レペゼン地球のDJ社長さんの一件から、タレントの方に伝えたい大事なこと

DJ社長,レペゼン地球,解散,解散理由,裁判,芸能界,闇,芸能界の闇, 俳優
DJ社長,レペゼン地球,解散,解散理由,裁判,芸能界,闇,芸能界の闇,

動画版はコチラ

レペゼン地球のDJ社長さんの一件から、タレントの方に伝えたい大事なこと

どうも、木全俊太です。

今日も記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は『レペゼン地球のDJ社長さんの一件から、タレントの方に伝えたい大事なこと』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

今回の記事でも、その頃の経験から

皆さんにお伝えしたいことをシェアさせて頂けたらと思います。

はい、というわけで今回は

少し前にですねYouTubeを観てたらですね。

DJ社長さんというね、皆さんご存知だと思うんですけど

もう解散されてしまいましたがレペゼン地球という

人気グループのリーダーでもあった

DJ社長さんの動画が話題になっていたみたいで

僕は正直DJ社長さんのファンというわけではないんですけど

その動画観まして

いろいろ思うところがありまして

あの動画では株式の話がメインで出てて

僕の記事読んで下さってる方はそんなに馴染みがない話題でもあるかもしれないんですけど

あの動画を観て、タレント志望の方にぜひお伝えしたいなって思ったことがあるので

記事を書こうと思いました。

あの動画でもDJ社長さんがレペゼン地球という活動名はもう使えなくなってしまったっていうお話

されてたんですけど

これはタレント志望の方も注意しなきゃいけないことでして

そもそもタレントが事務所に所属する時はですね

もちろん事務所によっても多少違うと思うんですけど

どんな契約を交わすことになるのか

どんな権利を事務所に握らせることになるのかっていうことは

ちゃんと把握してから所属しないとかなり危ないと思います。

もっと言うと

事務所を辞めた時に自分に何が残るのかって言うことは

ちゃんと考えた方がいいと思います。

活動名の話で言うと

例えばなんですけど

女優の『のん』さん、いらっしゃるじゃないですか?

のんさんは本名は能年玲奈さんというお名前で

前所属されてた事務所で本名で活動されてたのは

皆さん知るところだと思うんですけど

今本名で活動することが出来ないんですよね。

なぜなら事務所を退所されたからです。

要は元々本名でもある能年玲奈さんというお名前で活動されてたんですけど

事務所を辞めてしまったこともあり

その名前を名乗って営業活動をしてはならないっていう

ことになってしまったんですね。

本名で活動出来なくなるって

可愛そすぎません…?

事務所さんにもよりますが

なので芸名や活動名について退所後どんな縛りが出てきちゃうのかってことは

事務所入る時に契約書よく見て、それでも分からないことあれば

事務所の方にちゃんと聞いた方がいいと思います。

時々芸名が変わるタレントさんいらっしゃるじゃないですか?

もちろん全部が全部そういう理由じゃないですけど

その前後でその方に何があったか調べると

事務所移籍してるタイミングであることがかなり多いです。

他に契約書よく確認しておいた方がいい項目でいうと

契約期間ですかね。

僕もよく相談を受けるんですけど

事務所に入った後に

う〜んなんか違うな…退所したいな…って思ってもですね

契約によってはその一定期間は退所出来なかったりっていう

残念過ぎる事態に陥ってしまうんですよね。

さらに所属費、レッスン費など

マストでかかるお金があるとしたら

事務所辞めたいっていう気持ちなのに

お金だけは期間終了まで払い続けなくちゃいけないっていう

しんど過ぎる状況になってしまってる方もいるようです。

それもあまりにかわいそ過ぎるので

入ってみないとその事務所のことは分からないとはいえ

入る前に契約書をよく読んで

契約期間がどうなってるのかとか

もし退所したい場合はいついつまでに言えば出来るのかとか

ちゃんと確認してから所属することを強く強くお勧めします。

それと契約周りのことで僕が最近強く伝えたいこととしては

SNS周りのことなんですけど

この記事を読んで下さってるタレントさん

それも事務所に所属されてるタレントさんで

YouTubeや配信系のサービスされてる方

いらっしゃると思うんですけど

その収益って自分じゃなくて事務所になってませんか?

