『俳優としての人脈の築き方』

俳優 人脈 俳優
俳優 人脈

動画版はコチラ

【人脈の築き方】〜役者としての良い人脈の築き方とは〜 #人脈 #役者 #俳優

どうも、木全俊太です。

今回は『俳優としての人脈の築き方』というテーマでお送りしたいと思います。

今回も僕が芸能マネージャーや俳優をしていた頃に、いろんなプロデューサーさんや監督さんから教わった大事だなと思うことを、皆さんにシェアさせて頂けたらと思います。

これから俳優を目指したいという方に、少しでも何か役に立ったと思ってもらえることがあったら幸いです。

今日は特に 俳優としてどのような人脈を築いていくべきかについて、考えていこうと思います。

映画にしてもドラマにしても、作品に俳優として参加するには、自分一人の力では難しいですよね。

どんなに素晴らしい演技力を持っている俳優さんでも、その存在を知ってもらえないと、残念ながら出演には至りません。

なので俳優さんは何より人脈が大事になりますが、今回はどうすれば良い人脈を築いていけるのかを考えていこうと思います。

早速本題に入っていきたいんですけど、まずどんな人と知り合うべきかなんですけど、“決定権”を持っている人と知り合うべきだと思います。

その一人はやっぱり映画監督さんなんですけど、映画やドラマのキャスティングにおいて実は、映画監督と同じぐらい、もしくはそれ以上に権限を持っている人が、プロデューサーさんです。

監督さんももちろん推薦して下さいますが、実際にオファーして下さるのはプロデューサーさんです。

だから俳優は映画監督さんにももちろん知ってもらう必要がありますが、プロデューサーさんに知ってもらえることもすごく大事だと思います。

さらにキャスティング担当のスタッフさんに知ってもらうことも大切です。

映画のクレジットを観ていると、最近はよくキャスティング誰々みたいにお名前出てきますよね。

そのお名前覚えておいて 何ていうキャスティング会社の人か調べてみるのもすごくいいと思います。

これは俳優さんよりマネージャーさんの仕事ではあると思うんですけど、俳優さんもやった方がいいと思います。

なぜならそういう方々にも知ってもらえる機会はあって、その手段のひとつがワークショップです。

例えばキャスティング会社の吉川事務所では、定期的に俳優のワークショップが行われてますし、東映が毎月やっている東映ワークショップでは、映画監督さんだけじゃなく、東映のキャスティングプロデューサーである福岡康裕さんも講師を務める回があったりします。

他にもプロデューサーさんが講師をされるワークショップも調べたら稀にあるので、映画監督さんだけじゃなくて 個人的にはそういうプロデューサーさんやキャスティング担当の方のワークショップこそ、受けた方がいいんじゃないかなと思います。

もしその方がFacebookをやっていたら、ワークショップの最終日が終わったら、お礼のメッセージと共に申請を送りましょう。

そんなことしたら図々しいんじゃないかと思う方もいるかもしれませんが、せっかく知り合えたのに忘れられてしまったらあまりにもったいないし、基本的に誰でも申請をもらうことは嬉しいものだと思います。

Facebookで友達になれば、自分が投稿する活動についての投稿も目にしてもらえる機会が作れます。

ただこれはワークショップなどで、実際に会ったことがある場合に限りで、全く会ったこともないのに申請を送っても、「誰だろう…?」と思われてしまうだけなので気をつけましょう。

それと少し話はそれますが、映画監督さんやプロデューサーさんなど、業界関係者が集まる飲み会などに行って自分を知ってもらおうとするっていうのは、それはそれで間違いではないですが、あんまり意味がないと思っていて、プロフィールをお渡しするなら別ですが、そこにただ行くだけだと、こんなこと言うと失礼かもしれないですが、ほぼ無意味だと僕は思います。

プロフィールを渡すっていう行為にしても、やっぱり映画監督さんはその人の芝居を直に観て、本当の意味での信頼を寄せない限り

プロフィールを見ただけで、この人を次回作に呼ぼうとはまずならないですよね。

だからプロフィールを渡すならせめて、声のかけ方として、「次回作 オーディション開催する際ぜひ参加させて下さい」とか

「もしよかったらSNSフォローさせてもらってもいいですか?」みたいな声のかけ方をして 繋がらせてもらうのがいいと思います。

あとはぴあフィルムフェスティバルやムージックラボみたいな有名な映画祭に行って、自分が特にこの人の作品に出たいって思う監督さんがいたら、その上映後の舞台挨拶の後とかに、お話出来る機会があればぜひ話しかけてみて下さい。

舞台挨拶の後であれば作品という共通の話題があるから、気になったことを質問したり、撮影の話を聞かせてもらったりするのもいいと思います。

自分の作品について聞かれて嬉しくない監督はいないと思うんです。

だから自分のプロフィールだけ渡してさっさと帰るようなことはしちゃ駄目です。

ちゃんと誠意が伝わる繋がり方をした方がいいと思います。

それと余談ですが 映画祭で賞を獲った監督は、どうやって役を募集していたかを調べるのもいいと思ってて、ネット検索する時のキーワードとしては例えば、 

“受賞作品名 オーディション 募集” とか

“受賞監督名 オーディション 募集” みたいに検索してみて

そういう監督さんがどんなサイトや方法を使って、キャスティングしていたのかを調べてみるのもいいと思います。

映画祭以外だと個人的に、渋谷のユーロスペースで作品を公開している新人監督さんは、今後大きくなっていく監督さんが多い気がします。

そういう監督さんと会える舞台挨拶やトークショーに行ってみるのも大事ですが、でも何だかんだやっぱり知り合う機会として一番良いのは、ワークショップだと僕は思います。

なぜなら俳優は芝居を見てもらわないことには何も始まらないからです。

時々とにかく業界関係者の飲み会に行きまくる俳優さんがいますが、こんなこと言うの大変失礼ですけど、全く意味ないと思うし、むしろマイナスなんじゃないかなと思います。

それだったら 飲み会みたいなたぐいには一切来ないけど、その時間芝居の訓練に充てて、ワークショップっていう自分の芝居が見てもらえる一番大事な機会で、素晴らしい芝居を披露出来る人の方が絶対にキャスティングに繋がると思うし、何よりカッコいいですよね。

