オーディションを受けるべき芸能事務所とは?

芸能事務所 オーディション オーディション
芸能事務所 オーディション

動画での解説はコチラ

『オーディションを受けるべき芸能事務所とは』〜元芸能マネージャーが伝えたいこと〜 #芸能事務所 #オーディション


どうも 木全俊太です。


今回はオーディションを受けるべき芸能事務所とは?というテーマでお送りしたいと思います。


今回も僕が芸能事務所でマネージャーをしていた頃の経験から学んだことをお伝え出来ればと思いますので、ぜひ最後まで読んで頂けたら嬉しいです。


突然ですが 皆さんはどんな芸能事務所が良い芸能事務所だと思いますか?

もし観て下さっている方で、これから俳優を目指したいって思っている方の中には、そもそも芸能事務所って入る必要あるの?って思っている方もいるかもしれません。


率直に言うと 必ずしも入らないといけないというわけじゃないです。


ただ 今の日本の芸能界で 商業的な、いわゆる多くの人が観るような作品に参加するには、芸能事務所に所属している方の方が有利なのが現状です。


特にテレビドラマやCMはそれが顕著で、メインキャストなら尚更です。


映画もそうですが ドラマやCMは制作費も膨大で、例えば事務所に入っていないキャストさんを採用して、その方が安易に撮影を飛ばして つまり失踪して、音信不通になろうものなら 多額の賠償金が発生しても、責任を取ってもらえない事態になってしまうわけです。


なのでそういうリスクを避ける為にも、制作会社は個人じゃなくて組織である芸能事務所に依頼するのが安心というわけです。


なので残念ながら 事務所に入っていないと、ドラマやCMや映画のオーディション情報すら入ってこないのが現状です。


じゃあどういう事務所に入るべきかということで、ここから本題に入っていきたいのですが、まず大前提として、絶対に知っておいてもらいたいことがあるんですけど、所属費というものがかかる事務所は、絶対に選んじゃ駄目です。


良い事務所は所属にお金は一切かかりません。


所属費がかかるということは仕事を通じて入ってくる事務所の売り上げが十分にないから、そうやって所属者から所属費をもらって運営費に充てているというわけですからね。


特に新人俳優さんはオーディションに合格出来たら嬉しいから、所属にお金がかかると分かっても、そういうものかと思って、入ってしまうケースがあるかもしれないんですけど、所属費がかかると分かったら、その事務所には絶対に入らないで下さい。


今まで俳優の友達で、このことで悩まされてる友達見てきたので、ほんとにこれは声を大にして言いたいです。


それじゃあここからは、どんな事務所に入るべきかなんですけど、事務所を選ぶ前に 自分がどんな活動をしていきたいかっていうことを決めることが大切です。


事務所にはそれぞれ得意なジャンルというものがあって、例えば 映画俳優を目指したいのに、舞台に強い事務所に入ってしまうと、自分のしたい活動が思うように出来ないということになってしまうんです。


なので自分がやりたいジャンルに強い事務所をまずは選ぶようにしましょう。


それとこれはあくまで個人的な意見ではあるんですけど、活躍している有名な方が1人でもいる事務所を選んだ方がいいと思います。


これはマネージャー時代特に感じたことなんですけど、有名な方がいるかいないかで 正直 事務所に対する制作会社の反応って全然違うんです。


事務所名だけ言っても顔ひとつ向けてくれなかった担当者が、売れている役者がいると分かると「あ〜〇〇さんのいる事務所ですか〜!」と急に反応が良くなるっていうケースを僕も何回も見ました。


有名な看板俳優さんのバーターとして出演が決まるっていうことも正直結構あります。


知名度のある俳優さんと同じ事務所というだけで、そうじゃない事務所の俳優さんより、信頼を勝ち取りやすいんです。


それとそういう著名な俳優さんがたくさん所属している有名な事務所は、その事務所所属というだけで、オーディションの審査員の方から一目置かれるということも正直あると思います。


もちろんそういう事務所に入るのは難しいですけど、挑戦する価値は絶対にあると思います。


なので皆さんも自分が心から尊敬している俳優さんが所属している事務所っていうのをまずはピックアップしてみるといいと思います。


事務所選びの次のポイントなんですけど、なるべく所属者が少ない事務所を
選ぶようにしましょう。


やっぱり所属者が多い事務所だとマネージャーに自分のことを営業してもらえる時間っていうのがどうしても減りがちなんですよね。


マネージャーさんも出来れば全ての人に同じように時間を使いたいですけど、 いろんな仕事やその期日に常に追われているので、所属者が多いとどうしても
平等には時間を割けないところがあります。


だからなるべく少人数制でやっている事務所を
選ぶのがいいと思います。


それと自分と同年代の同性が少ない事務所を選ぶことも大切です。


キャスティングの募集役は大体、18歳から22歳の女性とか、25歳から35歳の男性とか、ある程度イメージが決まってることが多いんですけど、ただでさえ他の事務所の何人もの同世代と競わなきゃいけないのに、同じ事務所に同世代がたくさんいると、その中でまず競わなきゃいけないことになります。


事務所のHPや紙資料で事務所の所属者一覧を、キャスティングの人に見てもらうにしても、同年代の同性がいなければ それだけで目立てるわけです。


少人数制の話とも重なりますが いづれにしても、なるべくライバルとなる人が少ない事務所を選ぶようにしましょう。


いろいろたくさん言ってしまったんですけど、でもなんだかんだ一番大事だなって思うことは、自分の事務所の役者を本気で売りたいって思ってる、そういう良いマネージャーさんがいる事務所に入ることだと思います。


これはなかなか入ってみないと分からない部分ではあるんですけど、そういうマネージャーさんがいる事務所を見つけるコツとしては、事務所自体は大手じゃないけど、すごく売れている役者さんがいる事務所だったり、HPの作りがしっかりとしている事務所っていうのは、そういう良いマネージャーさんがいる事務所の特徴だと個人的に思います。


事務所選びで重視したいことは、人それぞれだと思うし、もちろん最終的には
自分の直感を信じて選ぶのがいいと思いますが、もしまだ選ぶ基準が分からないよっていう方がいましたら、この記事でお話したことを一つの判断材料として
参考にしてもらえたらと思います。


皆さんが本当に入って良かったと心から思える事務所に入れることを祈ってます。


記事を最後まで読んで下さって、どうもありがとうございました。

木全俊太 SNS

【YouTube】https://www.youtube.com/user/kimashun

【Twitter】https://twitter.com/kimatashunta

テアトルアカデミーオーディション|youth/all/013_b