『泣く演技が出来るようになる方法 〜芝居で涙を流すには〜』

泣く 演技 方法 コツ 練習 俳優
泣く,泣く 演技,泣く 方法,泣くな赤鬼,泣ける,演技 泣く コツ,演技 泣く,演技 泣く 練習,演技 泣く 方法,演技 泣くには,演技 泣くためには,演技 泣き方,

動画版はコチラ

泣く演技が出来るようになる方法 〜芝居で涙を流すには〜

どうも、木全俊太です。

今回は『泣く演技が出来るようになる方法』

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前木下ほうかさんなどがいらっしゃる

俳優事務所でマネージャーをしていたことがあって

自分自身も俳優をしていた経験があるんですが

今回の記事でも

その頃にいろんな監督さんや

プロデューサーさんから教わった大事だなと思うことを

皆さんにシェアさせて頂けたらと思います。

今回の記事では『泣く演技が出来るようになる方法』というテーマでお話し出来たらと思ってまして

記事の最後には実際自分の演技がそのどちらになっているかを確かめる方法についても

お伝え出来たらと思うので

ぜひ最後までお読み頂けたらと思います。

では早速本題に入っていきたいと思います。

泣く演技、難しいですよね。

演技において一番難しいのが

この泣く演技だと個人的に思ってるんですけど

最初にお伝えしておかないといけないのですが

今からお伝えする方法は

決してこれをやれば必ず泣けますよという方法ではありません。

プロの俳優さんでも泣けない時は泣けないこの泣きの演技なので

逆にこれをやれば必ず泣けるという方法があれば誰も苦労しないですよね…

でも泣きの演技が出来るようになる近道といえる方法はあります。

なのでこれからその方法についてお伝え出来たらと思うのですが

まず泣きの演技で上手く泣けない人が陥りがちなこととして

“泣こう泣こう”、“泣かなきゃ泣かなきゃ”

と思ってしまっているというところがあります。

そういう風に頭で考えてしまうと残念ながら涙は出てこないと思います。

涙って何か悲しいっていう感情になってる時に出てくるものだと思うんですが

泣こう泣こうと考えている時点で悲しい気持ちとは違う感情が

悲しいというより焦りの感情が頭を支配しちゃってると思うんですよね。

なので矛盾して聞こえてしまいがちかもしれませんが

泣く演技をする上でまず大事なのは

泣こう泣こうとしないことです 。

それじゃあ何を考えればいいかというと

なぜこの役はこのシーンで泣いているのかを考えることです。

もっというとその役の置かれている状況を深く理解して

その役の気持ちを想像してみるということです。

ちょっと抽象的なので分かりやすく言うと

例えば恋人を亡くして涙を流すというシーンだったら

この役にとってその恋人はどういう存在だったんだろう

その恋人との出会いはどんな出会いで

その恋人はどんなことを今までその役にしてきてくれたんだろう

楽しかった思い出は何かとか

逆にぶつかってきたのはどんなことかとか

そうやっていろんな時間を共有してきたその恋人が死んでしまった

もう2度と会えなくなってしまった

それがこの役にとってどれだけ悲しいかを

自分のことのように感じられるまで深く

想いを馳せてみることが大事なんじゃないかなと思います。

そう聞くといやいやそんなたくさんのこと短い本番の時間の中で

感じれないよと思う人もいると思うんですが

そうなんです。

その通りで

本番でいきなりその役の泣きたくなる気持ちに急になろうとしても

それは無理だと思います。

演技全般にも言えることですが

なので泣きの演技は特に

その本番の日までにどれだけその役の心情を理解する準備を

してきたかが何より大事だと思います。

そうやってその役の気持ちを深く理解すればするほど

本番で自然と泣きたくなってくる感覚になると思います。

なので逆に本番で涙が流せないとしたら

それは役の落とし込みが

役を理解しようとする時間が、気持ちが足りていなかったということとも言えると思います。

よく役の気持ちじゃなくて

自分が実際に悲しかったことを思い出して泣こうとするっていう人もいて

それはそれで自分の感受性を豊かにするという意味では

すごく大事な訓練法ではあると思いますが

泣きの演技にもいろんな泣き方というか

涙があると思うんですが

俳優自身の体験から泣こうとすると

それはその役としての涙とは言えなくなってしまうと思うので

あくまで役の気持ちになって泣くという方が僕はいいと思います。

ここからはちょっと違う視点のお話をしていけたらと思うんですが

俳優の竹内豊さんが以前インタビューでこんなことをおっしゃっていて

僕は泣きの芝居では泣こう泣こうと思わず逆に泣かないぞと思うようにしていると。

でも泣かないぞと思うほど泣けてくるんです。

というお話をされていて

すごく興味深いお話だなと思ったんですが

たしかにそもそも僕ら人間って基本的には自分の感情を隠す生き物だと思うんです。

泣くっていうこと一つ取っても

普通自分が涙を流してるところなんて人から見られたくないじゃないですか?

まぁ小さい子のようにお父さんお母さんに何かを訴え掛けたくて

人前であっても泣くちっちゃい子もいますけど

基本的に人は大人になるにつれ

理性というものが備わっていくので

人前で泣こうとはしないわけです。

これが演技とどう関係があるのっていう話だと思うんですが

普通の日常では感情を隠してるのに

芝居になると

特にまだ芝居を始めたばかりの人は

自分の感情を見せよう見せようとして

自分は今悲しいんですとか

自分は今怒ってるんですみたいな

言ってしまうとすごくあからさまで分かりやすい演技を

してしまいがちだと思うんです。

だから自分の役が理性も備わっているであろう

大人の年齢の役なのであれば

泣きの演技であっても

自分は悲しんでいるということを相手役や観ている人に伝えようとするような

オーバーな泣き方しないですよねっていうことです。

そもそものベクトルがズレちゃってるというか

悲しんでいることを表そうとしてる時点で

役の感情に慣れてないですよねっていう話になってしまうんですよね。

なので最初の話に戻りますが

泣こう泣こうというアプローチはそもそも大人の人間の理性的に

不自然で

でも役の気持ちというものがちゃんと深く理解出来ていれば

泣かないぞと思っていても

むしろ泣かないぞと思うからこそ

それでも止められないものが涙になって出てくるんだと思います。

なのでまとめると

泣きの演技をする為に一番大事なのは

泣きたくないっていう本来の理性も崩壊してしまうぐらい

この役が涙を流してしまった理由は何なのかという

その役の感情を深く理解することが一番大切だと思います。

僕らが普段映画やドラマを観ていて涙するのって

その役の背景を見てきたからだと思うんです。

役者さんが涙を流すシーンをそのシーン単体で見せられても

感動して涙流すってことないじゃないですか?

ドラマや映画を頭から見てきて、その役のこれまでの経緯を知ってるからこそ

その役が涙を流すシーンで

その涙のわけが実感できて

自分も観ていて涙が出たりするんだと思うんです。

なのでもし自分が演じる役に涙を流すシーンがあるとしたら、

そのシーンを演じる日までに

その役がそのシーンを迎えるまでにあったこれまでのことを

一緒に一つ一つ丁寧に振り返ってみてもらえたらと思います。

そうすればきっとその役の気持ちが自分の気持ちとシンクロして

泣こう泣こうなんて思わなくても

涙が出てくると思います。

なかなか口で言うのは簡単で

実際やろうと思ったら大変なことではあるんですが

泣くシーンがある役をやることになったら

ぜひこのアプローチを思い出して

試してみてもらえたらと思います。

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈ってます。

記事を最後まで観て下さって

どうもありがとうございました!

【Twitter】 

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太【芸能界の勉強】
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...