映画・ドラマの見方 〜役者として注目するべきポイント〜

映画,ドラマ,邦画,洋画,演技,芝居,俳優,女優,役者, 俳優
映画,ドラマ,邦画,洋画,演技,芝居,俳優,女優,役者,

動画版はこちら

『映画・ドラマの見方』 〜役者として注目するべきポイント〜

どうも、木全俊太です。

今日も記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は『映画・ドラマの見方 〜役者として注目するべきポイント〜』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

今回の記事でも、その頃の経験から

皆さんにお伝えしたいことをシェアさせて頂けたらと思います。

というわけで今回は

『映画・ドラマの見方』

というテーマなんですけれども

役者としてやるべき大事なこととしていろんな方が

映画をたくさん観ましょう!ということ

仰るじゃないですか?

僕もそれはその通りだと思ってるんですが

役者をしている人が映画を観るという場合は

映画好きの方が普通にストーリー楽しむように観るだけじゃ駄目だと思うんですよね。

観終わった時「あ〜面白かった!」だけだと

役者として、その映画から何か得れたのかというと

不十分だと思います。

なので今回は、どんなことを意識して映画、はたまたドラマを観ていけばいいかを

個人的な意見にはなっちゃいますが

お話させて頂けたらと思います。

まず最初に数あるたくさんの映画の中からどんな映画を観るべきかなんですけど

ストーリーの面白さ、というよりは、自分が

「この人芝居上手いなと思う役者さん」「この人のお芝居好きだなって思う役者さん」

が複数出演してる映画を選ぶのがいいと思います。

やっぱり役者として映画を観るなら

ストーリーが面白そうだからという理由ももちろん捨て難いとは思うんですが

出演してる役者に注目して選んだ方がいいと思うんですよね。

次に邦画を観るべきか洋画を観るべきか問題なんですが

これはどちらかに絞るべきではないというか

賛否分かれるところだと思うんですが

参考にしやすいのはやはり邦画だと思います。

というのも海外映画の役者さんのお芝居は

海外の文化の違いがあるからこそのお芝居というのもあって

例えば海外だと初めましての人でも握手してハグしたり

手の動きも結構オーバーだったりする人が多いと思うんですけど

日本は欧米人みたいにフレンドリーな人より礼儀とか謙虚さを重んじるというか

控えめな人が多い国なので

そっくりそのまま欧米人の芝居参考にするのは難しいかなと思います。

そもそも言語も違いますしね。

ただもちろん海外の役者さんから学べる部分もあるし

特に最近だと韓国映画の役者さんは

ボディーランゲージも日本と割と近いし

何よりお芝居上手い方たっくさんいるので

日本の名作ある程度観たら、海外の作品も並行して観ていくのはすごくいいんじゃないかなと思います。

次に観たい作品が決まったらですね。

これは出来たらなんですけど

作品観る前に、その作品のシナリオ、いわゆる脚本を入手して、それを読んでから映画観ることお勧めします。

脚本は映画の設計図なんて呼ばれたりするものなんですけど

というのも脚本を読んでから映画を観るのと

脚本を読まずに映画を観るのとじゃ

理解度が全然違ってくるんですよね。

脚本読まずに映画観るのは

例えるのなら

料理動画をレシピや材料一切知らされずに観るようなものですかね。

いやちょっと例えが分かりにくいですねそれは(笑)

