【これをやったら1発アウト!?】仕事が無くなるタレントさんの共通点 3選

俳優,女優,役者,芸能事務所,芸能界,芸能活動,NG, 俳優
俳優,女優,役者,芸能事務所,芸能界,芸能活動,NG,

動画版はこちら

【これをやったら1発アウト!?】仕事を失うタレントの共通点 3選

どうも、木全俊太です。

いつも記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は『仕事が無くなるタレントの共通点 3選』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

今回の記事でも、その頃の経験から

皆さんにお伝えしたいことをシェアさせて頂けたらと思います。

はい、というわけで今回は

『仕事が無くなるタレントさんの共通点 3選』というテーマで

お話し出来たらと思います。

今回は人によってはだいぶ耳が痛いような記事かもしれません。

僕もこういうこと本当は言いたくないんですが

先日ある監督さんに、厳しい意見も伝えていくべきだよというありがたいご意見を頂きまして

こういうことも記事にしなきゃなと思い書きました。

たしかに耳障りのいいような言葉だけ言っているのって

ほんとにその人の為にはならないよなと思うし

嫌われる覚悟で、言わなきゃいけないなと思ったので

なので今回の記事、ぜひよかったら最後まで読んでいって下さい。

それでは早速いってみましょう。

仕事が無くなるタレントさんの共通点 1つ目

遅刻癖があることですね。

これは本当に気をつけた方がいいと思います。

もちろんどうしても致し方ない理由の時もあるとは思うんですけど

8割9割は、その人が注意していれば防げたケースがほとんどだと思うんですよね。

もしその現場がその人がいないと進まないシーンからの撮影だったとしたら

その方が遅れたことによって現場が進まないわけですよね。

もしその撮影場所が終わり時間が決められていて

もし一人遅刻してきたことによって

その日に撮るシーン撮りきれなくて追撮とかになったら

決して少なくない金額の追加料金発生してしまうわけです。

タイムイズマネーなんて有名な言葉ありますけど

芸能界は特に時間厳守は基本中の基本かなと思います。

そういう僕もですね

昔、役者活動していた頃に一回やらかしちゃって

現場到着遅れちゃったんですよ…

幸いその時はその後の撮影巻いて

予定していたところまでその日中に終わったんですけど

気のせいかも知れませんが、遅れちゃった時のあの周りからの視線

めちゃくちゃ痛いじゃないですか…?

申し訳なさで心一杯になりますよね…

そんな心理状況で良い芝居なんてまず出来ないと思います。

だから皆さんもですね、現場に行く時路線調べると思うんですけど

ギリギリ到着の路線で行くんじゃなくて

その一つ二つ早いの路線で現場向かうようにしましょう。

そうすれば現場にも早めに着いて

「今日の現場はこんな感じか」と

「なるほど小道具としてこんなものがあるのか」と

「じゃああの小道具芝居の中で活かせるかもな」とか

場合によってはその日の芝居にも活かせるようなヒントが掴めるかも知れません。

それも何より早めに現場到着したことによる心の余裕があってこそですよね。

だから皆さんも現場の日は早めに家を出ましょう。

これはワークショップでも全く同じです。

売れていく方はワークショップも現場と同じぐらいの意気込みで臨んでるものです。

当然オーディションもそうで、どんなに芝居が上手くても

遅刻してきた時点でそのオーディションは8、9割落ちたと思って間違いないかなと思います。

なので皆さん普段から時間厳守、意識していきましょう。

そうは言っても、朝苦手で起きれねえんだよと

そういう方もいると思います。

なので次の日朝から現場という場合はですね

もう目覚まし何個かかけましょう。

僕なんてスマホのアラームプラス時計2つ使ってます。

何の自慢なんでしょう?って感じですけど

朝起きれないならそれぐらいでいいと思います。

あと時計もですね、手が届く位置に置いとくのやめましょう。

朝起きた時、人間ってもうIQ2とかじゃないですか?

