芸能事務所vsフリーランス 〜芸能事務所に入る必要はあるのか?〜

俳優,女優,役者,演技,芝居,オーディション,芸能事務所,フリーランス, 俳優
俳優,女優,役者,演技,芝居,オーディション,芸能事務所,フリーランス,

動画版はこちら

芸能事務所vsフリーランス 〜芸能事務所に入る必要はあるのか?〜

どうも、木全俊太です。

いつも記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は『芸能事務所vsフリーランス 〜結局どっちがいいの?〜』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

今回の記事でも、その頃の経験から

皆さんにお伝えしたいことをシェアさせて頂けたらと思います。

はい、というわけで今回は

『芸能事務所vsフリーランス 〜結局どっちがいいの?〜』というテーマで

お話し出来たらと思います。

時々YouTubeの視聴者の方から頂くご質問として

芸能事務所とフリーランス、どちらがいいの?というものがあるんですが

そのことについて今回は僕なりの意見を率直にお話させて頂けたらと思います。

早速僕なりの結論をお伝え出来たらと思うんですが

正直やはり日本の芸能界でそれなりの活躍をしていきたいと思ったら

今のところはまだ芸能事務所に所属している方の方が有利かなと思います。

ただフリーランスでも活躍している方はいるし

芸能事務所に入っていても残念ながらあまり活動上手くいっていない方もいると思うので

一概には言えないのですが

両方ともメリットデメリットがあって

それをこれからお話していけたらと思います。

まず芸能事務所に入っているメリットとしては

やはり1番は得られる案件が多いということだと思います。

芸能のオーディション案件ってそのほとんどが守秘義務のある

非公表案件がほとんどなので

信用問題の観点でも

そもそも芸能事務所にしか回ってこない案件がほとんどなんですよね。

特にテレビの仕事などは事務所所属の人の方が断然有利かなと思います。

映画などに関しても

それなりに規模が大きな案件っていうのは

残念ながら芸能事務所にしか回ってこないことがほとんどです。

やはりそれは何より、芸能事務所のマネージャーさんが日々営業をして下さっていたり

制作会社、キャスティング会社とこれまでに築いてきた強い繋がりの賜物でもありますよね。

フリーランスの方はそういった営業も自分で全部やらないといけないので

芸能事務所に所属している方はその点ある程度活動に専念出来るっていうのはメリットだと思います。

それと芸能事務所にはこれまでタレントを育ててきたノウハウというものがありますので

君はこういうところが武器だと思うからこういう活動をしていった方がいいみたいに

活動をうまく導いてくれるのもメリットだと思います。

あとはやはり一企業としての信用がありますので

先方とも交渉してくれたり

もし何かトラブルになりそうな時に守ってくれるというのがあります。

芸能界って結構いろんな決まり事がたくさんあって

何もまだ知らない新人さんにとっては

思わぬ落とし穴があるというか

いろんなリスクがあるんですよね。

だからそういった数々のリスクを切り抜ける為に

まだ知識が少ない新人さんは特に

芸能事務所に所属して

色々サポートしてもらいながら学んだ方がいいかなとも思います。

芸能事務所のデメリットに関しては

やっぱりある程度制約というものがあるということですね。

スケジュールも事務所側で管理されるし

何か自分の個人的な都合とかでスケジュール調整したりは出来ないし

スケジュールNGの日も逐一事務所に共有しなきゃいけなかったり

あとはスケジュール以外でも例えば髪型なども事務所に許可無く大きく変えたりしちゃいけなかったりするし

フリーランスであれば許可無く出来ることも出来なかったりと

自由度は当然低いかなと思います。

ハッキリ直接的な言い方してしまうと

芸能事務所は芸能界目指す人の夢を叶えてあげるボランティア施設ってわけじゃなくて

ビジネスとして、ちゃんと利益を出していかないといけない一企業なわけなので

当然所属タレントには事務所に利益をもたらしてもらわないと

事務所にそのタレントを所属させ続けるわけにはいかなくなってくるわけです。

所属タレントは事務所からしたら

ちょっと言い方悪いですが”商品”なんですよね。

例えとして適切かはあれですが

例えばお菓子メーカーだって飲料水メーカーだって

ロングセラーみたいな売れ続ける商品は販売し続けますけど

全然売れない商品は残念ながら販売終了せざるを得ないじゃないですか?

