売れていくタレントが共通して持っている考え方

タレント,俳優,女優,役者,声優,売れる,考え方,思考法, 俳優
タレント,俳優,女優,役者,声優,売れる,考え方,思考法,

動画版はこちら

売れていくタレントが共通して持っている考え方

どうも、木全俊太です。

今日も記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は『売れていくタレントが共通して持っている考え方』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

今回の記事でも、その頃の経験から

皆さんにお伝えしたいことをシェアさせて頂けたらと思います。

はい、というわけで今回は

『売れていくタレントが共通して持っている考え方』というテーマで

お話し出来たらと思います。

またなんかねちょっと仰々しいテーマなんですけれども

これからタレント活動していこうとされてる方にぜひ持ってもらいたい

考え方についてのお話をさせて頂けたらと思います。

これはタレントだけじゃなくて人として大事な考え方だと思うんですが

特にタレントさんは大事な考え方だと思います。

それは

”相手目線で考える”ことですね。

割とよく聞かれることでもあるので

何だそんなことかって思われてしまったら申し訳ないんですけど

このことを本当の意味で出来る方って結構少ないと思います。

僕も出来ているとは言い切れないので

皆さんと一緒に身につけていきたいって思ってることなんですが

なぜこの”相手目線で考える”ことが大事なのか

役者というジャンルを例にお話出来たらと思うんですけど

役者が仕事を勝ち取る為には

まずはオーディションを勝ち抜くことが大事なのは言うまでもないですが

このオーディションもまさに

どれだけ相手目線で考えて、振る舞えるかがめちゃくちゃ大事なんですね。

言い換えれば、相手が、ここで言うと主催側がどんなことを求めているのか

どんな役者を求めているのかって言う視点を持ててるかが

役を勝ち取る上で非常に重要になってきます。

いくら自分がこういう芝居が好きだとか

こういう芝居がしたいとか思ってそれをやってもですね

それが主催側が求めている役のイメージと違っていたら

残念ながら落選になってしまうものです。

もちろん相手が求めているであろうことの

その範囲内で自分がやりたい演技プランをやるっていうのはいいと思うんですけど

大前提としては

自分がやりたいことではなくて

相手が求めていることをまずは考えて

その求められていることの中で自分はどうするかっていう風に考えるのが

すごく大事だと思います。

個人競技のスポーツならまだしも

あ、いや個人競技のスポーツでも定められたルールを守るのは当然なぐらいですから

ましてや役者にしかりタレント業はほぼ全てが他人との共同作業なわけで

一人の自分勝手なエゴが許されるほど

な〜な〜な世界じゃないんですよね。

オーディションのお芝居でも

たまにとにかく印象に残るように目立てばいいんでしょと思ってか

安易に台詞変更したり、シーンの目的と全く関係しないアドリブしたりっていう役者さんもいると聞いたりするんですけど

それも相手目線が欠如してるから

そういう自分主体の芝居になっちゃうんですよね。

じゃあどうやったらこの相手目線が身につけられるかなんですけど

それはやっぱり芝居の時だけじゃなくて

普段の生活から自分がこう言ったら、こうしたら

相手はどう思うかなっていうことをよく考えて

生活することだと思います。

そもそも

役者さんって自分じゃない誰かを演じるわけで

他人の気持ちを考えることが仕事ともいえるじゃないですか。

こういう言葉を言ったら相手はどんな風に思うかな?

傷ついちゃうんじゃないかな?とか

そういう繊細な感受性というか

想像力がすっごく大事だと思います。

よく自分はされて嫌なのに、自分はそれを平気で他人にする人が多いってよく言われますけど

自分の気持ちはすごく分かるのに、他人がそれをされてどう思うのかは全然考えられない人

やっぱり多いですよね。

良く悪くも

人は自分が一番可愛いというか

そういうものだと思います。

でもだからこそ

そういう人が多いからこそ

他人の気持ちが考えられる人は

人として愛されるし

当然役者としても大成すると思います。

よくいろんな方が仰るのが

思いやりがあって他人への気遣いが素晴らしい人ほど

お芝居も素晴らしいというのはその為だと思ってて

そういう人ほど相手の言動よく見てるし

どうしたら喜ばれるかどうしたら嫌がられるか

よく分かってるからこそ

相手が芝居しやすいような芝居が出来るんだと思います。

やっぱり普段出来ないことは芝居でも当然出来ませんし

普段から周りに対して思いやりを持って接している方は

お芝居にもそれが表れてますよね。

逆に自分の何気ない行動が相手を困らせてないかとかも

気をつけていきましょう。

僕も気が緩むとやっちゃいそうなので

気をつけたいと思います。

そんなわけで

自分がこういう風にしたら相手はどんな状況になるのかっていうことをまず考えてから

言動に移すっていうことが役者としてもすっごく大事だと思います。

これは役者に限った話じゃなくて

声優にしてもタレントにしても

その現場現場で自分の果たすべき役割は何なのか

どんなポジションに置かれてるのか

そして何を自分には求められてるのかっていうことを考えられるかが

大事だと思います。

それも一言で言えば”思いやり”があるかが大事だと思います。

臭いこというようですけど

やっぱりそうやって身の回りの人に対して愛情を持って接している人は

その愛情は自分に返ってくるものだと思います。

急にスピリチュアルな話になってきましたけど

でもなんだかんだ人と人とで仕事が回っていく芸能界なので

そういう人間性が結局一番大事だと思います。

なのでぜひ皆さんにはですねお芝居の特訓もしつつ

日常生活全てがオーディションだと思って

合う人全てが審査員だと思って

生活してみて下さい。

まぁもちろん打算的になれっていうわけじゃないんですけど

相手を自分の為に利用してやろうとするんじゃなくて

自分は相手の為に何をしてあげられるかなって考えて

普段の対人関係、やってみてもらえたらと思います。

きっと周りからの自分への印象がすごく変わっていくはずだし

オーディションやお芝居にも絶対プラスの影響があります。

結局テイカーじゃなくてギバーが最後には勝つんです。

というわけでですね

色々偉そうに語ってしまったんですけれども

そんな僕もですね、こういったことが出来てるとは全く言い切れませんし

自分勝手な想いでですね、今まで嫌な想いをさせてしまったこともたくさんあります。

思い出すだけで後悔の念に駆られることもたくさんあります。

それを今ねこの場で謝罪したいぐらいです。

本当に申し訳ありませんでした。

(それこそ求めてない)

でもね過去は変えられないですしね

(コイツ何があったん…?)

これからどうするかが全てなので

こんなダメダメな僕ですが

今後とも何かとよろしくお願いいたします!

(唐突な開き直り)

皆さんと一緒にですね

人として素敵な人間になっていけるように

頑張っていきたいと思います。

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈ってます。

記事を最後まで読んで下さって

どうもありがとうございました!

木全俊太

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】