だから止めて二度寝なんてあるあるなんで

ベッド出て立ち上がって何歩か歩いてようやく止めれるようなところに時計の一つは置くようにしましょう。

話戻すんですけど

とにかく芸能界において遅刻は厳禁なので

普段から時間通り着けるような心がけをしていくようにしましょう。

続いて

仕事が無くなるタレントさんの共通点 2つ目

ドタキャンですね。

これはもっともっと深刻ですね。

いろいろ事情はあると思います。

体調が悪かったりとか

何かしら都合が悪くなったりとか

でもですね、直前でのキャンセルだけはやめましょう。

これをやっちゃうと他の方に多大なる迷惑がかかってしまいます。

止むを得ないような事情もあるとは思うんですけど

でも、例えばオリンピックの選手が4年に一度の大会で

体調不良で欠席と絶対しないじゃないですか?

4年間の血の滲むような努力を無駄にするわけにはいかないし

超絶カッコ悪すぎますよね。

オリンピックの例は極端だろって思われるかもですけど

芸能界においても直前でのキャンセルは言語道断なところがあります。

それをやっちゃうともうその現場の制作会社、監督からは2度と仕事もらえないと言っても

決して過言ではないと思います。

つまり体調管理もタレントにとっては大事な仕事なわけです。

歌手の方もいつでも最高のパフォーマンスが出来るように

喉のケアめちゃくちゃしてるじゃないですか?

役者さんもそれと同じぐらい体調管理に気を配っても

決してやりすぎではないと思います。

スケジュール管理にしてもそうですね。

現場やオーディションのスケジュールは

ダブルチェック、何ならトリプルチェックぐらいして

スマホや手帳のカレンダーとかに確実に入れるようにしましょう。

スマホのカレンダーで通知と予備の通知を前日と当日に飛んでくるように設定するとかすれば

すっぽかしちゃうこと、防げるはずです。

ここは気を付け過ぎるぐらい気を付けていきましょう。

あとこれは余談ですが、本当は違うのに

嘘の理由で休むのはやめましょう。

業界の皆さんも大人なので追求はしませんけど

「あ〜これ嘘ついてるんだろうな〜」って何となく分かります。 

皆さんだって友達から何か誘い断られる時

あ、これは単に行きたくなくなっただけだろうな〜って何となく分かるじゃないですか?

そのタイミングだったり、断りの理由だったり、ラインの文面とかから見て。

芸能界も広いようで狭い業界なので

悪い噂はすぐに広まっちゃいますからね。

口うるさいこと言ってしまって本当に申し訳ないのですが

この点に関しては、何より自分の身を守る為にも

気を付けていきましょう。

仕事が無くなるタレントさんの共通点 3つ目は

メールやラインのレスポンスが遅いことですね。

レスポンスが全くないとかは論外なんですけど

返信がものすごく遅いのも問題です。

マネージャーさんからの電話やメール、折り返しや返信が翌日になっちゃってる人いませんかね?

もちろん学校行ってたり、アルバイト中だったり

電話とか取れない時ももちろんあるし、それはマネージャーさんも理解してます。

だけど、休み時間とか、帰る時とか、どんなに遅くともその日中には気付くじゃないですか?

