芸名を決める際の3つのポイント

芸名 俳優
芸名

動画版はこちら

芸名を決める際の3つのポイント

どうも、木全俊太です。

今日も記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は『芸名を決める際の3つのポイント』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前木下ほうかさんなどがいらっしゃる

芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

今回の記事でも

その頃の経験から皆さんにお伝えしたいことを

シェアさせて頂けたらと思います。

というわけで今回は芸名の決め方というテーマでお送りしたいと思います。

最初にお伝えしておくと、別に芸名の決め方に絶対のルールは無いんですけど

こういうことに気をつけて決めるといいんじゃないかなと個人的に思うことを

お伝え出来たらと思います。

芸名にすべきか本名で活動すべきかというのは

まぁどちらが正解ということはないんですけど

もし今後芸名で活動していこうとされてる方は

ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

芸名で活動するメリットとしては

やっぱり本名を知られずに済むというのがありますよね。

例えば歯医者に行った時とかに

〇〇さ〜んみたいに呼ばれた時に

ある程度の知名度ある人だと、

まぁただでさえ、あの人って芸能人の〇〇さんと似てるような〜って視線で見られがちな中

活動してる本名で名前呼ばれたら、もうその瞬間バレますよね。

珍しめの苗字とかだったらもう一発アウトですよね。

芸名にすると本名を知られずに済むっていうメリットの他には

自分が名乗ってみたい名前で活動出来るというのがありますよね。

まぁ本来ならね、自分の本名に一番思い入れがあるっていいうのが理想だとは思うんですけど

せっかく別名で活動出来るんなら名乗ってみたいカッコいい名前とかありますよね。

例えば何でしょう?

男性なら明神海斗とか、女性なら花園雫とか

まぁ完全にテキトーに言いましたけどね(笑)

そういう名乗ってみたい名前に出来るっていうのは芸名付けるメリットですよね。

はいというわけで、ここからは本題の芸名の付け方について

ポイントを3つ、お伝えしていこうと思います!

ポイント一つめは、覚えやすい芸名にするということです。

これも一概には言えないんですけど

やっぱりどうせ付けるなら印象に残るような名前にすべきだと思います。

少し珍しい漢字を入れてみたりとかもいいと思いますし

あと、覚えやすいというのと同じぐらい、読みやすいというのも大事だと僕は思ってて

珍しい方がいいとはいえ、結構人によっては画数の多い難しい読みの漢字とかを芸名に使いたがる方も結構いたりするんですけど

なんて読むか分からない名前だと

ぱっと見印象に残るけど、結局読み方分からなくて覚えてもらえないってこと起きちゃうと思います。

僕も今でこそYouTubeの動画で毎回挨拶してるから覚えてもらってるかもですが

この木全っていう漢字もぶっちゃけ最初読めなくないですか?

僕も大体初めましての人には

キゼンさんとかモクゼンさんとか呼ばれますね。

別にこの苗字嫌いってわけじゃ全然ないんですけど、覚えやすいだけじゃなくて読みやすいというのも大事だと思います。

続いて2つめのポイントは、他に同姓同名のタレント・役者がいないか確認するということです。

意外とこれチェックしてない方いたりして

例えばせっかく自分の名前、漢字とかはうる覚えながらもネット検索してくれた人がいたとして

その時に自分じゃない他のタレントさんがヒットしちゃったら、それだけで損しちゃいますよね。

理想としては、苗字も名前も、他に同じ漢字のタレントがいないようなものだとベストだと思うんですが

それだとすごく限られてきちゃうと思うので、被っても苗字だけ、名前だけっていうようなものにした方がいいと思います。

3つのポイントお伝えする前に番外編なんですけど

全然マストってわけじゃないんですけど

芸名に、ひらがなやカタカナを使うっていうのも僕は結構ありだと思います。

というのもやっぱり芸名含め名前は、ほぼほぼ漢字だけの方がほとんどですけど

下の名前だけ、ひらがなとかだと、例えば何かオーディションとかでも役者の一覧をバーで見ていった時に

単純に目立つし目がいくんですよね。

そんな細かいことと思うかもですが、そういう細かいところが結構大事だと思います。

あとは全部ひらがなとか全部カタカナもそれはそれでありですよね。

ムロツヨシさんとかオダギリジョーさんとか

めちゃくちゃ印象に残るし、唯一無二な感じがしますよね。

はいというわけで芸名を考える時のポイント

最後3つ目は、自分のイメージとあった芸名にするということです。

やっぱりその人のキャラクターだったりとか、目指す方向性に合った芸名にするっていうのはすごく大事だと思うんですよね!

分からないですけど例えば、すごく童顔で可愛い感じが売りの男性俳優さんがいたとして

ただつけてる芸名が ゴンザブロウ とか

すごく大和撫子っていう感じの女優さんなのに 芸名が クリスティーヌ とか

お笑い芸人で狙って外してるならまだありかもしれないんですが

そうじゃないとしたら明らかに違和感ですよね。

なのでそうならないように、ちゃんと自分のイメージに合っているものにしましょう。

というわけで今回は芸名の決め方について、僕が気をつけた方がいいんじゃないかなと思うことを簡単に説明させて頂きました。

ぜひ芸名でこれから活動していこうと考えている方はこういったことに気をつけて頂いて、決めてもらえたらいいんじゃないかなと思います!

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈ってます。

記事を最後まで読んで下さって

どうもありがとうございました!

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】