役者として急成長する人の特徴 〜結果を出している俳優、女優が心掛けていること〜

俳優,女優,役者,演技,芝居,芸能事務所,オーディション,映画,ドラマ, 俳優
俳優,女優,役者,演技,芝居,芸能事務所,オーディション,映画,ドラマ,

動画版はこちら

役者として急成長する人の特徴 〜結果を出している俳優、女優が心掛けていること〜

どうも、木全俊太です。

いつも記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は

『役者として急成長する人の特徴』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

今回の動画でも、その頃の経験から

皆さんにお伝えしたいことをシェアさせて頂けたらと思います。

はい、というわけで今回は

『役者として急成長する人の特徴』

というテーマでお話しさせて頂けたらと思います。

早速結論から言えたらと思うんですけど

それは

〝頑張らざるを得ない状況に自分から飛び込める〟人です。

人間ってほんとに環境や状況の奴隷なんですよね。

どんなにやる気がある人でもですね

自分が置かれている環境や状況がよろしくないと

モチベーションって保てないものなんですよね。

例えば

ある芸能事務所に入っている人がいたとして

その人にどんなにやる気があってもですね

案件が全然来ない事務所だったりとかすると

そのやる気を向けられる対象が乏しくて

「まぁ、こんなもんかな、、」と

モチベーションも下がっていってしまいかねません。

他にも例えば演技力が大事とは分かってはいるけど

演技ワークショップや演技レッスンを定期的に受けていないというのも

あんまり宜しくないですよね。

例えばワークショップにしたって

正直言うと

役者として別に受けなくていいなら受けたくないと思うんですよ、ぶっちゃけ。

なんだかんだプレッシャーかかるものだし

お金もかかることだし

いくら役者やってるとはいえ、課題ですごく台詞長い課題が出たら

誰しも「ウッ…」ってなるじゃないですか?

その点ワークショップ受けなければ

別にすぐに覚えなきゃいけない台詞も無いわけなので

気持ちとしてはずっと楽ですよね。

でもなんだかんだ成長するのはどっちだと思いますか?

明らかに自分からそうやって負荷のかかるの承知で

ワークショップやレッスン定期的に受けてる方だと思いませんか?

そうなんです、人ってそもそもそんなに意志が強くなくて

楽な方に流れてしまうものなんです、これは仕方ないんですよ。

だからこそ、敢えて「〜しなければならない」状況に身を置くことが

自分を急成長させる一番の特効薬になるんです。

お金にしたってそうです。

結構センシティブな部分なので

何でもかんでも払うべきとは言えないんですけど

人ってお金払ったものはそれを回収しようと思うものなので

ある程度お金をかけてでも何かやったり、何かに参加することで

元を取るために吸収しようと、その講師の方から教わろうとするものだと思います。

ロールプレイングゲームでも色々そのキャラに経験させることでレベルが上がっていくのと同じで

演技力にしたって何か具体的にアクションに移さないと

上がっていかないものです。

でも人によっては

「とにかく現場にたくさん参加すればレッスンやワークショップ参加する必要無いでしょ!」

と思う方もいるかもしれませんが

現場っていうのは、学びを得に行く場ではなくて、あくまで〝普段の成果を結果で出しにいく場〟です。

お金を払ってそれをしに行くのではなくて、お金をもらってその現場で役者としての仕事をするわけなので

現場で自分を成長させようという考え方は間違っていると思います。

余談ですが

僕学生の頃レストランのキッチンのアルバイトしたことあるんですけど

そこの料理長の人がマジで怖い人でですね

僕らアルバイトがモタモタした手際で調理してると

「ここは料理教室じゃねぇんだぞ!!」

とキレられたことありますね。笑

でもまぁお金をもらう以上、ベテランか新人かなんて関係ないですし

芸能界に限った話ではなく、全てのことに言えることです。

なのでその道でプロになろうと思ったら

本番以外の時間の過ごし方が大事です。

というかそこでこそ差がつきます。

プレッシャーや負荷がかかるようなことは

誰だって避けたいですけど

そういう普段から逃げ癖が付いていると

いつまで経っても成長出来ないですし

仮に幸運にも現場行けることになったとしてもですね

現場ではレッスンやワークショップみたいに

失敗してもOK、自由に挑戦してOKみたいな環境じゃないので

想像以上の緊張とプレッシャーで押しつぶされてしまいかねません。

だからこそ普段から人前で演じる機会を設けて

本番でも緊張せずに演じられるようにするんです。

あと人によっては

「でもワークショップも本番とも言えるから

まだ演技力に自信が持てないうちは参加するべきじゃないんじゃ…」

という方もいるかもしれませんが

もちろん気持ちとしては本番のつもりで臨むべきですが

とはいえ現場ではないので

失敗は許されないみたいに過度に心配する必要はありません。

講師の監督からしても

ワークショップは自由に挑戦していい場だと心得て下さっているものなので

何も本番さながらのものを求めているわけではありません。

オーディションや現場と違って同じシーン演じられる機会も多いですしね。

自信が持てなくて参加躊躇してしまう気持ちもすっごく分かるんですけど

でも参加しない限りはその講師の監督に自分という役者の存在を知ってもらう機会も

得られないわけなので

そこはぜひ自分を奮い立たせて参加してみることを選んだ方が

自分にとって前進になると思います。

そんなわけでですね、皆さんもぜひ

敢えて、頑張らないといけないような

そういう状況や環境に自分を置いてみるという心掛け

普段からしてみて下さい。

その時は大変ですけど、きっと後で振り返った時に

「あ、やって良かったな」って思えるものです。

最後に合言葉的なことお伝えしたいんですけど

『迷ったら大変な方を選ぶ』

これを意識して下さい。

何かどうしようか迷うことがあったらですね

この

『迷ったら大変な方を選ぶ』

という言葉を思い出してもらってですね

敢えて大変な道を選んでみて下さい。

その道を行けば

後で振り返った時にびっくりするぐらいに

成長した自分になっているはずです。

というわけで

今回はこの辺にしようと思います

これを読んで下さってる皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈っています。

記事を最後まで読んで下さって

どうもありがとうございました!

木全俊太

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】