それなのに、すみません忙しくて〜とか、バタバタしてて〜とか返信が翌日になっちゃう新人タレントさん

いると思うんですよね。

でもどんなに忙しくてもどこかしら携帯見れるタイミングあるでしょうし

その日中には、遅くとも次の日の朝にはレスポンス出来ると思うんです。

もちろんずっと肌身離さず携帯持って四六時中確認なんてもちろんしなくていいですけど

都度都度確認する癖は絶対つけた方がいいと思います。

そもそもなんでレスポンス早くないといけないかっていうと

例えばスケジュール確認についての連絡だったとしたら

あなたがその日スケジュール空いてるか空いてないかによって

マネージャーさんのその後の動きが

もっと言うとキャスティングの方の動きが変わってくるからです。

そのオーディション、エントリーするかしないかから始まり

NGの時間帯はあるのかないのかとか

もし他にスケジュール被りそうな別の案件があったら

そっちと調整を試みたりとか

あなたのその返答次第でマネージャーさんのやるべきことも変わってくるわけです。

だからマネージャーさんが次の行動にすぐに移れるように

レスポンスはなるべく早くしましょう。

よく断りの返信がしづらくて後回しにしちゃう方いるとも聞きますが

断ること自体は全然悪いことじゃ無いですけど、いつまでも返答しないのは悪いと思います。

声かけた側も駄目なら駄目でいいから早く回答してくれと思ってると思います。

あと事務所によっては下手したらタレントの自由が全然尊重されてなくて

オーデション明日のこの時間に決まったから〜みたいに

参加の意思とか希望一切組まずに決定事項として連絡くる事務所さんもあるぐらいと聞くんですけど

そういう事務所さんに比べたらまだ確認の連絡くれる事務所は良心的なわけなので

そのマネージャーさんの恩を裏切らないように、レスポンスはなるべく早くしましょう。

そもそも

これは仕事の連絡に限ったことじゃありません。

ある方がおっしゃっていた言葉なんですけど

返信スピードに、その人が相手のことをどれだけ大事に思っているかが現れてる

っておっしゃっていた方がいて

本当にそうだなって思います。

結局どれだけ相手を思いやれるか、相手目線で考えられるかですよね。

レスが遅くて困ることはあるけど、早くて困ることは一つもないと思います。

僕の周りでも仕事が出来る方は皆さんレスすっごく早いですね。

だから、もしスケジュール確認の電話やメールがきたら、

現時点で空いてるのか、確認が必要なら

今確認中なんですけど、いついつにはハッキリするはずなので

それまでにはお伝えしますって言う風に

いつまでに回答が出来るのかっていうところまで

ちゃんと返答しましょう。

そうすればマネージャーさんも

これ何待ちなんだろうってモヤモヤする時間も無くなります

あとこれもよく聞く話なんですけど

レス遅い方に限って

Twitterとか見てたらちゃっかりツイートしてたりとかして

まぁもちろんツイートも大事ですけど

それ見たマネージャーさんは

お前の優先順位どうなってんねん!?って思って

信頼されなくなっちゃうと思うので

優先順位、気をつけましょう。

具体的に

タレント志望の方に明日から気をつけてもらいたいこととしてはですね

2度見しないことですね。

「あ〜誰々さんから連絡来てるわ〜でも何て返信したらいいか迷うし、後で返信しよ!」って思うんじゃなくて

誰かからメール来てるの気付いたら、気付いた時に返信しちゃいましょう。

どうせ返信しなきゃいけないんなら先送りにするんじゃなくて先にやっちゃいましょうよ。

メールやラインの連絡後回しにする人に限って全てにおいて後回し癖がある人が多い気がします。

そうやって日々やりとりする連絡のキャッチボールの、そのボールを自分のところで留めないで

すぐに相手に投げ返しましょう。

きっと相手の方はすっごく助かると思います。

え〜そんなわけで今回は

仕事が無くなるタレントさんの共通点

という厳しいテーマのお話を僭越ながらさせて頂いたんですが

いかがだったでしょうか?

人によっては当たり前でしょって思われた方もいるとは思いますが

逆に今日言ったような、毎回早めに現場入りするとか、レスポンス早めにするとか

こういったことを続けていると

マネージャーさんからはもちろんのこと

お仕事相手の方からも好感を持たれて

実際仕事も増えていくと思います。

結局芸能界のお仕事は

人と人との関係性が全てみたいなところありますから。

普段からこういう人としての思いやりみたいなもの持った言動取れている人は

その人のパフォーマンスにも現れるものですしね。

なので皆さんもこういったことに気を付けて頂いて

愛されるタレントさんになってもらえたらと思います。

そういう僕もですね

こういうこと気を付けていきたいと思います。

一緒に改善していきましょう。

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈ってます。

記事を最後まで読んで下さって

どうもありがとうございました!

木全俊太

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】