『役者の養成所や専門学校には行くべきか?』

俳優,声優,養成所,専門学校,役者,オーディション, 俳優
俳優,声優,養成所,専門学校,役者,オーディション,

動画版はコチラ

俳優・声優の養成所や専門学校のオーディションを受けるべきか迷っている人に伝えたいこと #俳優養成所 #声優養成所

どうも、木全俊太です。

今回は『俳優・声優の養成所や専門学校のオーディションを受けるべきか迷っている人に伝えたいこと』というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前木下ほうかさんなどがいらっしゃる俳優事務所でマネージャーをしていたことがあって、自分自身も俳優をしていた経験があるんですが、今回の記事でもその頃にいろんな監督さんやプロデューサーさんから教わった大事だなと思うことを、皆さんにシェアさせて頂けたらと思います。

今回の記事では『俳優・声優の養成所や専門学校のオーディションを受けるべきか迷っている人に伝えたいこと』というテーマでお話し出来たらと思います。

早速本題に入っていきたいんですけど、僕YouTubeやらせて頂いてて時々観て下さっている方から質問を頂くことがあるんですけど、その中でもよく頂くのがこの養成所や専門学校には行くべきか?というご質問でして、僕なりの結論先に言ってしまうと、養成所や専門学校には必ずしも行った方がいいわけじゃないと思います。

なぜそう思うかという理由を3つこれからお話していこうと思うんですけど、まず1つ目の理由は現場経験はほとんど積めないからです。

駆け出しの役者さんにとって一番大切なことって、少しでも多く現場経験を積むことだと僕は思っていて、もちろん養成所や専門学校で芝居の稽古を積むことも役者としてプラスではあるんですけど、100回の練習より1回の本番っていう言葉もあるように、100回の稽古より1回の現場経験の方が僕は得るものが多いと思うんです。

養成所や専門学校っていうのは芝居の稽古は積めますが、基本的に現場経験が積めるところではないんですよね。

だから養成所や専門学校のオーディションを受けるより、芸能事務所のオーディションを受ける方が僕はいいと思います。

芸能事務所には実際の撮影現場に参加する為のオーディション情報も集まってくるので、現場経験を積むことが何より大事な駆け出しの役者さんにとっては、最も有益な環境といえると思います。

養成所や専門学校も、現場経験が積める機会が得られる時もあるとは思いますが、芸能事務所に比べたら残念ながらそういった機会はかなり少ないと思います。

養成所や専門学校をお勧め出来ない理由の2つ目は、お金がかなりかかることです。

お金がかかるということは、お金持ちの家の息子・娘でお金全然困ってませんという人じゃない限り、その月ごとのレッスン費、学費をアルバイトで稼がなきゃいけないということになりますよね。

でもそうやって養成所や学校以外の時間をアルバイトに割かないといけないとなると、現場じゃなくてレッスンにしても、それに臨む上で何より大事な台詞を覚える時間だったり、脚本読解にあてる時間というものが取れなくなって、結局、いざ芝居をする本番で良い芝居が出来ないという事態になってしまいかねないですよね。

その点芸能事務所は良い事務所であれば基本的に所属費はかかりませんから、所属費を稼ぐ為にバイトに追われるということもありませんし、その分オーディションに向けた準備に時間を割けるというわけです。

事務所によってはその事務所内でレッスンの時間を設けてくれる事務所もあって、芝居の稽古はそこで積むことも出来るし、もしそういう事務所のレッスンが無い事務所であっても、養成所や専門学校じゃなくて、単発開催の演技のワークショップなどで、稽古を積むのがいいと思います。

ワークショップというのは演技スクールなどが主催してるもので、月ごとに違う映画監督の方を講師に招いて開催されてるんですが、参加費はかかるものの、単発のワークショップであればお金がかかるのは参加した時だけだし、通年のレッスンと違って受けたい講師のワークショップを選べるので、それも単発のワークショップの良いところだと思います。

養成所や専門学校をお勧め出来ない理由の3つ目は、今の時代、養成所や学校に通わなくても、学べる方法はたくさんあるということです。

演技力を高める為の訓練というのは、何も養成所や学校でしか学べないわけではありません。

映画やドラマで演技の上手い役者さんのお芝居を観て研究したりとか、演技のメソッドなどが解説されてる本を読んで勉強したりとか、ネットにも例えばシネマプランナーズという自主映画のオーディション情報が掲載されたサイトがあって、その中で自分が気になる作品のオーディションを受けてみるのも良いと思います。

僕のYouTube動画でも過去に演技についての動画いくつかアップしてます。

もちろん相手役と実際にお芝居する経験も大事なので、時には単発のワークショップなどに参加するのもすごく有益だと思いますが、お伝えしたかったのは、養成所や専門学校以外にも学べる方法はたくさんありますよということですね。

いろいろ情報が手軽に得られるようになった今の時代、自分の工夫次第で、取り組み方次第で、役者としてのキャリアを飛躍させることは十分可能だと思うので、ぜひ皆さんも出来ることから始めてみてもらえたらと思います。

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが、役者としてさらに活躍していってもらえることを祈ってます。

記事を最後まで読んで下さって、どうもありがとうございました!

木全俊太

【Twitter】 

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太【芸能界の勉強】
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...