演技がつまらないと言われてしまう役者の2つの勘違い

演技,上手い,うまい,下手,俳優,女優,役者,芝居, 俳優
演技,上手い,うまい,下手,俳優,女優,役者,芝居,

動画版はこちら

演技がつまらないと言われてしまう役者の2つの勘違い 〜本当にリアルで自然な演技とは〜

どうも、木全俊太です。

いつも記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は

『演技がつまらないと言われてしまう役者の2つの勘違い』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

今回の記事でも、その頃の経験から

皆さんにお伝えしたいことをシェアさせて頂けたらと思います。

はい、というわけで今回は

『演技がつまらないと言われてしまう役者の2つの勘違い』

というテーマでお話しさせて頂けたらと思います。

かなりどぎついタイトルではあるんですが

見て下さってる方の中にいらっしゃいませんかね?

自分はリアルな演技を心がけているつもりなんだけど

演技がつまらないと言われてしまうんです…

と悩まれている方。

役者であれば一度は悩むことなのではないでしょうか?

今回はこのテーマについて考えていきたいと思います。

演じる際に芝居臭くならないように自然に演じようと心がけているという方

いらっしゃると思います。

目指す演技としては間違っていないと思います。

なるべく芝居芝居しないように

自分の今の感情に忠実に忠実に演じようとすること

間違ってはいないのですが

この思考で陥りやすいこととして

それって要は普段のあなたじゃない?ということなんですよね。

自分の感情に嘘をつかないように気をつけるあまり

役の感情というよりも役者自身の感情というものにしか

見ている側に伝わらないという

これだとそもそも演じていると言えるのかっていう問題になってしまいますよね…?

ナチュラルなお芝居というのを

なるべく演じないお芝居と捉えてしまう方が

特に駆け出しの役者さんには多いと思うんですが

お芝居とは他そもそも他人を演じることですから

いくら自然な演技を目指すべきとはいえ

あくまでその役として自然でなくてはいけなくて

そのままのあなたとして自然にそこにいても

それは芝居してるとはいえないわけです。

人にはそれぞれいろんな価値観や考え方があって

人によって同じ出来事についてどんな反応をするかというのは違いますよね。

だからこそ役作りというものが

役の落とし込みということが

非常に大切になってくるんですよね。

まずは大前提認識しておいた方がいいこととしては

自分自身としてのリアルさ、自然さではなく

あくまで役としてのリアルさ、自然さをまずは目指そうということ

覚えておいてもらえたらと思います。

自然な演技というのは、考えすぎずに何も意識せずにさらっと演じることではありません。

むしろ逆で、人間の行動心理だったり、習性といった

いろんな理論的な計算があって初めて

表現できるものだったりするんですよね。

なので観ている人を引き込む演技をする為に

つまらないなんて言わせない為にまず意識すべき1つ目のことは

あくまで役としてのリアルさ、自然さって何なのかっていうことを考えて

それを表現する為にはどんな体の使い方をすればいいのか、どんな台詞の表現をすればいいのかを

なるべく緻密に、繊細に表現することだと思います。

そう考えると脚本読解の時から色々考えておかなきゃいけないことがあって大変だなって思う方もいらっしゃると思うんですけど

自然な演技っていうその概念を間違えていて

「自然な演技をする為には色々ごちゃごちゃ計画せずに、その場のなんとなくのフィーリングで演じればいいんでしょ〜」

って思ってしまってる人とは一気に差がつくと思うので

ぜひ心がけてみてもらえたらと思います。

観ている人を引き込む演技をする為に

つまらないなんて言わせない為に次に意識すべき2つ目のことは

そもそも視聴者が求めていることは何なのか?ということを

考えることです。

映画やドラマや舞台やミュージカルって大きな括りで言えばエンタメだと思うんですけど

つまりそのエンタメ作品に出演する皆さんはいってしまえばエンターテイナーとも言えますよね。

自分がエンターテイナーだなんて考えたことないって方もいらっしゃると思うんですが

何でそもそも僕らがエンタメ作品を観るのかって要は楽しみたいから、楽しませてほしいからじゃないですか?

だからそのエンタメ作品に出演する人は「見ている人を楽しませること」という意識は忘れちゃいけないと思います。

じゃあエンタメとは?人を楽しませるとは?ということ、皆さんと一緒に考えていきたいんですけど

皆さんどんな作品が見てて楽しいですかね?