残念ながら事務所になっちゃってる方の方が多いと思うんですけど

これもよく考えるとまずくないですかね。

もちろん撮影とか編集とかを手伝ってあげてるんだから当然でしょ

っていうのが事務所側の言い分だと思うんですけど

今って別に撮影にしても編集にしても

ものすごい凝ったもの作る場合は別として

家で自撮りで撮る分には一人で全然出来ますし

もしちょっとロケ的な撮影したいっていう場合でも

なんか知り合いの動画クリエイターさんに

「ごめん、ご飯奢るから撮影手伝って!」とか言って

個人でお願いすることとかいくらでも出来るじゃないですか?

そうやってほぼ自分での稼働で運営出来るのに

動画の広告費は事務所に入るって

よく考えると変じゃないですか?

しかも事務所退所するってことになったら

このアカウントはうちのものねって話になっちゃったら

タレントさんかわいそすぎるじゃないですか?

だからそういう動画配信系サービスの収益配分がどうなってて

退所後にその所有権がどうなるのかっていうのは

まだ把握していないタレントさんは

今すぐ事務所に確認して下さい。

あと、もし収益配分してくれてはいるけど

金額的に事務所にピンハネされてる疑いがある場合は

明細を見せてもらって下さい。

YouTubeだったらアナリティクスっていう画面で月の収益出るので

自分のチャンネルの分析もしたいので

その画面スクショで見せてもらえませんか?って言ってみて下さい。

もしこの聞き方で渋られたら、ピンハネされてる可能性大です。

事務所所属で事務所名義でやった方が企業案件は多少取りやすいとかってこともあるとは思いますが

そう言ったメリットよりもデメリット方が目立つっていうケースが多い気がします。

この記事を芸能事務所の方がもし読んだらいい気がしないかもしれないんですけど

もうタレントの労働力使って搾取するようなこと辞めません?

もちろん良い条件の元やられてる事務所さんもたくさんあると思うんですけど

タレントに優しくない条件でやられてる事務所さんも残念ながらあると思うのでね

でもそもそも芸能事務所はタレントさんがいなかったら機能しないわけですから

ぜひタレントさん第一のクリーンな関係を築いてもらいたいなと思います。

タレントの皆さんにはですね、もし事務所から動画配信系サービスやYouTubeを

始めることを強く勧められたらですね

この辺りのことをよく確認して下さいね。

あとこれはフリーのタレントさんにも言えることですが

SNSとかのDMで動画配信系サービス関連の勧誘受けたりしたことないですか?

そういうのも同じことなので気をつけて下さい。

そう言ったことの対策法としてはですね

TwitterにしてもInstagramにしても

そういうSNSで

事務所のアカウントじゃない

完全に自分個人のアカウントを作って

そこにちゃんとファンをつけていくということをして下さい。

そしてもし万が一芸名を変えなくちゃいけないということになったりとか

YouTubeのチャンネル新しく立て直すことになった時に

そのSNSのアカウントで告知するようにすれば

そこのファンは来てくれるじゃないですか?

なので

事務所からは煙たがられるかもしれませんけど

権限が自分にあるっていうSNSアカウントを

なるべく早く作っておいて下さい。

そうすれば、事務所退所した時に

いろんなものを失うっていう事態は

避けられるんじゃないかなって思います。

もしYouTubeを新しく自分名義で作りたいんだけど

どうしたらいいか分からないという方は

ご相談頂けたらと思います。

これはDJ社長さんの動画観ても感じたことですが

最後の最後に皆さんの力になってくれるのは

所属してる事務所ではなく

所属してる会社でもなく

皆さんのファンです。

だからですね、その人数は関係なく

皆さんのこと応援してくれてる人のことは

大切にしてあげて下さい。

感謝の気持ちを日頃から言葉にしてみて下さい。

そういう方々は皆さんが困った時に

きっと力になってくれるはずです。

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

もし今回のようなことで悩んでいるお知り合いの方がいたらですね

よかったらこの記事シェアしてもらえたら嬉しいです。

この記事を読んで下さっている方が

タレントとして

安心して活躍していってもらえることを

祈ってます。

記事を最後まで読んで下さって

どうもありがとうございました。

木全俊太

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】