芸能活動を長く続ける方法 〜激動の芸能界を生き抜く秘訣〜

俳優,女優,役者,芸能活動,芸能界, 俳優
俳優,女優,役者,芸能活動,芸能界,

動画版はこちら

芸能活動を長く続ける方法 〜激動の芸能界を生き抜く秘訣〜

どうも、木全俊太です。

今日も記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は『芸能活動を長く続ける方法』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前木下ほうかさんなどがいらっしゃる

芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

自分自身も俳優をしていた経験があるんですが

今回の記事でも

その頃の経験から皆さんにお伝えしたいことを

シェアさせて頂けたらと思います。

芸能活動をする上で売れるタイミングってやっぱり人それぞれだと思うし

芸能活動を始めて1、2年で一気に売れる人というのはほんとに一握りで

個人的に大事だと思うのは長く続けることだと思います。

でもとはいえ30歳ぐらいを超えてくると

親や周りの目が気になってしまったりということもなんだかんだあると思うし

そういった社会的な見え方の為に芸能活動を断念してしまう方も少なくないと思います。

あとは金銭的なことも大きいですよね。

10代20代の頃はアルバイトしながらでも全然問題無いと思うんですけど

やっぱり何だかんだ年齢重ねるごとにかかるお金って増えるものだし

30歳超えてくると、やっぱりちょっとアルバイトすることにどうしても抵抗感じてしまうという方も

いると思います。

なので今回はそんな方に身につけてほしいことをお伝えしたいと思います。

ちなみにこれは演技力とか

本業の芝居に関することではありません。

でもその本業を長く続ける為に必要なことです。

早速結論を言ってしまうんですけど

それは”収入を得られるぐらいのレベルのスキル”です。

手に職をつけるとも言えると思うんですけど

これはほんとに人によって様々だと思うんですけど

芸能活動を長く続けていこうと思ったら

これがあるだけでだいぶ金銭的にだけじゃなくて

精神的にも安定すると思います。

ちょっと抽象的過ぎると思うんで

具体例を出していけたらと思うんですけど

僕の友人の俳優さんはですね

すごく筋トレが好きで

アクション系の映画にも対応出来るようにと

普段から筋トレをされてたんですが

それを極めたことで

役者としての活動している以外の時間で

ジムのパーソナルトレーナーの仕事をしてるんですね。

しかも普通にそのパーソナルトレーナーとしての仕事の収入で

十分生活出来るだけの収入を得れているんですね。

他の知り合いの女優さんは

国外での役者業をメインにされてる方で

それもあって英語がすごくお得意なんですが

それもあって役者業以外に英会話の講師の仕事もされていて

ちゃんとそこから収入を得られているんですね。

生活費としてお金を稼ぐだけなら、別に

例えば居酒屋とかのアルバイトでもいいんじゃないのと

思われる方もいらっしゃると思うんですけど

今紹介した方の仕事とアルバイトの仕事と大きく違うのは

”仕事を通じて自分のスキルも高まっていくかどうか”

そして

”収入が自給制かそうでないか”

だと思ってて

もちろん居酒屋のアルバイトでも

得られるスキルはあると思いますが

ちょっと本業に活かしづらいというか

アルバイトを通じて何か明確なスキルが身に付いていくかというと

そうじゃないケースが残念ながらほとんどだと思います。

でも筋トレや語学についてのお仕事って

筋トレであればアクション系の作品に

語学であれば海外の作品にという風に

本業の役者としての仕事にもすごく活きると思うんです。

余談ですが、ある方はボクシングジムのトレーナーの経験があることから

ボクシング映画のトレーナーの役で商業映画のメイン役として出演された方もいる程です。

こういった芝居×〇〇みたいに

芝居以外にもスキルがある人っていうのはいろんな意味で強いんですよね。

もちろんあくまで本業は役者っていう意識、活動をしていかないと

気づいたら役者業よりそっちが本業になっちゃったっていうケースもあるので

注意が必要なんですけどね

話を戻して

そう言ったスキルに元付いた仕事って誰でもすぐに出来るわけじゃないので

自給も高いし、そもそもフリーランスとしてやっていけば

時間に対する報酬も自分で決めれるので

その金額もスキルに応じて高まっていきやすいんですよね。

本業の役者業に費やす時間を少しでも増やす為にも

その副業の時間給はなるべく高くしていった方が

当然役者業に費やせる時間も増えますよね。

だから本業は役者さんという方も

何か役者以外のスキル

それも十分な収入を得られるぐらいのスキルを身につけた方が

本業の芝居にも専念出来るお金と時間も生まれるし

親からも「あんた大丈夫?」と文句言われないと思います。

ただまぁこれはすごく難しいことだし

こういったスキル誰もがすぐ会得出来るわけでは無いと思うんですが

まだそういった自分にとってのスキルが何か見つけられていない方や

まだそのスキルが生活費賄えるぐらいまでのレベルには至っていない方は

通常のアルバイトでそれまでやりくりするというのでも全然アリだと思いますが

そのアルバイトも、もちろん役者業やそのスキル磨く為にも

なるべく時間的に融通利くアルバイトの方がいいと思うので

こちらのサムネイルの動画で紹介させてもらってる仕事もお勧めしたいなと思います。

今の時代は本当に何が起こるかわからない時代で

コロナなんてまさにそうですが

いつ役者業が急に出来なくなってしまうか分からない時代だし

コロナもどうやら今年もしばらく続きそうですし

役者業がストップしても大丈夫な

もう一つのスキルがあると

すごくリスクヘッジになります。

あとこれは今現時点で役者業だけ生活出来てる人にも

言えることかなって思います。

役者業って本当に安定とは程遠い仕事だと思うし

歳を取るに伴って出来なくなってしまう分野の仕事も残念ながらあります。

でもだからこそ少しでも長くこの業界で活動する為に

役者以外のスキルが自分にはないだろうか

一度振り返ってみて下さい。

今のところないという方探してみて下さい。

出来れば芝居と同じくらいやり込んでみて下さい。

それも全ては役者として活動し続ける為のことです。

そういった経験することの全てが活かせるのが役者という職業だと思います。

その全てがあなたの芝居を深めてくれると思います。

一緒にこの激動の時代を乗り越えていきましょう!

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈ってます。

記事を最後まで読んで下さって

どうもありがとうございました!

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太【芸能界の勉強】
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】