売れていく役者とそうじゃない役者を分ける「たった1つの違い」〜活躍する俳優が心掛けていること〜

俳優,女優,役者,演技,芝居,オーディション,芸能事務所,レッスン,ワークショップ, 俳優
俳優,女優,役者,演技,芝居,オーディション,芸能事務所,レッスン,ワークショップ,

動画版はこちら

【売れる役者にとっては当たり前】売れていく役者とそうじゃない役者を分ける「たった1つの違い」〜活躍する俳優が心掛けているシンプルなこと〜

どうも、木全俊太です。

いつも記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は『売れていく役者とそうじゃない役者の違い』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

今回の記事でも、その頃の経験から

皆さんにお伝えしたいことをシェアさせて頂けたらと思います。

はい、というわけで今回は

『売れていく役者とそうじゃない役者の違い』というテーマで

お話させて頂けたらと思います。

先日ある監督さんのお話聞かせて頂く機会があって

その中で特に印象に残っていることがあったので

今回はそのことについてお話させて頂けたらと思います。

話の中で、印象に残る役者は何が違うのかという話があったんですけど

その監督さんは

「他人と違うことをすること」

っていう風に言われてたんですよね。

確かにな〜と僕もすごく納得だったんですけど

今回はそのテーマについて僕なりに掘り下げたいなと思います。

例えば、オーディションなどでは

審査員からしたら1日に何人もの役者の芝居を見るので

正直、演技がある程度出来るというだけじゃ、印象に残らないということも残念ながらあるんですよね。

だからオーディションでは、印象に残るということが非常に大切です。

これは書類審査に関しても同じことが言えると思うんですが

だからどうしたら他の人には無い魅力を伝えられるかという思考が

すっごく大事だと思います。

ただ誤解しちゃいけないのは、他人と違うことをするのが大事と聞いたから

脚本の流れをぶち壊すような突飛なことをやっちゃうっていうのはこれはNGなので

その程度は考えなきゃいけないんですけど

脚本から逸脱しない範囲で

何か自分なりの工夫が加えられないかという意識は

大事なんじゃないかなと思います。

というかこの表現もあんまり正しくはなくて

究極言えば、その役についての理解だったり

役作りがしっかり落とし込めてる人っていうのは

自然と他の人の芝居では出てこないような

その役としての仕草だったりが出てくるものだと思うので

脚本読解と役作りが出来ていれば

変に意識しなくても

自然と他の人とは違う芝居になるとは思います。

他人と違うことをすることっていうのは

言い換えると

当たり前や常識を疑うっていうことでもあるかなと思いまして

どうしても何か役を演じる時って

その役の職業だったり置かれてる状況の、そのパブリックイメージに囚われて

ステレオタイプな芝居をしてしまいがちだと思うんですけど

人間って実際その人によって性格なども千差万別で

その時とる言動も決して周りの予想通りの行動とるわけじゃなかったりするじゃないですか?

だからそういう既成概念というか常識みたいなものを一旦取っ払って

普通はこの状況だったらこういう行動とる人が多いかもだけど

この役は性格的にもしかしたらこんな行動とるっていうことも全然あり得るぞと

そういう他の役者よりももう一段深い解釈が出来れば

それもまた自然と他の人と違う芝居になって

観ている人の印象に残る芝居になると思います。

あと「他人と違うことをすること」っていうのは

これは芝居に限らず芸能活動全体にも言えることで

やっぱり他人と同じ取り組み方していては

売れていくことは出来ないですよね。

だって売れる人っていうことは

他人には無い突出した魅力がある人のことだから。

でもこれも芝居と同じで捉え方間違えると

逆効果になってしまうところあると思うんですが

例えば

やっぱり売れるには他人と違うことしないといけないから

演技レッスンとか一切受けないで

SNSだけに力入れようってなっちゃうと

これはもはや役者とは言えなくなっちゃいますよね。

もちろん自分を知ってもらう為の一つのツールとして

SNSもやるべきですけど

役者として売れ続けるには

やっぱり演技力が大事だし

それを磨く為のレッスンを受けることは大事だと思います。

実際、長く売れている方々ほど、その立場に驕らず

新人と一緒にレッスン受けてたりもしますしね。

やっぱり人って何かとっておきの秘策みたいなものを知りたがる傾向があるというか

最小コストで最大リターンを求めがちというか

その手があったかー!みたいな裏技というか抜け道を探しがちだと思うんです。

だって楽したいから。

地道な努力とかしたくないから。

もしかしたらそういう裏技みたいなものを期待して僕のブログ読んで下さる方がもしいらっしゃったら

期待に応えられなくて申し訳ないんですが

僕はそういう抜け道的な裏技とかは無いと思ってて

唯一あるとしたら

結局当たり前のことを誰よりもやるっていうことが大事なんだと思います。

映画をたくさん観るとか

脚本をたくさん読むとか

演技ワークショップ定期的に受けるとか

そういうことがなんだかんだ一番大事だと思います。

でもこんなことは今までいろんな人が言ってきたことで

これを記事で書いたところで何の真新しさも無いし

バズりもしないと思います(笑)

そんなの誰でも知ってるよ!当たり前だろうが!と

でも本当に大事なことは誰でも知ってるようなことなんですよ。

当たり前と言われてることなんですよ。

逆を言えば

そういう当たり前と言えるようなことを継続できる人が少ないから

売れる人とそうじゃない人が分かれるのかもしれないですよね。

要は何が言いたいかというと

当たり前のことを愚直にやり続けられる人こそ

「他人と違うことをやる」

と言えるんじゃなかろうか、ということですね。

だから今もし何に力を入れるべきか迷われている役者さんは

一度初心に戻って

そういった昔から多く人が口を揃えて大事だと言ってきたこと

愚直にやってみてください。

絶対見える景色変わっていくはずだし

そんなあなたの頑張りは誰かがきっと見つけてくれます。

まぁそれも極端にSNS何一つやらないっていうのだと

見つけてもらいにくくなりますが

SNSもその軸となる活動に支障が出ない範囲で

無理なくやるのがいいと思います。

だってあなた自身に魅力がついていけば

自然と発信内容も魅力的なものになるはずですから。

SNSの方がいいねとか反応が返ってきて自己肯定感も上がるけど

演技レッスンや脚本読解はそういうのがなくて地味だし

何ならへこむことの方が多いけど

結構そういう地味なことの方が本質的だったりするんじゃないかなと思います。

ぜひ皆さんには本質を見失わずに活動進めていってもらえたらと思います。

実力を磨くことこそ、どんな時代でも最高のプロモーションになります。

誰にでも出来ることを誰よりもやれるかが

売れる人とそうじゃない人の一番の違いだと

僕は思います

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈ってます。

記事を最後まで読んで下さって

どうもありがとうございました!

木全俊太

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】