役者としてのキャリアを飛躍させる為には、〇〇力も大事です!

役者 俳優
俳優,女優,役者,演技,芝居,芸能活動,

動画版はこちら

役者としてのキャリアを飛躍させる為には、〇〇力も大事です!

どうも、木全俊太です。

今日も記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は『実績が少ないなら、〇〇力を付けよう!』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前木下ほうかさんなどがいらっしゃる

芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

今回の記事でも

その頃の経験から皆さんにお伝えしたいことを

シェアさせて頂けたらと思います。

というわけで〇〇力の〇〇ってなんぞや?というわけで

もう結論先に言っちゃうんですけど

それは”気に入られ力”です。

気に入られ力なんて言葉無いし

僕が勝手に作ったんですけど

この気に入られ力っていうのは

まぁその言葉通りの意味なんですが

役者としてだけじゃなくて

これがある人はすごく人生得すると思います。

でも特に役者さんはすごくこれが大事だと思ってて

というのも芝居の世界って、高校入試や大学入試と違って

演技力にしても、個人個人明確な点数が出るわけじゃなくて

演技力以外の要素もキャスティングには関わってきます。

その演技力以外の要素もいろんな要素があると思うんですけど

その一つの要素に、この気に入られ力もすごく入ってると思うんです。

要は、いかに”応援したいと思ってもらえる人になれるかどうか”

”この子と仕事がしたいと思ってもらえるかどうか”というのが大事ということです。

最近何名かの監督さんとお話させて頂く機会があったんですけど

それぞれ表現の仕方は違いましたけど

共通して、この”何とかしてあげたいと思える、人としての魅力”は

皆さん大事だとおっしゃっていたなって思ったんですよね!