なぜならその商品を売り出すのにだってお金と労力がかかるわけですから。

マネージャーさんだって所属タレントの皆さんの為に必死で営業しているわけです。

だからそうやって苦労してオーディション行かせ続けてるけれど

毎回落ちてしまうとなると

そこは契約更新するかしないかみたいな話にもなるわけです。

そこはスポーツ選手と一緒で厳しい世界です。

才能ある若手もどんどん出てくるわけですから

所属したからと言って

おんぶに抱っこの関係じゃないんですよね。

少し話は逸れてしまいましたが

芸能事務所に所属したらしたで

そのタレントさんは事務所の看板を背負ってるわけなので

果たすべき責任というものも出てくるということです。

続いてフリーランスのメリットについてお話していきます。

メリットとしては先ほどの事務所所属のデメリットの裏返しにもなりますが

自由度が高いということですね。

スケジュールの管理も自分で組めますし

何か個人的な用事が入ったとしても

誰かに報告する必要もないです。

髪型だって自分の意志で変えることが出来ます。

行動力がある人だったり、セルフプロデュース力がある人にとっては

フットワーク軽く活動出来るフリーランスはすごくやりやすいと思います。

それと本来であれば仕事で得たギャラは事務所所属であれば3割ほど手数料として

事務所にいってしまいますが

フリーランスであれば全額自分に入るというのもメリットだと思います。

じゃあフリーランスのデメリットは何かというと

これも先ほどの裏返しになりますが

自分で営業したり探したりしないと案件が一切入ってこないということですね。

フリーランスということは基本的に自分のこと営業してくれるマネージャーもいませんから

マネージャーがやるような営業や管理業務も全部自分でしないといけません。

活動に専念というわけにはいかないわけですね。

あとは何より事務所所属に比べて残念ながら信用度も低くなってしまうので

事務所所属であれば任せてもらえるような案件も

フリーランスという理由で選考に入れてもらえないという案件も残念ながら少なくないです。

それは予算が大きい大規模の案件ほどそうです。

なぜならそれは例えば今の時代だったら

SNSで何気ない発言が炎上して

CMから下ろされてしまうみたいなこともありますけど

そうなったら当然多額の賠償金が発生するわけですが

芸能事務所に入っていたら

事務所が間に入ってくれますが

フリーランスの場合は

そういった守ってくれる後ろ盾がないので

全部そこ自分で責任取らなくちゃいけなくなるわけです。

考えるだけでゾッとするような話ですが

フリーランスだとそういったリスクも伴ってくるというわけです。

余談ですが

今は芸能事務所から独立するという方もいるので

フリーでやる方が良いのではという意見も多く

僕もそれは一理あるなと思うんですけど

盲点なのは

それはあくまで、個人でもう既に絶大な影響力を持っている人だからこそ

個人事務所を立ち上げてもオファーが来ると言うのが正直なところです。

だからまだそれほど影響力もない段階で

「今は個人事務所を立ち上げるのが主流だ!」と言って

芸能事務所退社してしまうと

仕事が一気に激減してしまったという事態も考えられます。

なのでフリーランスで活動するとしたら

依頼側から「リスクを鑑みてもそれでもオファーしたい」と思ってもらえるだけの

実力がその人に無いと厳しいということです。

え〜そんなわけで

今回芸能事務所所属の方が正直有利だという話してしまいましたが

冒頭にも言ったように

だからってとにかくどこかの事務所に所属すればOKというわけでもないと思ってて

というのも事務所によってはスケジュールなどのそう言った制約はちゃんとあるにも関わらず

案件が全くこなかったり、マネジメントらしいマネジメント一切してくれないという事務所もあるという

そういう役者さんの声を聞くので

そう言った事務所にいるよりは、正直フリーランスに転身して、フットワーク軽く活動する方が

よっぽどキャリアも積んでいけると思います。

なのでケースバイケースではあるんですが

こういった事実も踏まえて

現状自分はどうするべきかということ

ぜひ判断してもらえたらと思います。

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈ってます。

記事を最後まで読んで下さって

どうもありがとうございました!

木全俊太

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】