芸能事務所に入れない人の残念な特徴5選

芸能事務所,芸能事務所 オーディション,芸能事務所 闇,芸能事務所 選び方, 俳優
芸能事務所,芸能事務所 オーディション,芸能事務所 闇,芸能事務所 選び方,

動画版はこちら

【芸能界の真実】芸能事務所に入れない人の残念な特徴5選

どうも、木全俊太です。

今回は

『芸能事務所に入れない人の残念な特徴5選』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

今回の記事でも、その頃の経験から

皆さんにお伝えしたいことをシェアさせて頂けたらと思います。

というわけで今回は

『芸能事務所に入れない人の残念な特徴5選』

という話をしていきたいと思います。

当てはまっている方は要注意です…!

ではいってみましょう。

芸能事務所に入れない人の残念な特徴

その1

『志望動機が漠然としていること』

例えばオーディションの面接の場面などで

なぜ数ある芸能事務所がある中でその芸能事務所に応募したのか

それをしっかりと語れないと

面接するスタッフさんにはその人の想い

全く響かないということになってしまいます。

芸能事務所も基本的に会社の面接と一緒なんですよね。

会社の面接受けたことある方なら分かると思いますが

なぜうちの会社を受けたのかっていう

志望動機、聞かれる質問として鉄板じゃないですか?

この時にですね

「えっと〜、この業界に前からずっと興味があったからです」

とか

そういうフワッとした回答をしてしまうとですね

いやいやこの業界の会社、他にもあるんですけど…?と

面接官は口にはしなくてもですね

(あ〜この人は無しだな)

とその時点で判断してしまうわけです。

だから芸能事務所の面接受ける時もですね

芸能界に前から興味があって〜とか

そういうフワッとした回答をするんじゃなくて

その事務所じゃなきゃいけなかった理由を伝えましょう

個人的におすすめなのは

その事務所に所属してるタレントさんの名前を挙げて

その人のことをずっと目標にしていたからとか

そういうことを伝えられると良いと思います。

だからそもそも応募する芸能事務所は

自分が理想とする活動をしている人が所属している芸能事務所

そこを選ぶといいと思います。

そんなわけで芸能事務所に応募する際はその事務所に応募する

確固たる志望動機を持ってから

オーディションを受けるようにしましょう。

芸能事務所に入れない人の残念な特徴

その2

『自分の特性を分かっていないこと』

芸能事務所って実は事務所ごとに系統というものがあったりします。

どんなに高スペックな方でもですね

その芸能事務所のカラーと合わないと

所属には至らないということ、大いにあり得るんですよね。

でも自分のタレントとしての系統を分かっていない方は

全然違う系統の事務所に応募してしまったりしがちです。

例えば正統派の役者を目指しているのに

すごく個性派の役者が揃っている事務所に応募してしまったり

その逆も然りですね。

芸能事務所のオーディションを受ける前に

まずは自分のことを一度見つめ直して

自分はタレントとしてどういった系統なのかとか

どんなカラーを持ったタレントなのかと

客観的に考えてみる機会を持つことは

結構大事なんじゃないかなって思います。

芸能事務所に入れない人の残念な特徴

その3

『芸能事務所についての調査を一切していないこと』

これは2と近いことでもあるんですけど

芸能事務所って系統の他にも

その事務所によって強いジャンルがかなり違ったりするんですよね。

ある事務所は役者業に強かったり、またある事務所はバラエティに強かったり

ある事務所は映像に強かったり、またある事務所は舞台に強かったり。

だから自分がやりたいジャンルに強い事務所を選ぶことが大事です。

例えば良くないのが、自分は根っからの役者志望なのに

バラエティよりの事務所にエントリーしちゃったり

自分は映像系の仕事がしたいのに

舞台に強い事務所を受けちゃったり

それじゃあもし仮に入れたとしても

自分が理想とする活動は叶いずらいです。

だからその事務所がどんなジャンルに強いのか

よくリサーチすることが大事です。

調べ方としてはですね

その事務所のHPを開いて

所属者の個人ページ、なるべく多く見て

所属者の方がどんなジャンルの仕事を多くしてるのか

リサーチして下さい。

それとNEWとかって書いてある最新出演情報的なページを見て

どんなジャンルの仕事がそこに多いか

調べてみて下さい。

そうすればそういったミスマッチな応募は避けられると思います。

芸能事務所に入れない人の残念な特徴

その4

『最初から事務所に頼り切っていること』

若い方に多いんですが

何もかも事務所がプロデュースしてくれて

何者でもないところからスターにしてくれる

そんな幻想を抱いてる方がいますが

厳しいこと言うようですが

そんなわけないんですよね。

芸能事務所は会社と同じって話しましたが

会社もどんな人を採用するかっていうと

その会社に利益をもたらしてくれそうな人

戦力になってくれるであろう人を採用するものじゃないですか?

