芝居が上手い役者は〇〇力がある 〜俳優が演技以外に高めるべきもの〜

俳優,女優,役者,タレント,演技,芝居, 俳優
俳優,女優,役者,タレント,演技,芝居,

動画版はこちら

芝居が上手い役者は〇〇力がある 〜俳優が演技以外に高めるべきもの〜

どうも、木全俊太です。

今日も記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は『芝居が上達する為にも〇〇力を高めよう』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

今回の記事でも、その頃の経験から

皆さんにお伝えしたいことをシェアさせて頂けたらと思います。

というわけで今回は

『芝居が上達する為にも〇〇力を高めよう』というテーマで

お話し出来たらと思います。

〇〇力ってなんやねんということで

もう早速結論から言っちゃおうと思うんですけど

それは

『コミュニケーション力』です。

人格的なことはほんとはあんまりつべこべ言いたくはないんですけれども

コミュニケーション力が高い人は

芝居も上手な人が多い傾向にあるんじゃないかなってよく感じます。

芝居始めたばかりの方でも、このコミュニケーション力が高い方は

「え?ほんとに芝居始めたばっかりですか?」って思うことよくあります。

人見知りしない方とも言えるかもしれないんですけど

そもそも芝居は人との会話が基本なので

普段から他人とよくコミュニケーション取ってるっていう人は

当然会話がいろんな意味で上手いんですよね。

ごくごく稀に普段はすごく人見知りだけど

芝居だと饒舌に喋るという方いらっしゃいますけど

基本的にはお芝居は日常の延長で

普段の日常で出来ないことは芝居でも出来ないと思った方がいいです。

役者は人間力が何より大事ってよく言われるのはそういうことなんですよね。

コミュニケーション力って一言で言ってもそこにもいろんな要素ありますよね。

自分の意見がちゃんと言えることだったり

相手の気持ちを察する力だったり

その場の空気を読む力だったり。

余談ですけど空気を読むことって

良くないこととも捉えられがちだと思うんですけど

空気を読むこと自体は悪くないと思ってて

空気を読んで自己主張を抑えてしまうのが問題なだけで

空気読めてなくて自分勝手なこと言うのと

空気読んだ上で自己主張するのとでは

全然違うと思います。

とまぁそんなコミュ力は一体どうすれば身につくのかって言ったら

一人ではやっぱり鍛えられないもので

やっぱり積極的に他人と話すことが大事だと思います。

まぁ今はコロナでなかなか人とも会いづらいご時世ですけど

とはいえ仕事やバイトで人と話せる機会あると思いますし

芝居の為だと思って

業務的なやりとりだけじゃなくて

ぜひ雑談してみたりとかしてみてほしいです。

そんなことが芝居に役立つの?って思うかもしれませんけど

芝居はなんだかんだそういう日常会話の延長ですから。

そうやって少しでも日頃から他人と会話する感覚養っていった方がいいと思います。

さらに会話する時に

これが芝居だと思って、台本の無いアドリブ芝居だと思って

カメラ向けられてるつもりで意識的に会話出来るとさらにいいんじゃないかなって思います。

仕事が在宅ワークで人と話せる機会が無いんですという方は

家族と久しぶりに電話してみたりとか

友達とオンライン飲みしてみたりとか

可能な範囲で他人と話す機会作ってもらえたらと思います。

あとコミュニケーション力、人間力の中には

どれだけ周りの人を気遣えるか、思いやれるかっていうのも含まれると思ってて

今のご時世ではそういう機会減っちゃいましたけど

例えば飲み会とかで飲み物少なくなってる子に注文するか聞いてあげたりとか

会話入れてない子に対して話振ってあげたりとか

そういうこと出来る人って総じて観察力があるんですよね。

この観察力もとかく複数人の芝居とかではすごく大事です。

あとは何より他人を思いやれるかですよね。

役者は人の気持ちを考えるのが仕事みたいなものだと思ってて

こういうことしたら相手はどう思うかな?とか

あの人は今こういう気持ちなんじゃないかな?とか

そうやって他人の気持ち考えて日々いろんな人と接することが出来る人は

脚本の読解力も上がるし

当然芝居も上手くなります。

コミュ力=演技力って言っても過言じゃないかもしれません。

だから皆さんもぜひ可能な範囲で大丈夫なので

人と話す機会を大事にしてもらえたらと思います。

スーパーとかコンビニで店員さんに「ありがとうございます!」

って今後は言うようにしてみるとか

そういう些細なことでもやると全然違ってくると思います。

そういう僕も全然コミュ力ある方じゃないんですけれども

コミュニケーション力は役者だけじゃなく人としてあった方がいい能力だと思うので

僕も出来ることからやっていきたいと思います。

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈ってます。

記事を最後まで読んで下さって

どうもありがとうございました!

木全俊太

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】