確実に『主演』になれる唯一の方法 〜主演作に恵まれず、悔しい思いをしてる俳優・女優さんへ〜

主演 俳優 女優 俳優
主演 俳優 女優

動画版はこちら

俳優が主演を演じる為に取るべき行動

どうも、木全俊太です。

今日も記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は『主演を演じたい俳優がとるべき行動』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前木下ほうかさんなどがいらっしゃる

芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

自分自身も俳優をしていた経験があるんですが

今回の記事でも

その頃にいろんな監督さんや

プロデューサーさんから教わった大事だなと思うことを

皆さんにシェアさせて頂けたらと思います。

今回の記事では、『主演を演じたい俳優がとるべき行動』

という内容でお話し出来たらと思います。

もちろん自分は必ずしも主演じゃなくてもいいという俳優さんも

いらっしゃるとは思いますが

演じるならやっぱり主演がいいという俳優さんも

結構たくさんいらっしゃるんじゃないかなと思います。

じゃあどうすれば主演を演じられるのかを

僕なりの意見をお話し出来たらと思うんですが

もう最初に結論から言ってしまうと

そのとるべき行動というのは

『自分が主役の企画・シナリオを作って、監督に営業する』

ということです。

えーそんなこと出来るの?って思う方もいるかもしれませんが

そうやって自分が脚本やプロデューサーを兼任して

主演映画作っている俳優さんも結構います。

というのも残念ながらほとんどの場合、

まだ無名の頃は

誰かがあなた主演の企画を用意してオファーしてくれるということは

まずないからです。

じゃあどうすればいいかというと答えは一つで

自分で自分が主演の作品の企画・シナリオを書くしかないんですよね。

それに自分でシナリオを書けば、自分の実体験を元に書けたり

自分が世の中に投げかけたいメッセージを込めた作品に出来ます。

さらにそれを演じるのはシナリオを書いたあなた自身なので

他の誰よりも役の気持ちが理解出来て、他の誰よりもリアルに演じられるはずです。

もちろんいきなりシナリオを書くのは簡単じゃないですけど

それでも本気で主演映画を作りたいとしたら、

完璧なもの書き上げようとは思わなくていいので

脚本形式じゃなくて小説のような文章でも最初は構わないので

例えば月刊シナリオでいろんな映画のシナリオを見て

それを参考にしながら、少しずつ書き始めてみて下さい。

もちろんですけど、それを参考にはしても

似通った作品じゃ、監督さんもそれをよし撮ろうとはならないし

何よりあなたが作る理由、あなたが主演を演じる理由が無くなっちゃいますよね。

だからシナリオの核となるキャラやストーリーは

自分自身ととことん向き合って作っていくようにして下さい。

そうやって他人になかなか言えないような悩みだったり想いだったりを

シナリオにするのはなかなか勇気のいることではありますが

そういう深いものが核にある作品はきっと観る人の心を打つし

営業する監督さんも撮りましょうと言ってくれると思います。

次にどんな監督さんに営業するべきかなんですけど

商業映画をバンバン撮ってらっしゃる監督さんではなくて

今現在主に自主映画を撮っている、もしくは商業映画にも携わっているけれど

ご自分で自主映画も撮ってらっしゃる

そういう監督さんに営業するようにしてみて下さい。

人によっては、自分は商業映画の主演がやりたいから、商業映画を撮っている監督さんに

撮ってもらいたいという人もいるかもしれないんですけど

商業映画の主演をいきなり目指すというのは難易度があまりにも高過ぎるからです。

商業映画は、企業などのスポンサーがついていて、予算もかなりの額がかかるものなので

その莫大の製作費をしっかり回収出来るように、お客さんが確実に入るような

知名度、つまりファンをもっている人を主演、メインキャストとして

キャスティングしたいというのがあるからです。

もちろんこれを見て下さっているあなたが

例えば、ほんと例えばですけど大手事務所の看板俳優で

何十万、何百万のファンがいるとしたら

逆に主演のオファーがくるかもしれませんが

そうやって商業映画で主演を演じる俳優さんっていうのは

数数多とある芸能事務所の中のほんの一握りの事務所の

さらにその事務所の中のトップ数人がやっとなれるかなれないかの世界なので

いきなり商業映画の主演を目指すのは

正直かなりコスパが悪いと思います。

なので自主映画も撮ってらっしゃる監督さんに

自主映画の主演として営業した方がいいということです。

逆にいうとその主演自主映画がヒットして話題になれば

商業映画に出演できる道も開けるということも大いにあります。

自主映画撮られてる監督さんの中でどんな監督さんに営業すべきかというと

自分が作りたい作品の方向性と近い作品を撮っている監督さんにアプローチしてみて下さい。

声の掛け方としてはもちろんお知り合いの監督さんであれば、直接連絡してみるのがいいと思うんですけど

もし面識無い監督さんに依頼したいという場合は、その方のSNSに、ご自身の熱意が伝わるようなメッセージを送ってみて下さい。

あとはその方が近々ワークショップや舞台挨拶をされる予定があるようだったら、

それに参加して、直接相談してみるのが一番いいと思います。

その時に自分の書いたシナリオもお渡しするようにしましょう。

それと、他のキャストはどんな人に依頼しようと思っているかとか、

ロケ地はどこで撮影したいと思っているか

いつ公開目標で進めたいかなども伝えられるように

ある程度候補を立てておくとさらに良いと思います。

いろいろ考えないといけないことも多くて大変ではありますが

誰かが何か自分にオファーをしてくれるのを待つより

自分で自分が作りたい作品を主演として作ってしまう方が

断然あなたのキャリアアップも早くなると思うし

商業映画への出演にも繋がるので

ぜひチャレンジしてみて下さい。

もしどうしても自分では分からないという場合は

僕のYouTubeのメンバーズの中で行っているワークショップなどで

直接ご相談にも乗れたらと思います。

メンバーズについてはこちら

YouTube

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈ってます。

記事を最後まで読んで下さって

どうもありがとうございました!

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太【芸能界の勉強】
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】