日常の中で出来る俳優の訓練法

俳優

動画での解説はコチラ

【演技の練習方法】〜日常の中で役者が出来る芝居の練習方法〜 #演技 #練習 #方法

どうも 木全俊太です。

今回は『日常の中で出来る俳優の訓練法』というのでテーマでお送りしたいと思います。

今回も僕が芸能マネージャーや俳優をしていた頃に、いろんなプロデューサーや監督から教わった大事だなと思うことを

皆さんにシェアさせて頂けたらと思います。

これから俳優を目指したいという方に、少しでも何か役に立ったと思ってもらえることがあったら幸いです。

今日は特に、俳優が日頃取り組むべきことだったり、持つべき心構えについての話を、シェアさせて頂けたらと思います。

早速本題に入っていきたいんですけど、まず一つ目は自分がしたことがない新しい体験をするということです。

俳優は作品ごとにいろんな境遇の役を演じるわけですけど、やっぱりそれを実際に体験したことがあるかないかで、演じやすさって全然変わってくると思うし、全くやったことがないことを芝居で急にやろうとしても、どうしても無理が出てきてしまうものだと思います。

もちろん例えば殺人犯みたいな役を演じることになったら、同じような体験は積めないですけど、そういう役が出てくる映画を見たり、小説を読んだりして、そういう人はどういう心理状況なのかと想像してみたりするだけでも全然違ってくると思います。

ただ基本的には映画やドラマよりも、実際に自分で経験することの方が得れるものは多いと思います。

人の心を動かせる俳優になる為には、まず自分の心が動くような経験をたくさんすることが大事だと思います。

それと自分が普段しないような新しい体験をすることも大切ですけど、日常的にすることからも得れることはたくさんあって、山崎努さんも俳優ノートっていうご著書でこんなことをおっしゃってたんですけど、“演技を作り上げる材料は日常にある。演技の修練は舞台上では出来ない。優れた演技を見て 技術を学ぼうとしてもその演技はその人のもので 真似出来るものじゃない。大切なものは自分の日常にある。もっと目の前にいる人や今起きていることに興味を持つこと。”っていうすごく深いことをおっしゃっていて、これを読んだ時はすごくハッとさせられました。

だから例えば料理の仕方とか コーヒーの入れ方とか、そういう日常の所作をちゃんと出来ることも、俳優としてすっごく大切なことなのかなと思います。

それと そうやって日々いろんな経験をする中で、どんな意識でそれをやるかっていうこともすごく大切だと思います。

どんな些細な行動も俳優には活きるものだと思いますが、ただそれを何も意識しないでやってしまうとあまり意味がなくて、何かをやっている自分を客観的に見る意識というか、もっと分かりやすく言うと、自分は今撮影中で 自分の言動をカメラで撮られている意識っていうのを普段の生活の中でも持つのが大切だと思います。

そうやって 日々の何気ない言動を意識的にやってみたり、身の周りのことに意識をより向けるようにすると、いざ本番のカメラの前に立った時にも、その時の感覚をより再現しやすくなるし、何より落ち着いて芝居が出来るようになるんじゃないかなと思います。

もし家にいる時であれば 実際にスマホのビデオとかで自分を撮ってみて、自分がどう見えているのかを確認するのもすごい大事だと思います。

ワークショップとか舞台の稽古でも、もしカメラを回していない場合は、あとで見返したいんで撮らせてもらってもいいですか?と確認を取って、自分の芝居を撮らせてもらうっていうのもアリなんじゃないかなと思います。

俳優はどう見られているかが全てみたいなところがあって、自分ではこうしようと思って演じていても、観ている人がそう見えてなかったら意味がないので、自分が表現したいことがちゃんと伝わるような芝居が出来るように、自分が今どんな表情をしているのか常に把握できるぐらいに、普段から自分をビデオで撮る癖をつけるとすっごく勉強になると思います。

ビデオだけじゃなくて 鏡を使うのも便利で、鏡に写った自分の表情を見て研究したり、鏡を2つ使えば 自分の横顔を見ながら芝居の練習をすることも出来るのでお勧めです。

他には例えば 自分が次に参加する作品が決まっているとしたら、その役がしていそうな仕草を帰宅中とか家でやってみるとか、この役は自分が日々やっていることをどのようにやるのかを、いろいろ試してみるのもすごく良いんじゃないかなと思います。

そうやって普段から芝居したり 役で日常を生きてみると、本番で すんなり芝居に 役に 入っていけるようになると思います。

それと もうひとつ大切だと思うのが、自分の感情や人間関係をなるべく開いておくことだと個人的に思います。

やっぱり感情豊かな芝居をする為には日頃から感情を表に出して、他人との間に一線を引かずに本音でやりとりするのが大事だと思います。

いろんな監督さんからも聞いたことがあるんですが、普段オープンな人が 心を閉ざした役を演じることが出来ても、普段心を閉ざしてる人は オープンな役を演じることはまず出来ないそうです。

映画を観ていても、普通は他人に見せないであろう本音の感情が出てくると、その役に急激に引き付けられるものだし、傷付くことを恐れないで 本音で他人と接する人こそ、人を感動させられる芝居が出来るんじゃないかなと思います。

やっぱり誰でも 嫌われたくないから、他人と本音でぶつかることをどこか避けちゃったりしがちだと思うんですが、ある監督さんに教わったのが、他人と向き合うことから逃げている人は他人を感動させられる俳優にはなれなくて、自分をさらけ出してこそ人に伝わる芝居が出来るんだと。ブログにすら書けないような想い、それこそが人の心に刺さるものだったりするし、だから 計算とかしないで 弱みとか情けなさとか、そういうもの含めて本音を曝け出すことが大切だというお話を聞かせてもらったことがあります。

すごい納得でしかなかったです。

そうやって日頃から周りと本音で向き合っている人ほど、嘘がない芝居が出来るようになるんだろうなと思いました。

なので俳優を目指されている皆さんもぜひ普段から他人に興味を持って その人達と本音で向き合って、一人じゃ出来ない経験をたくさん積んでもらえたら良いんじゃないかなと思います。

ということで今回はここまでにしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが俳優としてさらに活躍していってもらえることを祈ってます。

記事を最後まで観て下さってどうもありがとうございました!

木全俊太 SNS

【YouTube】https://www.youtube.com/user/kimashun

【Twitter】https://twitter.com/kimatashunta