俳優として急成長する方法 〜芝居の上達が早い役者が意識しているあることとは?〜

俳優,女優,役者,演技,芝居, 俳優
俳優,女優,役者,演技,芝居,

動画版はこちら

俳優として急成長する方法 〜芝居の上達が早い役者が意識しているあることとは?〜

どうも、木全俊太です。

いつも記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は

『俳優として急成長する方法 〜芝居の上達が早い役者が意識しているあることとは?〜』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

今回の記事でも、その頃の経験から

皆さんにお伝えしたいことをシェアさせて頂けたらと思います。

はい、というわけで今回は

『俳優として急成長する方法 〜芝居の上達が早い役者が意識しているあることとは?〜』

というテーマでお話しさせて頂けたらと思います。

早速本題に入れたらと思うんですが

まず最初にお伝えしたいことは

〝概念が変われば芝居は変わる〟

ということについてです。

これは以前ある監督さんから教わったことなんですが

演技ってもちろんスポーツと一緒で

ある程度経験を積んでいかないと

見えてこない境地ってあると思います。

でもとにかく経験を積んでいけば

必ず右肩上がりに上達していくかっていうと

そうじゃないんですよね。

1回1回のレッスンやワークショップで

「今日はこういうことを意識してやってみよう」とか

「今日はこういう概念で芝居試してみよう」とか

都度都度目標というか

自分の中でテーマを設けて取り組むことで

上達度って全然違ってくるんです。

「相手役もいるレッスンやワークショップでそんないろいろ試していいものなの?」

と思う方もいらっしゃると思いますが

レッスンやワークショップでこそ

いろいろ試していった方がいいと思います。

なぜなら本番やオーディションは芝居できる回数だったり

いろいろ制約がありますから

なかなか試したいことを自由に試せるわけではありません。

だからこそレッスンやワークショップでこそ

いろいろ試した方がいいと思います。

話を戻して

概念が変われば芝居は変わる

ということについてなんですが

そうやって都度都度意識的に

レッスンやワークショップで演技してると

自分の中で

あ、こういうふうに演じればいいのかって

頭だけじゃなく自分の感覚としても実感できる、発見できる瞬間が訪れるものです。

それはとにかく量をこなせば得られる感覚というよりは

都度都度工夫して試行錯誤して取り組むからこそ

非常に早く達せられる境地だと思います。

そういう自分なりの確かな法則のようなものが確立できると

その後のお芝居が一気にやりやすくなるという感覚

それなりに経験積んできてる役者さんは

味わったことあるんじゃないかなと思います。

ただ難しいのが

おんなじ概念がどんな場面でも通用するかというと

そういうわけじゃなくて

作品のジャンルによっても違うし

映像か舞台かによっても

細かいところは変わってきます。

だから役者としての仕事の幅を広げたいと思ったら

映像や舞台どっちかに絞らずに

ジャンルにしてもいろんなジャンルの作品に挑戦して

役者としての対応力を高めていくのがいいと思います。

それともう一つ役者としての対応力を高める為に

普段のレッスンやワークショップで意識すべきこととしては

敢えてやりにくい芝居をやってみるということです。

やっぱり演じる時ってどうしても

普段の自分のキャラと近いキャラクターで演じてしまいがちだと思います。

だからこそ

レッスンやワークショップみたいに何かしら試せる機会で

普段の自分とはかけはなれたキャラクターで敢えて演じてみること

これをやってみることをおすすめします。

オーディションではいろんなキャラクターの役の募集があると思いますが

普段からレッスンやワークショップでいろんなキャラクターを演じる心掛けをしていれば

例え普段の自分とかけ離れたキャラクターの役の募集がきた時でも

対応できるだけの自分になっていると思います。

そうやって普段から敢えて自分に一種の負荷をかけることが

急成長していくには必要だと思いまして

逆に役者として一番避けるべきは〝慣れ〟かもしれません。

自分の芝居をアップデートすることを怠って

今までの自分のスタイルというか

演技論だけでずっと活動していくと

キャリア的にはベテランとも言える役者さんなのに

監督が求める芝居のスタイルとその方に染みついた芝居のスタイルが

噛み合わなくて

役者さんもそこを柔軟に変えられる対応力が無く

NGを連発してしまうというケースも

決して珍しいことじゃありません。

だから自分が身につけた一つの概念に頼り切るんじゃなくて

引き出しを増やしていく努力が

やっぱり活動の幅を広げていく為には必要なんですよね。

どの業界でも言えることかもですが

役者も一生勉強ですよね。

そんなわけでですね

まとめると

些細なことでも全然いいと思うので

毎回小さな新しい試みに挑戦してみて下さい。

そうすれば

なんとなくの意識でお芝居に取り組んでいる人よりも

遥かに成長できると思います。

というわけで

今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さってる皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈っています。

最後にお知らせです。

YouTubeのメンバーシップ機能を使った

役者さん向けオンラインサロンをやっております。

メンバーになって下さった方には

月に2、3本の映画の脚本配布や

毎月違う映画監督を講師にお招きして行っている

メンバーの方限定の演技ワークショップの実施

映像資料の作成のお手伝いなど

様々なサポートをしておりますので

そちらご興味あれば

下記のURLからご参加下さいませ。

元芸能事務所マネージャー 木全俊太【芸能界の勉強】
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

記事を最後まで読んで下さり

どうもありがとうございました!

木全俊太

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】