それは芸能事務所も同じです。

もちろんすぐ仕事が取れるとは事務所側も思ってませんけど

可能性に満ちた、即戦力になってくれるであろう人を

事務所も探しているものです。

今はご時世的なことも相まって

芸能事務所も運営に苦戦してる事務所も少なくないですから

即戦力になってくれる人を求める傾向は

以前より高まっていると思います。

だからオーディションを受ける芸能界志望の方がすべき準備としては

役者志望の方であれば演技の訓練を積んでおくとか

今はフリーでも出演できる案件もあったりしますから

そういうオーディション案件を少しでも受けて

経歴を増やしておくとか

芸能事務所のオーディション受ける前の

フリーランスの段階であってもですね

可能な限りの努力は積んでおくべきかなと思います。

芸能事務所は有名な大手であれば尚更

入りたい人がたっくさんいるので

全く演技経験もありません。実績もありません。

という人だと、よっぽど何か他に光るものがない限り

芸能事務所には見向きもされないと思った方がいいです。

あとは何より今はセルフプロデュース力というものが

事務所入る前も事務所入った後でも

必要な時代かなと思います。

芸能事務所に入れない人の残念な特徴

その5

『芸能でやっていく覚悟がないこと』

芸能界って本当に厳しい業界ですから

正直、安定というものとは程遠いと思います。

毎月固定で給料を支払ってくれるなんていう事務所は少ないし

仕事が取れないとそのタレントさん自身はおろか

事務所のスタッフさんの生活さえ危ぶまれると言っても

過言ではないんですよね。

だから芸能事務所も誰でも彼でも所属させるわけじゃないのは

そういう理由です。

余談ですが

入所金だったり、高額なレッスン費を払えば

入れるという芸能事務所も世の中にはあります。

でもそれは純粋に所属タレントとして

迎え入れられてるわけじゃないんですよ、正直。

そういう事務所にとってはですね

応募してくるタレント志望の子達は

お金を払ってくれるお客さんのような位置付けなんです。

ちゃんとした事務所は所属にお金はかかりませんからね。

でもだからこそちゃんとした芸能事務所の選考は

厳しいです。

力のある事務所であれば

それなりの育成もしてくれて

選考時も、例え経験値や実績が十分でなくても

将来性を買ってくれて所属させるということも

あるかもしれませんが

例えそういった事務所であってもですね

芸能界に対する覚悟や想いが感じられない人は

所属させないものです。

所属となったら事務所はそのタレントに

時間やお金を投資するわけなので

やっぱや〜めたみたいに投げ出しそうな

意志が弱い人を所属させてしまったら

事務所もたまったもんじゃないわけです。

だから例えまだ経験値や実績がどうしても多くはないという場合であってもですね

せめて覚悟や想いだけはちゃんと持って臨みましょう。

例え言葉にせずとも審査員はその話してる様子だったり

回答の内容だったりから

その覚悟の有無を測っているものだったりします。

だから最低限ここは自分自身ちゃんと確固たるものを持って

芸能事務所のオーディション、受けるようにしましょう。

というわけでいかがだったでしょうか?

芸能事務所に入れない人の残念な特徴 5選

もう一度おさらいしましょう。

その1『志望動機が漠然としていること』

その2『自分の特性を分かっていないこと』

その3『芸能事務所についての調査を一切していないこと』

その4『最初から事務所に頼り切っていること』

その5『芸能でやっていく覚悟がないこと』

皆さんも芸能事務所のオーディションを受けたいと思った際は

ぜひこれらのこと、見直してもらえたらと思います。

きっとオーディションの合格率、上がるはずです。

というわけで

今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さってる皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈っています。

最後にお知らせです。

YouTubeのメンバーシップ機能を使った

役者さん向けオンラインサロンをやっております。

メンバーになって下さった方には

オーディションに送るプロフィール用

もしくはご自身のSNS掲載用の

宣材写真の撮影や

月に2、3本の映画の脚本配布

映画などのオーディション情報のシェア

メンバー限定動画の視聴

毎月違う映画監督を講師にお招きして行っている

メンバーの方限定の演技ワークショップの実施

映像資料の作成のお手伝いなど

様々なサポートをしておりますので

そちらご興味あれば

下記のURLからご参加下さいませ。

元芸能事務所マネージャー 木全俊太【芸能界の勉強】
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

記事を最後まで読んで下さり

どうもありがとうございました!

木全俊太

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】