まぁこれはすごく言葉にするの難しいし

どうやれば身に付くかっていうのは一概には言えないんですけど

例えばですけど、これもこの前主催してるワークショップで監督さんから聞いたお話なんですけど

映画監督は皆さんやっぱり自分の作品にすごく誇りを持っていて

あまり多くの認知はされてない初監督作品であっても

当然ですがすごく愛着を持ってるものです。

だからこそ、ワークショップとかで知り合った役者から

〇〇監督のデビュー作のここが自分はすごく好きでみたいに言ってくれる役者は

やっぱり嬉しいものなんですよね。

もちろんそれは媚を売った方がいいという単純な話じゃないんですけどね。

監督は人を見るプロですから、この子本心で言ってくれてるのか

ポイント稼ぎで言ってるのかなんてすぐ見抜きますから。

でも本当にその監督と仕事がしたくて、監督の過去作ちゃんと観てる人は

その映画に対する自分の感想をちゃんと語れますし

そうやって自分の作品の感想言ってくれる役者は

やっぱりなんだかんだ嬉しいものだと思います。

監督もなんだかんだ人ですから。

自分の作品に出てもらう役者を決める時に

全く情の要素入らず全てのキャスト決める監督はいないんじゃないかなって思います。

もちろんプロデューサー主導の企画で

主役やメインキャストはもう早い段階で決まってるという場合でも

例えばワンシーンだけ出てくる役者、「監督誰か候補となる役者いますか?」とプロデューサーから問われた時に

「アイツを現場呼びたいな」と思う役者というのは

役者である前に、人としてすごく好感持てる役者だったりすると思います。

でもここで勘違いしちゃいけないのは

あくまでお芝居も信頼おけるぐらい出来る子っていうのが大前提ですけどね。

逆に言えば、そういうひたむきに演技力磨いてきた役者さんは

それがお芝居に現れてますし、当然監督もその人の芝居観れば、その人がどういう意識で

演技と向き合ってきたか分かるものなので

それが何より”この子をキャストとして現場呼びたい”と思ってもらえる何よりの要因になると思います。

あと他にいろんな監督が、どんどん成長していく役者の共通点として挙げられていたのは

大きく3つあって

素直で、謙虚で、貪欲な子だとおっしゃってましたね。

やっぱり成長の早い役者さんは

監督とかに、こういうことをやった方がいいと思うと言われた時に、すぐに行動に移してみる素直さがあるし

監督だけじゃなくて、例え年下の役者仲間からもアドバイスをもらおうとする謙虚さがあるし

そして、一緒に仕事がしたいと、この監督の作品に出たいと

そう思う監督さんには暑苦しいぐらいに、「自分はあなたの作品に出たいんだ!」っていう

熱意を伝えられるだけの貪欲さを持っていると思うんです。

それとプラスして、自分の役者としての夢や目標が明確にあって

それを叶えるために日頃からちゃんと演技力磨く努力をしてるということですかね。

それと、これも何名かの監督がおっしゃってて意外だったのが

監督はSNSのフォロワー数は大して見てないっていう監督さんがほとんどだったんですよね。

フォロワー数多いけど芝居全然惹かれない役者より

フォロワー数少ないけど、なんならSNSやってないけど

芝居がものすごく魅力的っていう役者の方が断然使いたいということを皆さんおっしゃってて

それはなるほどやっぱり実際そうなんだなって思い知りましたね。

要するに監督も

自分が売れたい一心で、過去作知らないのに売り込んでくる役者さんとか

演技の勉強そっちのけで、とにかく映える写真SNSにアップすることしかやってこなかった人とか

そういう表面的なことしか目を向けてこなかった、まぁちょっと言葉悪いですけど薄っぺらい役者さんじゃなくて

本当に作品に出たいだっていう想いが、言葉だけじゃなくて行動にもお芝居にもちゃんと

滲み出てるような、そういう芯のある役者さんと監督も仕事がしたいということなんだと思います。

ある監督が言っていたのは、演技力が乏しい人ほど、演技力が全てじゃないって言っていると。

それはつまり自分の演技力不足を認めたくないからだと。

演技力だけあっても駄目なんて言葉は

死ぬほど演技の稽古積んできたやつがようやく言えることだっておっしゃってて

深いなって思いました。

まぁ厳しい意見ですけど

ほんとにその通りだなと思います。

それを踏まえた上で

ちゃんと演技の稽古数年しっかりと積み重ねた上で

さらに役者さんがその先やるべきこととして、営業があると思うんですけど

営業する時も、ガツガツいきすぎるとそれはそれで引いちゃう監督もいるので

その辺りのさじ加減は考えないといけないとは思うんですけど

とはいえいくらその監督の作品に出たいと強く思ってても

流石に実際監督と会わないとその熱意も伝わりようがないので

本気で作品出たいと思う監督がいるのなら、

その監督のワークショップ参加するとか

もしワークショップやられてない監督なら、

その監督が何か舞台挨拶とかに登壇する機会があるか調べて

その上映観に行って、勇気出してその感想伝えてみるとか

そういう努力は演技の勉強と並行してやるようにするとすごく良いと思います。

ムロツヨシさんも今でこそ知らない役者さんいないぐらい有名だと思うんですけど

まだ無名の頃はいろんな舞台でキャリア積む傍ら、映画監督への営業もすっごくして

そうした努力が本広克行監督や福田雄一監督らに響いて

監督に気に入られて、現場に呼んでもらえる機会が増えていったと聞きます。

これもムロツヨシさんが”気に入られ力”を持ってたからだと勝手に思っています。

なのである意味、無名から本気で有名になろうと思ったら

見栄とかプライドといった類はもう捨て去る必要があるかなと思います。

そんなのはみっともないとか

そこまでするのは恥ずかしいとか

そういう変なプライドというかこだわりが

その人の成長の一番の障害だなと思うんですよね。

だからチャンスが来るのを待つんじゃなくて

自分からそれを探す為にとにかく動くこと

そしていざ目の前にチャンスが現れた時に

それを掴めるだけの実力も並行して磨くこと

それが何より大事だと思います。

ムロツヨシさんもユースケサンタマリアさんに

本気で変わりたいならバイトしてる場合じゃないぞと言われて

そっから火がついて、人にお金を借りながら

とにかく監督と会いまくった期間があったと以前聞いたことがあるので

本当に本気で変わろうと思ったら、それぐらいの覚悟が必要なのかもしれないなって

思いますよね。

というわけで今回は、役者として必要な能力として

”気に入られ力”があるんじゃないでしょうか?

というお話をさせていただきました。

他のどんな業界の仕事にも共通することだとは思うんですけど

やっぱり、一緒に仕事する仲間っていうのは

能力もさることながら

この人と一緒に仕事したいと思えるような、人間的魅力もすごく大事だと思います。

だから、もし自分にはそれほどの実績が無くて…という方は

変な見栄とかプライドは今すぐ捨て去って

自分がこの監督の作品出たいって思う監督がいるなら

その監督の過去作全部観て

まぁ今のこのネット時代、

その監督とコンタクト取るのは

全然不可能じゃ無いと思うので

その監督に会いに行って

弟子にさせてもらうぐらいの勢いで

売り込むこと

そこまで自分は出来ないなって思う人もいると思うんですけど

一度冗談抜きでトライしてみてもらえたらって僕は思いますね。

もちろん有名な監督ほど、演技力・実績もシビアに見られると思うんですけど

監督の中には、まぁ特にまだ駆け出しの新人監督さんは

実績よりも、その役者さんの熱意に突き動かされて、一緒にやりましょうとなる

場合も大いにあるはずなので

そういった踏み込んだアクション、ぜひ取ってもらえたらと思います。

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈ってます。

記事を最後まで読んで下さって

どうもありがとうございました!

木全俊太

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】