フリーランスの役者の活動方法 〜芸能事務所に入っていなくても俳優活動は出来ます〜

俳優,女優,役者,芸能活動,芸能事務所,フリー,フリーランス, 俳優
俳優,女優,役者,芸能活動,芸能事務所,フリー,フリーランス,

動画版はコチラ

フリーランスの役者の活動方法 〜芸能事務所に入っていなくても俳優活動は出来ます〜

どうも、木全俊太です。

今日も記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は『フリーの役者の活動方法』というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前木下ほうかさんなどがいらっしゃる芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって、自分自身も俳優をしていた経験があるんですが、今回の記事でもその頃にいろんな監督さんやプロデューサーさんから教わった大事だなと思うことを、皆さんにシェアさせて頂けたらと思います。

今回の記事では『フリーの役者の活動方法』というテーマでお話し出来たらと思います。

役者の方が芸能のお仕事情報を得る方法としては、今の芸能界のシステム上、芸能事務所に入っていることがやはり一番有効というのがどうしてもありますが、そうは言っても現時点で事務所に入れていなくて、今はフリーで活動中という役者さんもいると思います。

じゃあそういうフリーの役者さんは活動のしようがないのかというと、そういうわけではなくて、フリーでも出来る活動というのはたくさんあります。

なので今回の記事ではフリーの役者さんがどうやって活動していけばいいのかということを考えていけたらと思います。

もしかしたら読んで下さっている方の中には、映像作品や舞台などは全て、事務所に入っている人しか出られないものと思われてる方もいらっしゃると思いますが、事務所に入っていないフリーの方でも出られる作品はあります。

映像作品でいうと、いわゆる自主映画と呼ばれるものがそうで、そういった作品のオーディション情報は、芸能事務所に入っていない方でも知れるサイトがありまして、代表的なものだと『シネマプランナーズ』というサイトなどがそうなんですが、そういったサイトに載っているオーディションであれば、誰でも応募が可能です。

もちろんそういったキャスト募集しているオーディションは、まぁ言い方悪いですけど正直ピンキリというか、必ずしも絶対応募すべきという優良案件ばかりではないので、そこに載っているオーディションを片っ端から受けていくっていうのは逆に良くないんですが、良い募集の見分け方としては、まずは作品の詳細がちゃんと書かれてるかを見た方がいいと思います。

どんなあらすじの作品なのか、制作するのはどんな団体か、過去の実績、募集するキャストはどんなキャストか等が、説明されてる募集文かを見るのがいいと思います。

また、過去の制作作品の予告などがYouTubeで見れたりするかや、そういうURLが載ってなくても、過去の制作作品を自分でネットで調べて映像実際に見れるWEBページないか探してみて、出演したいと思えるような映像作品を、実際に過去に作っていることが確認出来たのなら、その作品には、迷わずエントリーすべきだと思います。

まとめると、監督の本気度が伝わってくる案件が、エントリーすべき案件だと僕は思います。

案件の中には映画学校の学生さんの作品もありますが、言ってしまえばそういう若い監督さんの中から、未来の大監督が生まれるものなので、侮らないでそういう方の作品募集にも目を向けるべきだと思います。

それと他の方法としては、都内で定期的にそういった良質な自主映画の短編作品をまとめて上映する、映画祭などのイベントが開催されたりするんですけど、そういう映画祭にはその作品の監督さんも参加されてることが多いので、そういう映画祭に足を運んで、自分がこの作品の監督さんの次回作出たいって思う作品があったら、その作品の上映後の舞台挨拶の後とかにその監督さんに話しかけて、「次回作ぜひ参加させて頂きたいんで、オーディションがあったら参加させて下さい」みたいな声の掛け方して、自分のプロフィールを渡すということをしてみるのもすごく良いと思います。

次に舞台に関してなんですけど、舞台もフリーでも出られる舞台はそれなりにあって、先ほど紹介させてもらったシネマプランナーズで募集されてることもあるし、実際に自分でいろんな劇団の舞台を観に行ってみて、自分がこの劇団の舞台に出たいって思える劇団があったら、その舞台の上演後とかに、きっとエントランスとかで主宰の方や劇団員の方に話しかけられる機会きっとあると思うので、ぜひ話しかけるということやってみてもらえたらと思います。

そうやって地道に自分の出演作品というものを増やしていけば、自分の演技力も人脈も高まっていくし、そうやってある程度の数のキャリアがそろってから芸能事務所のオーディションを受けた方が、事務所のスタッフさんもより興味を持ってくれて、オーディションの合格率っていうものも上がると思うんです。

あと、これまで結構何回か提案させてもらっていることなんですが、YouTubeでの発信活動っていうのも、フリーでも出来る有効な活動の一つだと思ってて、自分で例えば一人芝居をしている動画などをアップしたり、役者仲間と一緒に協力して短編作品作ってみて、それをアップするというのもすごくいいと思ってて、例えばそれを事務所のオーディション受けた時とかに、プロフィールと一緒にそのYouTube動画のURLとかをメールに載せれたら、事務所のスタッフの方もそれを観てくれて、他の応募者よりも、より注目してくれるキッカケになると思うんですよね。

出演できる作品が見つからなかったら、自分で作品作ってしまえばいいということですね。

もちろん自分で脚本書いたり撮影したりっていうのは大変ではあると思うんですけど、そういう経験は絶対に役者としてプラスになると思います。

そんなわけでフリーの役者としての活動方についてお話しさせて頂いたんですが、フリーでも出来る活動はたくさんありますので

皆さんもぜひ小さなことからでもいいので、取り組んでみてもらえたらなと思います。

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが、役者としてさらに活躍していってもらえることを祈ってます。

この記事が良かったなと思って下さった方は、Twitterなどでシェアなどもして頂けるととても嬉しいです。

記事を最後まで読んで下さって、どうもありがとうございました!

木全俊太

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太【芸能界の勉強】
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】