『絶対に関わってはいけない俳優』

関わってはいけない人 俳優
関わってはいけない人,特徴,関わってはいけない人の特徴,5選,人間関係,ストレス,人生,悩み,関わってはいけない人 特徴,関わってはいけない人 職場,関わってはいけない人 スピリチュアル,関わってはいけない人 2ch,関わってはいけない人 本,関わってはいけない人 直感,関わってはいけない人 サイコパス,不倫,誹謗中傷,

動画版はコチラ

関わってはいけない人 3選 〜俳優編〜

どうも、木全俊太です。

今回は『関わってはいけない人 3選 〜俳優編〜』というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前木下ほうかさんなどがいらっしゃる俳優事務所でマネージャーをしていたことがあって、自分自身も俳優をしていた経験があるんですが、今回の記事でもその頃にいろんな監督さんやプロデューサーさんから教わった大事だなと思うことを、皆さんにシェアさせて頂けたらと思います。

今回の記事では『関わってはいけない人 3選 〜俳優編〜』というちょっと強めのテーマでお話ししていこうと思います。

自分が今まで接してきた俳優さんの中で、こんな人とは関わらない方がいい”ワースト3”を発表していこうと思います。

関わってはいけない人 第3位は「マウントを取ってくる人」です。

皆さんの周りにもいませんかね?

自分の今までの出演歴とかを聞いてもないのに、言ってくる人。

オーディションの自己PRでだったら自分の過去の出演歴を、自分から話す時も必要だとは思いますが、普段の俳優同士の会話では相手から聞かれた場合は別として、自分から過去の出演歴を話すことはあんまりしない方がいいと思います。

自分の今まで関わってきた俳優さんを思い返しても、尊敬出来る俳優さんは、自分の過去の栄光をベラベラと話たりは決してしなかったです。

常に謙虚なんですよね。

口ではそんな偉そうなことは言わないけど、芝居したらめっちゃ上手いみたいな、これはお世話になった映画監督の冨樫監督も

おっしゃっていたことなんですけど、良い俳優はあまり自分の多くを語らないということをおっしゃっていて、本当にそうだよなと思ってて、素晴らしい俳優さんはみんな口じゃなくて、行動や実績で示すところがあるなと個人的には思ったりします。

関わってはいけない人 第2位は「自分の演技プランを押し付けてくる人」です。

これは自分の演技が正解だというプライドが高い人にありがちだと思うんですが、そもそも演技に正解なんてないわけで、自分一人だけで演じる一人芝居のシーンならまだしも、2人とか3人とか複数で演じるシーンはお互いのコンビネーションが大事なので、誰か一人が自分勝手な演技をしてしまうと、途端に芝居の調和が崩れてしまうんですよね。

もちろん自分なりの演技プランを持つことは大切ですが、自分はこういう演技したいからあなたはこう動いてみたいに指図するんじゃなくて、自分はこういうシーンにしたくて、こういう演技をしようと思うんだけどどうかな?みたいに提案するような言い方にして、ちゃんと相手役の同意を得てシーンに臨んだ方が、相手役も気持ちよく演技が出来るし、結果的にそのシーンも良いシーンになると思います。

もちろん実際に現場などで、必ずしも相手の同意を得られないケースもありますが、大事なのは自分がこう演じたら相手役に何か不都合出ないかなとか、シーンの雰囲気壊さないかなってことをよく考えてから演じることだと思います。

なので自分のことだけ考えて演技プランや意見を言ってくるような人とは、可能な限り関わらないようにしましょう。

関わってはいけない人 第1位は「否定的なことばかり言ってくる人」です。

これはもう俳優に限った話じゃないんですけど、否定的な言葉ばかり浴びせてくる人の周りにいると、確実に消耗します。

特に自分の芝居や活動について、感情的に否定の言葉浴びせてくる人は、本当に関わらない方がいいと思います。

すごい大御所で体育会系な監督さんならまだしも、同じ俳優というポジションで、ましてや演技や活動に絶対の正解なんて無い中で、否定的な言葉を浴びせてくる人っていうのは、あなたのことを本当に想って言ってくれてるんじゃないんですよ。

人の心を理解するのが何より大切な俳優という仕事において、自分がこういう言葉浴びせたら相手はどう思うかなっていうことを考えられない人っていうのは、俳優としてどうなのかなって思っちゃいます。

なので皆さんもこういう俳優さんとはなるべく関わらないようにしましょう。

逆に良い俳優さんは自分の意見や考えだけを言うんじゃなくて、ちゃんとあなたの意見や考えも聞いてくれる俳優さんです。

こういう俳優さんは根本的にまずあなたのことを理解しようという姿勢で接してくれるので、すごく対等なコミュニケーションが取れるんですよね。

例えば自分が何か悩み事とか他人に相談したいことがあった時、そういう俳優さんなら必ず親身になって聞いてくれるはずだし、きっとあなたの為を想ったアドバイスをしてくれると思います。

なのでこういう俳優さんとは逆に積極的に関わった方がいいと思います。

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを観て下さっている皆さんが、役者としてさらに活躍していってもらえることを祈ってます。

記事を最後まで読んで下さって、どうもありがとうございました!

【Twitter】 

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太【芸能界の勉強】
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...