験から

皆さんにお伝えしたいことをシェアさせて頂けたらと思います。

はい、というわけで今回は

『迷走してしまう役者の共通点』というテーマで

お話し出来たらと思います。

早速僕なりの結論をお伝え出来たらと思うんですけど

それは

『手段が目的になってしまってる』方ですね。

いやいや自分はそんなことないと思われるかもしれないんですけど

結構そうなってしまってる方もいらっしゃるんじゃないかなと思いまして

例えば最近はライブ配信だったりYouTubeだったりを

頑張ってる方もいらっしゃると思うんですけど

それ自体はすごくいいことだと思うんですけど

いつの間にか役者としての勉強よりも

そっちを優先してしまってる方もきっといて

それはちょっと違うんじゃないかなって思うんです。

脚本読解に力を入れたり、ワークショップに参加したり

そういうことをした上で

それと並行してライブ配信だったりYouTubeだったりもするというのはすごくいいと思うんですけど

そういったことそっちのけでライブ配信やYouTubeだけに特化してしまうのは

それはもはや役者じゃなくてライバー、YouTuberですよね?

皆さんがそもそも目指してるのって役者じゃなかったでしたっけ?

とそういう状況にいつの間にかなってしまってる方もいらっしゃるんじゃないかなと思います。

役者に関連した内容の配信、YouTubeだったらいいと思うんですけどね。

でもSNSの方に意識が向いちゃう気持ちもすっごく分かるんですよ。

ライブ配信などは何かしら視聴者の方から反応があるから

必要としてもらえてる感も得られるし

成果も感じやすいと思います。

でも例えば脚本読解の勉強とかって

すごく地味だししんどいし

すぐに成果を実感出来ないところがあるから

段々とやらなくなってしまう人も多いと思います。

あとは今はいろんな配信者が

SNSが何より大事だと仰ってるから

役者としての努力よりも

SNSの方が大事だと思う方も多いと思います。

でも、これは僕の本音なんですけど

SNSに夢見過ぎな方多い気がするんです。

僕は正直リアルな実績を叩き上げた方がむしろ近道だと思ってます。

というのもSNSは何を発信するかよりも誰が発信するかの方が

重視されてるからです。

有名な芸能人の方がYouTubeに参入すると一気に登録者ある程度のところまで

いったりするじゃないですか?

つまりそういうことです。

それとSNSが熱いとされていた少し前の時期と今とではちょっと状況が変わってきてる気がしていて

今はあまりにも発信者が増えて競合が多過ぎるんですよね。

少し前は例えばYouTubeで無名の方がすごく登録者いくということもありましたけど

これだけYouTubeやってる人が増えた今だと

相当何か秀でた能力や経歴を持っている人じゃないと

かなり難しくなってきてるなって最近は感じてます。

YouTubeの話でちょっと余談なんですけど

これからYouTubeを始める方で

YouTubeやるからには毎日投稿だと思われる方いるかもしれないんですけど

そんなことはないのかなと思います。

というのも毎日投稿するとなると

妥協せざるを得なくなっちゃうと思うからです。

自分自身あんまり準備出来てない企画とか有益ではないかなっていう話とかでも

毎日投稿しなきゃいけないとなると

まぁいいやそれで動画出しちゃえとなってしまいがちですよね。

でもそれって本当に視聴者の為になってますかね?

これも手段が目的になってる典型だと思って

発信する人にとっての目的って

視聴者の方に楽しんでもらったり

何か気付きを得てもらえるような動画を出すことが目的であって

毎日投稿が目的じゃないはずです。

その負のループに入ると自分も時間奪われるし

視聴者さんの時間も奪うことになりかねないし

誰もハッピーじゃないですよね。

少し前に中田敦彦さんがアバターになりますって言って

1ヶ月もしないうちに前言撤回でアバター辞められたじゃないですか?

中田さんも実写の方が視聴者は嬉しいんだっていうコメントを読んで

すぐに前言撤回されたそうなんですけど

これも中田さんが本来の目的を見失わなかったから

すぐ軌道修正出来たと思うんです。

つまり大事なのは

自分が一度決めたことを貫くことじゃなくて

本当に視聴者のためになることは何かを考えて

常に臨機応変に軌道修正していけることなんです。

ちょっと話それちゃいましたけど

中田さんはもうご自身でも自分はYouTuberだと言っていて

完全に芸人からYouTuberに活動スタイル切り替えてるから

すごく納得ですけど

もしこれを観て下さってる方で自分は役者だという方は

ライブ配信やYouTubeなどのSNSはあくまで手段であって

目的じゃないですよね?

だからその優先順位を間違えないように

ちゃんと自分の本来の目的を忘れないようにしないと

迷走して時間を無駄にしてしまうことになってしまうので

注意だと思います。

でも逆に考えたら今って僕ラッキーだと思うんです。

コロナも相まってみんながSNSに移行して

レッドオーシャン化してるところを

誰もあまりやりたがらない脚本読解とか演技論の研究とか

そういうあくまでリアルで成果に繋がりうることに注力したら

コロナが終息した時、見違える程演技の質変わってると思います。

これほど周りと差がつく時期ないですよね。

コロナの今の時期はもはやチャンスと捉えた方がいいぐらいです。

いわゆる逆張りってやつですよね。

他人とは違う成果をあげたければ

他人と同じことやっていては駄目です。

もしSNSに本腰入れるなら、リアルで成果を出して

名がある程度売れた後にやってみて下さい。

びっくりするぐらいすぐにフォロワーつきますから。

そんなわけで

役者を志す方は

あくまで役者としての努力を積み重ねていってもらえたらと思うんですけど

そうはいってもしんどい時もありますよね。

自分何がしたいんだろうなってふと思っちゃう時もあると思います。

そういう時はですね。

映画を観る

これをやって下さい。

特に自分が役者を志すキッカケにもなった作品を観る

ということやって下さい。

きっと

あ〜そうだそうだ、自分はこの世界に憧れて役者を目指したんだと

有名になりたいとかじゃなくて、あくまで芝居が好きだから役者を選んだと

自分はこの世界で生きる為に役者を志したんだと

そんな風に初心を思い出せると思います。

別にすぐに売れっ子になれなくていいじゃないですか?

芝居は楽しいっていう気持ちさえ失わなければ

それはもう勝ちだと思います。

役者として売れてる方々は皆さん

芝居を心から楽しんでる

芝居の魅力に取り憑かれた方たちだなと思います。

何か道に迷うことがあれば

芝居が好きだと

楽しいからやるんだと

その根本的な目的に立ち返りましょう。

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈ってます。

記事を最後まで読んで下さって

どうもありがとうございました!

木全俊太

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】