『演技の上手い・下手とは?〜練習方法も解説します〜』

上手い,下手,演技,芝居,俳優,女優,役者, 俳優
上手い,下手,演技,芝居,俳優,女優,役者,

動画版はコチラ

演技が上手い人と演技が下手な人は何が違うのか? 〜練習方法も紹介します〜

どうも、木全俊太です。

今回は『演技の上手い・下手とは?〜練習方法も解説します〜』というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前木下ほうかさんなどがいらっしゃる俳優事務所でマネージャーをしていたことがあって、自分自身も俳優をしていた経験があるんですが、今回の記事でもその頃にいろんな監督さんやプロデューサーさんから教わった大事だなと思うことを、皆さんにシェアさせて頂けたらと思います。

今回の記事では『演技の上手い・下手とは?』というテーマでお話し出来たらと思ってまして、記事の最後には実際自分の演技がそのどちらになっているかを確かめる方法についてもお伝え出来たらと思うので、ぜひ最後までお読み頂けたらと思います。

では早速本題に入っていきます。

よくあの人の演技は上手いとか、あの人の演技は良くないとか、そういう話出たりしますが、そもそも演技の上手い・下手って何なのかということを考えていこうと思います。

ただ前提として、演技にはいろんなスタイルや表現方法があって、上手い、下手の物差しも人それぞれの一意見でしかないので、これから僕がお話することもあくまで僕個人の意見にはなってしまいますが、今までいろんな監督さんや演技トレーナーの方から演技についてのお話を聞いてきて、なるべく客観的に、こういう演技は良い、こういう演技は良くないと言われやすいですよというお話をしていけたらと思います。

どんなスタイル・ジャンルの作品であれ、今からお伝えする1つのことだけ注目すると、その良し悪しが分かるというお話になります。

その1つとは“リアルかどうか”です。

これは何もSFとかコメディのような、少し非現実的なストーリーのお芝居が良くないという話ではありません。

そういうジャンルの作品にはその作品なりの世界観があって、大事なのは”どれだけその世界観に入り込んで演技が出来るか”ということです。

もっというと、”観ている人がその作品の世界観に入れ込めるような演技が出来るか”ということです。

具体的には、その役者さんがその作品の中で相手役と、“ちゃんと対話しているか”ということでもあります。

これはなかなか言葉では説明しづらいことではあるんですけど、例えば映画やドラマである一人の役者さんの演技に注目して観た時に、自分が相手役だったら、その台詞がちゃんと自分に言われているように感じられるかどうかということです。

もし普段自分の周りにいる生きた人間から言われているように感じられたら、それは上手い演技だと思います。

逆にその役者さんの台詞が、どうも入ってこない、普段自分の周りにいる生きた人間から言われているようには感じられないなら

それはあまり上手いとは言えない演技だと評価されがちだと思います。

そもそもドラマや演技は、SFとかギャク要素強めなコメディなどは別として、基本的には現実社会のある一部を切り取ったような世界観の作品がほとんどです。

つまりそのドラマや映画の役者さんの演技を観た時に、僕らが普段観ている日常の景色や人のやりとりと同じように観れると

それはとっても上手い演技だと思います。

逆にその演技を観ていて「いやいや普段日常の中で人ってそんな風にしないよね?」っていう演技は、残念ながらあまり良くない演技と言われがちだと思います。

言ってしまえばポーズだったり雰囲気だけで演じてしまっている演技ですかね。

なので普段映画やドラマを見る時にはこういった視点で観ると、上手い演技とはどういう演技か、ということが見えてくるんじゃないかなと思います。

それと実際に自分の演技がどう見えているかを確認する方法としては、自分が例えば演技のレッスンで役者仲間とお芝居をする時に

その演技している自分をビデオで撮影して、それを見返してみるのが良いと思います。

そしてビデオの中で演技をしている自分は、普段日常で観る人と同じように観えるかを、ぜひ確かめてみてもらえたらと思います。

きっと自分の演技の良し悪しが、客観的に把握出来ると思います。

ということで今回の内容をまとめると、演技の上手い・下手を見極める上で大事な一つは”リアルかどうか”ということ、

それはつまりその役者がちゃんとその作品の世界観を信じ、入り込んで演じているかであり、自分が普段日常の中で接する人や観ているやりとりと同じように、その役者さんのお芝居の言動が観えるかどうか、というお話でした。

そんなわけで皆さんも、ドラマや映画を見る時や、自分が演技のレッスンをする時には、こういったことも意識して、取り組んでみてもらえたらなと思います。

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが、役者としてさらに活躍していってもらえることを祈ってます。

記事を最後まで読んで下さり、どうもありがとうございました!

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太【芸能界の勉強】
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】