オリエンタルラジオさんや手越祐也さんの事務所退所から考える今後の芸能事務所に所属する意義

オリエンタルラジオ,オリラジ,吉本興行,独立,手越祐也,ジャニーズ, 俳優
オリエンタルラジオ,オリラジ,吉本興行,独立,手越祐也,ジャニーズ,

動画版はこちら

オリエンタルラジオさんや手越祐也さんの事務所退所から考える、今後の芸能事務所に所属する意義

どうも、木全俊太です。

今日も記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は『オリエンタルラジオさんや手越祐也さんの事務所退所から考える、

今後の芸能事務所に所属する意義』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前木下ほうかさんなどがいらっしゃる

芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

自分自身も俳優をしていた経験があるんですが

今回の記事でも

その頃の経験から皆さんにお伝えしたいことを

シェアさせて頂けたらと思います。

今年は多くの芸能人の方が事務所から独立されましたよね。

中でも大きなニュースになったのは手越祐也さんのジャニーズ退所、

そして今週にはオリエンタルラジオさんが吉本興業から退所され、

きっと驚かれた方も多かったニュースだと思うんですが、

なぜこういった大物芸能人の方が独立することが増えているのか

僕なりの考えを今日はお話出来たらと思います。

事務所に入りながら活動すること

そして事務所に入らずフリーで活動すること

両方ともメリットもあればデメリットもありますし

向き不向きみたいなこともありますが

芸能事務所に入らずフリーで活動するメリットとしては

やはり自分がしたい仕事、活動を自由に展開していけることですよね。

事務所によっては個人で取ってきた案件を受けることを

あまり良しとしない事務所もあったりすると思うんですけど

フリーであればそういったこともなく

自分で自由に案件を受けれるので

自分自身やりたいことが明確にある方は

フリーの方が断然やりやすいと思います。

オリエンタルラジオさんもYouTubeで様々な企画をして

動画出されてますけど

それはやっぱりお二人がやりたいこと、実現したいことが明確だから

あんな風にクオリティの高い動画をコンスタントに出せてるんだと思います。

手越祐也さんもYouTubeで色んな企画の動画を出されてますけど

何となくなんですが

テレビに出られてた頃よりも伸び伸び活動されてる気がするし

YouTubeで観るようになってから

手越さんのことを知ってファンになったという方もきっとたくさんいると思います。

もちろんテレビはそれなりに多くの人が携わって

予算もある程度かけて作られるので

YouTube動画の標準クオリティよりも

もっと高い水準の映像コンテンツになりますけど

その番組に出るタレントさんは

その番組ごとのコンセプトに合わせて

立ち振る舞わないといけないので

自分が本当に表現したいことだったり喋りたいことって

やっぱり表現しづらいと思うんです。

でもYouTubeであればそもそも企画から自分達で出来るので

頭から終わりまで自分がやりたいことを出来ますよね。

中田さんに至ってはつい最近からスタートしたYouTubeのWin Win Wiiinという番組は

もはやテレビと何ら変わらないクオリティで本当にすごいと思います。

だから、そういった企画力がある方といいますか

自分でやりたいことを自由に進めていきたいという人にとっては

フリーで活動することはすごく良いと思います。

それと今はテレビの視聴率が下がってきていて

おまけにコロナで舞台なども行いづらくなってきている中

YouTube動画の方がより多くの人に自分の芸を見てもらえるということで

YouTubeチャンネルを開設された方も爆増したのが去年2020年だったなと思います。

もはや芸能事務所は必要なのかっていうことも最近は疑問視されてるぐらいの状況ですよね。

ただここまで聞くと、じゃあ芸能事務所に所属せずフリーで活動した方が絶対に言いじゃんという方もいるかもしれないんですが

そうとは言い切れないところが今の芸能界の難しいところだと思います。

先ほどお名前挙げたオリエンタルラジオさんや手越祐也さんは元々テレビにもたくさん出られてて実績も知名度も相当あったからこそ

YouTubeを始めた時もある程度の期間で一気に何十万といきましたが、

それを今現在全く無名の方が何十万といくのは

相当難しいと思ってて

例えば歌がめちゃくちゃ上手いとか、何かのスキルがずば抜けてたり

メイクやスキンケアなどの多くの人が関心持ってることについての知識がずば抜けてあったり

例えそういったものがなくても、キャラが立ってるとか、トークが上手いとか、

普通に考えたらコンテンツにしづらいそういった日常を、面白く発信出来る人であれば

今現在全く無名でも伸ばせると思いますが

そうで無いとなると2021年からスタートして登録者何十万まで伸ばすのは相当難しいんじゃないかなって他人事ながら思ったりします。

これはYouTubeじゃなくてSNS全般に言えることだと思うんですが、例えばTwitterとかで今日はこんなもの食べましたー!とかでめっちゃリツイートやいいねつくのは

