俳優さん、女優さんがYouTubeやTikTokをやるとしたら、どんな内容でやるべきか?

俳優,女優,役者,モデル,タレント,YouTube,TikTok, YouTube
俳優,女優,役者,モデル,タレント,YouTube,TikTok,

動画版はこちら

俳優、女優がYouTubeやTikTokでやるべき内容 #YouTube #TikTok

どうも、木全俊太です。

いつも記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は『俳優、女優がYouTubeやTikTokでやるべき内容』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

今回の記事でも、その頃の経験から

皆さんにお伝えしたいことをシェアさせて頂けたらと思います。

はい、というわけで今回は

『俳優、女優がYouTubeやTikTokでやるべき内容』というテーマで

お話し出来たらと思います。

YouTubeやTikTokに興味があって

来年こそは本格的にやろうかなって思われてる俳優さん、女優さん、いらっしゃるかもしれません。

今回はどんな内容で発信すべきか

僕が個人的におすすめしたいものをお伝え出来たらと思います。

もう早速結論お伝えできたらと思うんですけど

それは

『あるあるネタ』ですね。

あるあるネタも色々あって

大学生あるあるとか、社会人あるあるとか色々あるんですが

YouTubeやTikTokでこのあるあるネタってずっと変わらず人気なところあるんですよね。

なぜそのあるあるネタをおすすめしたいかというと

これこそ

俳優さん、女優さんが得意な領域だと思うからです。

あるあるネタって要は

こういう人いるよね〜とか

こういうシチュエーションあるよね〜みたいなのを

演じて再現するわけなんですけど

これまさに芝居ですよね。

だったらこれをまさに芝居が本業である役者さんがやったら

その再現率すっごい高いと思うんです。

前にこのサムネイルの動画で松本穂香さんがやられてた一人芝居の動画ご紹介させて頂きましたが

細かいところまでよく表現されてて、さすが役者さんだなって思いました。

でも皆さんだって十分出来ると思います。

あるあるネタがおすすめのもう一つの理由としては

共感してもらえる人の層が大きいというのがあります。

例えば僕がやっているような芸能情報発信チャンネルって

なんだかんだすごくニッチなんですよ。

だって日本の人口それなりに多いですけど

その中で芸能界を目指されてる方ってそれほどいないです。

だってこれ読んで下さってる方がもし学生さんだとして

自分のクラスに自分の他に芸能界目指してるって言ってる子いますかね?

普通の学校だったらその学年に1人か2人いるかいないかじゃないですかね?多分。

だから僕がやっているようなチャンネルってそもそも興味持ってくれる方って

そんなにいないんですよね。

だから最近は伸びないのはもう半ば諦めかけてるんですけど

まぁ何が言いたいかっていうと

YouTubeが伸びるかどうかは7、8割型は

テーマ選びで決まってしまうということです。

でもあるあるネタって強いと思うんです。

なぜなら繰り返しになりますが

共感してくれる人が多いから。

僕がやっている芸能系チャンネルは芸能活動やっている人の

そのさらに一部にしか

そもそも共感してもらえないところありますが

あるあるネタは、まぁ内容にももちろんよりますが

共感してもらえる人の層が圧倒的に多いんですよね。

あとですね、そもそもYouTubeやTikTok見ている人って

ほとんどが暇つぶし感覚で見ている人が大半なんです。

こんな僕がやってるようなお勉強チャンネルを観て下さってるような

勉強熱心な視聴者さんは貴重で、それほど多くないんです。

そういう意味でもあるあるネタは、良い意味で気楽に観れるところがあって

面白そうだし観てみよ〜って人が多いだろうし

いいんじゃないかなって思います。

それと人によってはそういうのやるの恥ずかしいとか

やるならモーニングルーティーンとか

もっとお洒落な企画やりたいと思う方もいるかもしれないんですが

気持ちはすごく分かるんですが

厳しい言葉言うと

まず恥ずかしいなんて思いがあったらカメラの前に立つ役者の仕事そもそも出来なくないですかね?

役者さんは見られてなんぼだと思います。

特にまだ映画やドラマ、CMなどの出演歴がない新人さんにとっては

自撮りとはいえ

カメラの前で何かお芝居をするっていう行為はすっごく勉強になると思うんですよね。

お芝居の勉強にもなるってすっごく大事だと思っていて

役者さんだったらお芝居を活かしたチャンネルにした方がいいと思うんです。

そうすればその動画作りの時間さえも、役者としての訓練になるじゃないですか?

演技力も磨かれて、SNSも伸ばしていけるって一石二鳥じゃないですか?

好きじゃないのに人気の企画だからって無理してメントスコーラとかやらなくていいんですよ。

好きじゃないことやってても、やっててしんどくないですか?

どうせやるなら、好きで得意な芝居でもって勝負していきましょうよ。

あと見ている人からしてもですね、その出てる人が楽しみながら生き生きとやってるからこそ

惹きつけられるっていうのがあります。

あとモーニングルーティーンとか毎日メイクとか質問回答とか

そういうお洒落でイケてる企画をやりたいという方もいらっしゃると思います。

これもすっごくお気持ち分かるんですが

また厳しいことを言うと

こういう企画は既に知名度があったり、人気が既にある方がやるから伸びる、属人性の高い企画なんですよね。

だからそう言う企画をやるならある程度知名度獲得してからの方がいいんじゃないかなって個人的には思います。

でもその点あるあるネタって無名の方でも結構バズっているんですよね。

それは要は出てる人が有名だろうが無名だろうが、内容が良ければ、十分楽しめるし、共感できるからです。

余談ですけど、変なプライドやこだわりはマジでさっさと捨てた方がいいと思います。

自分で思っている程失うものなんてまだ無いものなので

もっともっとトライアンドエラー繰り返して

PDCA回していきましょう。

え〜そんなわけで色々お話ししてきましたが

あるあるネタ、非常に役者さんにとってはおすすめのテーマだと個人的に思うので

これからYouTubeやTikTokを本格的にやっていきたいという人は

ぜひチャレンジしてみて下さい。

それとYouTubeやTikTok既にやっているけど

伸び悩んでいると言う方は

こういった内容に方向転換してみるのはいかがでしょうか?

これは別にYouTubeやTikTokに限った話じゃないですけど

今の方法で現状伸びていないとしたら、それは効果的じゃないということなので

何か方法変えていかないと、その現状は変わらないと思います。

チャンネルの方針を変えたことで

一気にチャンネル伸びたという事例、結構聞くので

既にYouTubeやTikTokやられている方にもおすすめしたいなと思います。

来年はお互い改革の1年にしていきましょうね。

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈ってます。

今回も最後まで読んで下さって

どうもありがとうございました!

木全俊太

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】