脚本読解の核となるもの 〜脚本読解を深める上で、見極めるべき5つのこと〜

俳優,女優,役者,芝居,演技,ドラマ,映画,台本,脚本,脚本読解, 俳優
俳優,女優,役者,芝居,演技,ドラマ,映画,台本,脚本,脚本読解,

動画版はこちら

脚本読解の核となるもの 〜脚本読解を深める上で、見極めるべき5つのこと〜

どうも、木全俊太です。

いつも記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は

『脚本読解の核となるもの 〜脚本読解を深める上で、見極めるべき5つのこと〜』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

今回の記事でも、その頃の経験から

皆さんにお伝えしたいことをシェアさせて頂けたらと思います。

はい、というわけで今回は

『脚本読解の核となるもの 〜脚本読解を深める上で、見極めるべき5つのこと〜』

というテーマでお話しさせて頂けたらと思います。

脚本読解、ほんと難しいですよね。

特にまだお芝居始めたての方にとっては

いざ初めて台本なるものを手にした時

台詞を覚える以外に一体何をすればいいの?

と迷ってしまうこともあるかもしれません。

なので今回はそんな脚本読解において

まずやるべき基本的なこと

とはいえ根幹を成すような

本質的なアプローチ方法について解説していきたいと思います。

まずそもそも脚本読解がなぜ必要かなんですけど

お芝居をするということは自分ではない他の誰かを演じるということですから

その役について理解することが絶対必要になってきます。

役についての理解が曖昧だと芝居も曖昧になるし

役についての理解が明確だと芝居も明確になります。

だからこそ脚本読解では役の理解が大事なんです。

ある程度お芝居の経験がある人でもですね

この脚本読解を疎かにすると

よく言われるステレオタイプな芝居というか

パターン芝居というか

10人いたら10人が思いつきそうな典型的な動きしか出てこなくて

見る人からしたらこれほど退屈なものはありません。

具体的にイメージして、自分なりに役を構築して初めて

見る人にとって新鮮で刺激的で、何より自然なお芝居になるんですよね。

前何かの記事で軽く触れたんですけど

自然なお芝居っていうのは何にも考えずにノープランで演じることじゃなくて

むしろ逆で

細部まで突き詰めて演じることで初めて成し遂げられるものだったりするんですよね。

話を戻しまして

脚本っていうのはそもそも骨組み的なもので

その肉付けは役者自身がしないといけないんですよね。

脚本に全部それぞれの役についての詳細が書かれていたら楽だと思いますが

もしそうしようとしたら脚本もとんでもなく分厚いものになってしまいます。

なので役者は書かれていない部分を埋めていかないといけないわけですが

適当に自分の思うがまま決めていっていいかというとそういうわけじゃなくて

台本の設定と矛盾しないものである必要があります。

脚本を読解していく上でまず明確にするべきは

5つのWです。

これは

WHO? 誰が?

WHEN? いつ?

WHERE? どこで?

WHAT? 何が?

WHY? なぜ?