まぁ要はその一つ一つのシーンでの役者さんのお芝居が

どんな前提の上で、どんな筋書きを元に

演じられているのかが、脚本を読むとすごくよく分かるんです。

各シーンで役者さんがする行動を、脚本では”ト書き”と呼ぶんですが

役者さんがどんなト書きを元にその芝居をしているのか注目して観るのは

自分が芝居する時の再現性もすごく高まると思います。

その脚本はどうやって手に入れればいいのかというと

月刊シナリオという雑誌などに掲載されてますし

銀座の大谷図書館で閲覧出来たりします。

あと一応僕のYouTubeの月490円からのメンバーシップでも

月に2、3冊のシナリオ、データで配布させて頂いてます。

なのでぜひまずシナリオ手に入れてもらいたいんですけど

まぁそう考えると

観る映画をまず決めるよりも

自分が気になる作品のシナリオをまず探して

手に入れられたシナリオがあったら、その映画を観るっていう順番でもいいかもですね。

それぐらい、映画と一緒に脚本も読むことは、すごく大事だと思います。

次に映画を観る回数なんですけど

確かにいろんな映画をとにかくたくさん観るというのも良いことではあるんですが

僕はそれよりも

1本の映画をある程度繰り返し見る方が、得るものは大きいと思います。

というのもやっぱり1回観ただけじゃ、

出演してる役者さんの、芝居の工夫みたいなものが、把握仕切れないと思うんですよね。

なので、その映画から学べること学び切ろうと思ったら

最低でも3回は繰り返し観ること、お勧めします。

それじゃあ最後にどんなこと意識して実際観るべきかなんですけど

最初1回目は、ストーリー楽しむように観ていって良いと思います。

どんな人物が出てくるどんな話なのかとか、出てくる人物はどんな性格、見た目してるのかとか

脚本だけじゃイメージつかなかったところ含め

単純に映像作品として味わうというか、楽しんで観てOKだと思います。

ただ役者として大事なのは2回目からでして、

こっからはですね、その映画のDVD借りてるのはマストで

脚本手元に置いて、

実際出演者が脚本のト書きをどう演じてるのかを、よく見比べながら観ることをお勧めします。

1度じゃ把握出来なかったシーンがあったら巻き戻して、そのシーン何回も観ましょう。

当然ですが主人公が出てくるシーンが多いと思うので、主人公の芝居に特に注目して、

その役者さんが役の感情を、どんな表情、仕草、台詞のトーンで表現してるのか

分析しながら観てみて下さい。

そして3回目に観る時はですね、

主人公じゃない、脇役を演じている役者さんのお芝居に注目して観てみて下さい。

映画1回目観る時は、やっぱりどうしても主人公に目がいってしまいがちだと思うんですけど

例えワンシーンだけしか出てこない役者さんだとしても

そこから学べることはたくさんあると思います。

それに、特に役者を初めてまもない方にとっては、いきなり主演に抜擢されるということはまず無いので

そのワンシーンだけ出てくるという役のポジションを、まず勝ち取りにいかなきゃいけないし

例えワンシーンだけしか出てこない役者さんでも、下手したら主演の方食っちゃってるんじゃないかと思うぐらい

めちゃくちゃ上手い、光るお芝居してる方いたりもするので、ぜひ注目して観てみてもらえたらと思います!

少ない出番の中で爪痕を残すのも、それはそれですごく難しいことなので、新人の方は

むしろ主演の方より脇役の方のお芝居をより分析した方がいいかもしれないぐらいですね。

あと+α的なこと言うと

観ていてすごく印象的なお芝居を観たら、一旦一時停止して、その台詞だったり身振り手振りを真似して言ってみる、やってみると、

より自分が同じような芝居今後やる時の、再現率上がると思います。

目で見るだけより、実際やってみた方が定着しやすいですからね。

そうやって学んだお芝居を今後自分が真似しちゃっていいの?っていう心配が出てくると思うんですけど

全く同じように芝居やったとしても、そこにはその人らしさみたいなものが必ず備わってるものだし

初めはそうやって、いろんな芝居上手い人の演技を真似ていくことで、それがその人のオリジナリティにつながっていくものです。

なのでぜひ皆さんも、この記事でお話させて頂いたようなことを意識して

映画やドラマ観てみてもらえたらと思います。

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈ってます。

記事を最後まで読んで下さって

どうもありがとうございました!

木全俊太

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】