芸能人やインフルエンサーだけであって

無名の方が多くの反応もらう為には

”とにかく役に立つ”ことを発信していくか

”とにかく面白い”ことを発信していくか

みたいに、何か一つのコンセプトを決めて、

とにかくそのテーマに合わせて

他の人が勉強になるような、楽しんでもらえるようなものを

発信していくというのが一つと

あと一つは”他にライバルとなる人が見当たらない”ジャンルを選ぶのがすごい大事だと思います。

例えば今からエンタメ系の〇〇してみた系の動画で、伸ばすとしたら、相当何か尖った企画にするとか

他の人がやらないであろうことをしないと厳しいと思うし

逆にニッチ過ぎて、誰も検索しないであろうことをやると

なかなか伸びなかったりもします。

その点に関しては僕のYouTubeチャンネルもちょっとニッチ過ぎるのかなって若干悔やんでるんですけども(笑)

とにかくそれぐらい初めのコンセプト決めはめちゃくちゃ大事だと思ってて

そのコンセプト次第でそのチャンネルが伸びるか伸びないかの明暗が半分以上決まるといっても過言ではないと思います。

これは役者の役作りにも言えることだと思ってて

色んな役をそれなりにそつなくこなす器用な役者さんもたくさんいて、それはそれで素晴らしいと思うんですけど

そういう芝居で言うと受けの芝居というか、視聴者が気持ちを投影するようなそういう主役の役は

既に実績出してる大手の俳優さんが務められることが悲しいですが多いので

5番手6番手の役を狙っていきたいフリーの役者さんにとっては

芝居に関しても

何か他の人じゃ出来ないその人にしか出せない持ち味というか、芝居が出来ないと

なかなかそのサブのキャストの候補として

思い浮かべてもらうことって難しいかもなって思います。

ここでまた例に出していいかは分かりませんが

例えばですけどオリラジの藤森さんでいうところの”チャラ男”というブランディングとか

すごい上手いなって思ってて

聞いてる人によっては、そんな風に自分のキャラを限定したら

他の役で呼んでもらえないんじゃないかと思う方もいるかもしれないんですが、

逆にそうやって自分のキャラを明確にすることによって

そういうキャラが出てくる作品、番組の時に名前を思い出してもらいやすくなるんですよね。

斎藤工さんもセクシーな役どころでのハマり役があったからこそ

多くの人に知ってもらえるようになったと以前インタビューでおっしゃっていました。

だからSNSにしても役作りにしても、自分の売りを明確にすることはめちゃくちゃ大事だと思います。

なのでだいぶ話が長くなってしまいましたが、今後はもっと事務所を独立するタレントさんも増えていくんじゃ無いかなと思いますが

フリーはフリーの大変さがあって

知名度がまだ無いうちは個人に仕事が舞い込んでくるというのはまず無いことなので

何か一つの分野でのスペシャリストになってSNSでガンガン発信していくか

ちょっとこんなこと言うと芸能事務所の方には怒られちゃいそうですが

ある程度業界の人に名前を覚えてもらえるようになるまでは

事務所の力を借りて頑張って

ある程度指名でコンスタントに仕事もらえるようになってから独立を考えるという順序でもいいと思います。

なので芸能事務所からしたら、あまり所属タレントを縛り過ぎると、タレントも独立したい気持ちが強くなるものなので

仕事のギャラの配分に関しても、事務所が3割以上と取っている事務所は取りすぎだと思うし

役者が個人で持ってきた仕事をよく中身も知らずに却下するとか

個人でYouTubeやSNSをやろうとするのをよしとしないとか

そういう考えの古い運営をしてる事務所は

今後どんどんタレントが抜けていって自分達の首を閉めることになると思うので

逆に事務所はそういった個人の活動をサポートするようなことに

力を入れていくようにしないと本当に厳しくなるんじゃないかなって思います。

だから事務所も事務所でタレント頼みのビジネスじゃ駄目だし

タレントもタレントで事務所に依存していると

いつまでも安定しないということになってしまうので

来年の2021年は

自分からどんどん動いていかないといけない年になるんじゃ無いかなと思います。

そんなわけで今回は

オリエンタルラジオさんや手越祐也さんの事務所退所から考える今後の芸能事務所の意義について

僕なりの考えをお話させて頂きました。

皆さんもご自身の理念や、理想とする活動に応じて

芸能事務所に所属するか

あえて所属しないでやっていくか

年末年始でじっくり考えてみてもらえたらと思います!

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈ってます。

記事を最後まで読んで下さって

どうもありがとうございました!

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太【芸能界の勉強】
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】