ですね。

〝WHO? 誰が?〟っていうのは例えば

その役は何歳で、どんな仕事してて、どんな趣味があって、どんな性格で、どんな外見してて、

どんな夢や目標を持っていて、どんな悩みがあって、どんな両親に育てられたのかといったことです。

いわゆる役作りっていうのはこのWHO?を明確にして自分に落とし込んでいく作業ですね。

次に〝WHEN? いつ?〟っていうのは

シーンごとに変わっていくことでもありますけど

例えば

そもそも西暦何年の話か、季節はいつなのか、何月何日なのか、時間帯はといったことですね。

特に時代劇だったりとかは、その時代が何時代かを知ったら次にその時代がどんな時代だったのかも調べる必要があります。

時代によって社会情勢だったり景気って全然違いますし、それに伴う人々の価値観も全然違ってくるからです。

今の100円の価値と昔の100円の価値の大きさが違うのと同じですね。

次に〝WHERE? どこで?〟っていうのは例えば

国はどこか、どの地方か、街は、地域はどこかに始まり、その役の家はどんな家か、どんな部屋か、またそれぞれのシーンがどんな場所なのかなどです。

特に舞台などでは映像と違って、より鮮明にイメージを描いておく必要があって

例えば海辺のシーンだとして

映像作品であれば実際に海辺で撮影となると思うんですが

舞台で目の前に海を用意するわけにはいきません。

だからより目の前にその場所のイメージが具体的に描けるぐらいに

自分の中でどんな場所か、明確にイメージしておくことが必要になります。

次に〝WHAT? 何が?〟っていうのは

これはシンプルにそれぞれのシーンで

何があったのか?、何が起きたのかという把握です。

ちょっと余談なんですけど

このWHATで言えば

それぞれのシーンには必ずそのシーンを入れた作者なりの理由があるものでして

このシーンは要するに何を伝えるべきシーンなのか?っていうことの把握は

可能であれば全てのシーンにおいて把握しておくと

脚本に対する理解度が飛躍的に上がると思います。

もちろん中にはどういう意味があるシーンなのか分からないというシーンもあるかもしれませんが

それでも自分なりに

このシーンはこういうことを表すべきシーンなんじゃないかと

自分の中で仮定しておくだけでも全然違うと思います。

これは現場だけじゃなくオーディションでも大事で

オーディションでは1枚のペラの課題を事前か当日かに渡されると思うんですけど

台詞を覚えることももちろん大事なんですけど

この課題は要するにどんなことを見てる人に表現すべきものなのかっていう

このWHAT?を考えることが大事だと思います。

例えば役の優しさを表現するシーンなのか、はたまた皮肉な様を知らせるシーンなのかとか

そこを捉え間違えると、いくら一語一句間違えず台詞言えたとしても

ニュアンスを間違えてしまって、オーディション通過も果たせなくなってしまいます。

次に〝WHY? なぜ?〟っていうのは

なぜその役はこのシーンでそう言ったのか?

もしくはそういう行動を取ったのか?

ということです。

これこそ脚本にはまず書かれていないことなので

まさに役者さん自身が考えなければいけないことです。

例えばその役が1つのシーンで、ある人に対してそっけない態度を取っているとします。

でも台本にはその理由が明確には書いていません。

そういう時はそれ以前のシーンで何かヒントとなる部分がないか探して

無ければ自分なりに理由を決めて臨みましょう。

具体的に細かくイメージすればするほど、自分の役の、その行動の理由が明確になって、そっけない態度とりたくなる感情も自然に湧いてきます。

他にはこれはWHAT?のところで言うべきことだったかもですが

他にも考えておくべきこととしては

そのシーンで描かれている場面のその直前ではこの役は何をしていたのかを考えたり

自分が出ていないシーンではその役は何をしているのかを考えることも非常に有効です。

こうやって5つのWを自分なりに考えていくと役や脚本への理解度が深まるわけですけど

読んで下さってる人の中には

でも5W1Hという言葉があるわけだから

〝HOW? どのように?〟も決めておくべきなんじゃないの?

と思う方もいるかもなんですが

あくまでこれは僕の一意見ですが

ここは必ずしも決めなきゃいけないわけではないかなと思います。

というのも芝居は一人でやるものじゃなくて、相手とやるもので

例えば台詞をどのように言うかとかも

相手の芝居によって変わってくるからです。

だからここはその時々で臨機応変に対応できるように

このHOW? どのように? っていうのは

予めガチガチに決めておくべきではないかなと僕は思います。

そんなわけでこういったことを手がかりに役や脚本への理解を深めれば

あなたの芝居は曖昧な芝居ではなく明確な芝居になるはずです。

こういった脚本読解をするその他のメリットとしては

演じる際に自意識を抑えられるということです。

例えば舞台で演じる時に観客からどう観られてるかが気になってしまって

変に緊張してしまうということもあると思うんです。

そういう時考えないようにしよう考えないようにしようと思えば思う程

人間それに意識がいってしまうものでして

そうじゃなくて、そういう時こそ

自分がイメージした例えばその場所の情景を意識するようにするんです。

そのシーンでは

客席側には本来どんな景色が広がっているのか、そこには何が見えるのかということを

ありありとイメージすることですね。

人間の脳も一度に考えられる量に限界があるものですから

その置かれた状況のことをイメージすればするほど

自意識のことを考える余裕は無くなっていくものです。

あと余談ですけど演じる時に感情だけに焦点を当てがちになる時期があると思うんですけど

感情っていうのは何かの状況があってそれに伴って湧いてくるものなので

演じる時に焦点を当てるべきは感情じゃなくてその役が置かれている状況なんですよね。

例えばお母さんを亡くして涙を流すという芝居があった時に

自分は今悲しい、悲しい、悲しい

だから泣くんだ、泣くんだ、泣くんだ

みたいに思えば思う程、涙は出てこないものです。

そうじゃなくて

感情じゃなくて〝状況〟にフォーカスすること。

この場面で言えば

〝お母さんが亡くなってしまった〟という事実の方に向き合うことです。

さらにその役である自分にとってお母さんがどんな存在だったのかとか

お母さんが今まで自分に何をしてきてくれていたのかとか

そういう詳しいところまで予め自分で想像出来ていれば

より涙も自然と流れるものだと思います。

つまり感情は

〝出すものじゃなくて結果的に出ちゃうもの〟なんですよね。

そんなわけで脚本読解を通じて役の置かれた状況を深く理解することは

演じる上で非常に助けになってくれるものです。

だから演技力=脚本読解力と言っても過言ではないかもしれません。

なのでこの脚本読解、決して侮らずですね

この記事でお伝えしたことなども参考にして頂きつつ

取り組んでみてもらえたらと思います。

というわけで

今回はこの辺にしようと思います

これを読んで下さってる皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈っています。

記事を最後まで読んで下さって

どうもありがとうございました!

木全俊太

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】