オーディションの通過率を上げる為に1番大切なこと 〜映画やドラマ、芸能事務所のオーディションに受かる秘訣〜

オーディション,芸能事務所,映画,ドラマ,俳優,女優,役者,タレント,モデル,歌手, オーディション
オーディション,芸能事務所,映画,ドラマ,俳優,女優,役者,タレント,モデル,歌手,

動画版はこちら

【完全保存版】オーディションの通過率を上げる為に1番大切なこと 〜映画やドラマ、芸能事務所のオーディションに受かる秘訣〜

どうも、木全俊太です。

いつも記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は『オーディションの通過率を上げる為に1番大切なこと 〜映画やドラマ、芸能事務所のオーディションに受かる秘訣〜』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

今回の記事でも、その頃の経験から

皆さんにお伝えしたいことをシェアさせて頂けたらと思います。

はい、というわけで今回は

『オーディションの通過率を上げる為に1番大切なこと 〜映画やドラマ、芸能事務所のオーディションに受かる秘訣〜』というテーマで

お話させて頂けたらと思います。

突然ですが、皆さんはどんな意識でオーディションに臨んでいますか?

もし事前課題が出ているのならその課題の台本を元に

役作りや演技プランをいろいろ考えると思うんですが

この時気を付けるべきなのは

自分の考えだけで決めつけないということです。

オーディションで大事にすべきなのは審査員から

どう見えるか

つまり「他者目線」です。

そもそも映画やドラマの脚本っていうのは

脚本家や映画監督、プロデューサーがずっと前から練り上げてきて

俳優がその形になったものを手にするのは一番最後と言ってもいい。

つまり脚本と向き合える期間で言えば俳優部が一番最後なんですよね。

これは主演なのか、はたまたワンシーンだけ出演の役者さんかによっても

脚本の受け取れる時期は変わってきます。

要は何が言いたいかというと

その脚本での、正解を持っているのは

決定権を持っているのは

審査員側だということ。

だからオーディション課題に対しても

自分の目線ではなく

審査員側の目線で

役作りや演技プランを立てた方が

通過率は上がるということです。

自分がどうしたいかではなく

「このオーディション課題では何を求められているか」

それを考えることが大事です。

なので役作りも自分の演じやすいように作るんじゃなくて

審査員側が想像している理想のキャラクターに合わせて

役をつくれるかが大事なんです。

俳優の向井理さんもあるインタビューで

オーディションで意識していることは何かを聞かれた時に

〝相手が何を自分に求めているかを考えること〟

と答えていらっしゃいました。

結果を出している役者さんほど

この他者目線は心得てるかと思います。

役作りや演技プランに関して

自分の主張を出すのはオーディションに通って

出演が決まってからかなと思います。

自分の表現したいことを提案して

それを聞き入れてもらえるのはあくまで

キャストとして迎え入れてもらってからです。

オーディションを受ける人のほとんどが

自分本位な役作り、演技プランをオーディションからやってしまって

審査員から「分かってないな〜」という印象を受けてしまい

落とされてしまいます。

だからこそ他者目線で臨めている人の演技は他の方とは違って印象に残り

審査員からも「あ、この子はちゃんと分かってるな」という印象になって

通過率が上がるんです。

あと他者目線を意識することは

これは演技だけじゃなくて自己紹介の時からもそうです。

自分が言いたいことを言うのではなくて

審査員は何を知りたいかという意識を持つことが大事です。

もっと言うとですね

オーディションの会場に入ってくるところから既に

審査の視点で見ているんですよね、審査員は。

なのでオーディションの準備の時から

会場での振る舞い方まで

他者目線を意識することは

非常に大切です。

それとこれはオーディションでの演技審査に限った話ではないですが

自分目線でしか見えてない人は

演技での立ち位置や顔や体の向きなどの意識が抜けてしまっているんですよね。

どんなに良い芝居をしても相手役と被って

審査員、またはカメラから見えない位置で演じてしまっていたとしたら

せっかくの演技も台無しです。

芝居に感情を乗せることは大事なのですが

自分を俯瞰して見るもう一人の冷静な自分っていうのも

常に作ることが大切で

立ち位置、体の向き、顔の向き、振り向く時の方向、

相手に触れるのならどちらの手で触れるかなどなど

常に相手から見やすいように芝居をする配慮が必要です。

いくら入り込んで演じても

見ている人に伝わる芝居じゃないと意味がありません。

自分で脚本書いて自分で作り出した役だったとしたら

自分の思い通りに演じてOKですが

ほかの人が書いた作品の役ならば

その人の頭の中を想像して

その人の理想のイメージを形にしてあげられるような

そんな役作り、演技をしてみてください。

もっと言うと

結果を出している役者さんはさらに

いざ完成したこの作品を見ている人に向けて届ける

そんな意識を持って演じています。

そもそもこの作品は

「どんな人にどんなメッセージを届けたい作品なのか」

それを考えているということです。

この、作品の視聴者にまでちゃんと届くような

喜んでもらえるような演技をするっていう意識

それを持ってオーディション臨める人は

かなり上位数%の役者に入れると思います。

審査員の、あなたの見え方も大きく変わります。

そもそも演技は自分のためにするものじゃなくて

他人を楽しませたり、喜ばせたり、感動させたりするためにあるものです。

誰かのために演じるという意識は

ぜひ忘れないようにしましょう。

それと

オーディションで決定権を持っているのはあくまで審査員なので

他者目線を持ってやれるだけのことをやったら

あとは潔く審査員側に委ねましょう。

例えそこまでやって落ちてしまったとしても

それは選ぶ側の役のイメージとあなたが作った役のイメージが

ほんの少しだけずれていただけだと思います。

でもこうやって他者目線を持ってオーディションを受けていけば

次第にそのマッチ度も上がっていくというか

相手が求めるものを的確に提示できるようになっていくものです。

これを見てくださってる皆さんにはぜひこんな意識を持ってもらって

オーディションの通過率を上げてもらえたらと思います。

そしてオーディションに合格して

いざキャストとして迎え入れてもらったらですね

自分がその作品を良くするために提案したいと思っていた

役作りや演技プランについて思う存分演出部と話し合ってみて下さい。

キャストに決まったあなたはその権利を勝ち取ったわけですからね。

自分の主張、個性を表現するのもそこからです。

皆さんの個性をスクリーンで見れるのを楽しみにしています。

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈ってます。

記事を最後まで読んで下さって

どうもありがとうございました!

木全俊太

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】