いやこれはほんとに人によって好き嫌いは様々だし

一概に言えないところだと思うんですけど

僕が思う見てて楽しい作品って

物語の中に感情を揺さぶられるようなドラマがある、登場人物の喜怒哀楽を始めとした様々な感情が伝わってきて、それに共感できて

観ているこっちまで登場人物と一緒に感情が揺さぶられる、そんな作品が見る人を惹きつけるエンタメ作品なんじゃないかなって思うんです。

もちろんドラマというドラマが一切起こらない、ザ日常っていう作品を好きな人もいらっしゃるとは思うので

一概には言えないんですが

基本的には物語の中でいろんな出来事が起きて、それに伴って登場人物の喜び、悲しみ、苦悩、葛藤が伝わってくる作品が

観てて惹きつけられるっていう人が多いんじゃないかなって思うんです。

つまり何が言いたいかっていうとですね

皆さんが演技で観ている人に伝えるべきは「役の感情」だと思うんです。

もちろん感情が大事だからって映像作品で悲しむみたいなシーンの際に

ウワーン泣って大袈裟に演じるのはNGですが

逆に、リアルな演技を、自然な演技を意識するがあまり、

役の感情が一切伝わってこないとなると

それもそれで良くないわけです。

視聴者って出てくる役に感情移入させてほしいと潜在的に思っているところがあると思ってまして

でも役の感情が芝居から伝わってこないと

観てる方も感情移入が出来ないんですよね。

それが続くと

まぁストレートな言い方になってしまいますが

この作品つまらないな、この役者の芝居つまらないなとなってしまうと思うんです。

僕らが自分の貴重なお金や時間を払ってですよ

せっかくエンタメ作品を見ようと思ったのにですよ

感情の起伏が全然無い、普段日常生活でいくらでも観れるようなやりとりを

延々と見せられたら、正直退屈じゃないですか?

観ている人は出演する役者に感情を揺さぶられたいわけです

もっとわかりやすく言えば驚かされたいわけです。

もちろん役柄、何番手の役かによってできることの限度はありますが

どうしたら自分の演技で観ている人を楽しませられるのか

驚かせられるのかという意識は

エンタメ作品に出る一種のエンターテイナーとして

頭の片隅に置いておくべき意識なんじゃないかなって思います。

動きとして大きなアクションをすることが大事っていうわけじゃないです。

皆さんも観たことあると思うんですけど

芝居として決して大きな動きをしているわけじゃないのに

その表情一つで台詞一つで持って役のその感情がズシーンと伝わってくるような

そんなお芝居見たことあると思うんです。

つまり芝居の大小っていうよりは密度の濃い演技っていうんですかね

そういう役としての感情、その実質がこもったお芝居かどうかが

本当の意味でリアルな芝居、自然な芝居なんだと思います。

まぁでもなかなか最初は難しいと思いまして

分かってることと実際に出来ることの間には大きな溝があって

意識してても実際見ている人には伝わらなかったりっていうことが最初はあると思うんですが

大事なのは演技ワークショップなど人前で演じる機会をなるべく多く持って

自分の演技がどう見えたのか、印象を聞くという

そういう機会を多く持つことかなと思います。

そうすれば自分の理想のイメージと実際に他の人に見てもらったイメージ

そのギャップも縮めていけると思います。

ぜひ皆さんもですね、この記事でお話させてもらった2つのことを意識してもらって

観ている人を惹きつけるような、魅了するような演技を身につけていってもらえたらと思います!

というわけで

今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さってる皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈っています。

最後にお知らせです。

YouTubeのメンバーシップ機能を使った

役者さん向けオンラインサロンをやっております。

メンバーになって下さった方には

月に2、3本の映画の脚本配布や

毎月違う映画監督を講師にお招きして行っている

メンバーの方限定の演技ワークショップの実施

映像資料の作成のお手伝いなど

様々なサポートをしておりますので

そちらご興味あれば

下記のURLからご参加下さいませ。

元芸能事務所マネージャー 木全俊太【芸能界の勉強】
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

記事を最後まで読んで下さり

どうもありがとうございました!

木全俊太

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】