やっぱり俳優として芝居に魅力がないと、どれだけ顔知ってても作品には呼ばれないと思うので、営業はもちろん大事ですけど、声をかけるんじゃなくて かけられる俳優になれるように、まずは何より芝居の訓練を積んで、ここぞという時にワークショップに参加するのがいいと思います。

次にどんなワークショップに参加すべきかなんですけど、近々次回作の撮影があってそのワークショップが、そのキャスティングも兼ねているであろう監督さんのワークショップに参加するのがいいと思います。

どんなワークショップも演技力の向上には繋がると思いますが、やっぱり欲を言うなら出演に繋げたいじゃないですか?

だからそういう監督さんのワークショップをオーディションだと思って臨むべきだと思うし、受け身にならずに絶対に監督の印象に残るんだっていう意識で受けるべきだと思います。

当たり前ですが 参加するワークショップの監督さんの作品は全部観ておくべきだし、ワークショップの事前課題があるなら、役柄に合う服を持っていったり、小道具も極力用意出来るものは持っていった方がいいと思います。

あとこのワークショップで何かを吸収するんだという意識を持って、他の人が監督に言われていることも自分のことのように聞いたり、監督だけじゃなくて、空き時間には自分が上手いと思った人のところに行って、アドバイスを求めたりするのもいいと思います。

一緒にシーンをやる人とは、休憩中になるべく意見交換したり、ワークショップ開始前に公園で一緒に練習したりしておくと、芝居にも良い影響が出ると思います。

それとワークショップを受けるべき監督さんとしては、無名でもメインキャストとして使ってくれる監督さんのワークショップを受けるべきだと思います。

だからどちらかというと、もう商業映画でバリバリ活躍されていて、撮っている作品にも有名な実力派俳優ばかりが参加しているっていう監督さんだと、なかなかワークショップを通じてメインキャストに抜擢されるっていうのは、かなり難しいと思います。

もちろん相当自分の芝居に自信があって、そういう監督さんにでも呼んでもらえる自信があるなら受けるべきだと思いますが、そういう監督さんはそれだけ芝居に対するジャッジがものすごい厳しいと思うので、そこで良い芝居が出来なかったら、逆にマイナスイメージになってしまいかねません。

もちろんどんな監督さんのワークショップでも死ぬ気で受けた方がいいと思いますが、まだそこまで有名じゃない監督さんで

無名の俳優さんでも演技力次第で呼んで下さるような、新人監督さんのワークショップこそ受けるべきだと思います。

ただ有名な監督さんの中にも例えば橋口亮輔監督のように、無名でもメインキャストとして使って下さる監督さんもいます。

ただもちろん無名とはいえ演技力だけじゃない要素も含め、相当な魅力がないとそこに食い込んでいくのは難しいと思いますが、そういう監督さんは本当に貴重だと思うので、自分を知ってもらう努力からまずしていくべきだと思います。

話は変わって次に自主映画についてなんですけど、今は無名でも近い将来有名になっていくであろう、そういう力のある新人監督さんが絶対にいるので、そういう方の動向に注目して、もしオーディションを行う機会があったらぜひエントリーしてみるといいと思います。

自主映画に出て実績作りをすることは大事なんですけど、大切なのは出演した作品の数より中身だと思ってて、すごい偉そうな言い方になっちゃって申し訳ないんですけど、良くない作品に出たら俳優として良くない評価を受けるだけなので、エントリーする作品は厳選して、良質な自主映画に出るようにしましょう。

事務所選びと同じで、いろんな作品に手当たり次第エントリーするんじゃなくて、自分が絶対に出たいと思える作品に絞って

アプローチしていくのがいいと思います。

それと舞台で適人を探す監督さんやキャスティングの方も多いので、舞台で芝居を磨きながら、いろんな公演に出るのもアリだと思います。

余談ですが もし事務所を探しているっていう方は、入りたい事務所の所属者が出ている舞台や映像作品に出演すれば、そこの事務所のスタッフさんに芝居を観てもらえる機会が得れるので、存在を印象付けることが出来て、上手くアプローチすれば、それをキッカケに所属に繋がるっていうことも大いにあると思います。

それと人脈作りは何も関係者に対してだけ行うべきってわけじゃなくて、自分が本当に尊敬する俳優さんに対しても行うべきで、その究極が付き人だと僕は思います。

俳優の加瀬亮さんは浅野忠信さんへの憧れから付き人になったのは有名なお話ですが、僕も以前マネージャーをしていた芸能事務所に所属していた木下ほうかさんが、2人付き人さんをつけていて、そのお二人はほうかさんからほんとに多くのこと学んでいたし

ほうかさんが出演する作品には付き人ということもあって、すごく頻繁にバーターとして出演出来ていました。

誰を師匠にするかってすごい大事ですよね。

それなりに芝居の経験を積んで、業界の人にも自信持って芝居観てもらえるような演技力が身に付けられて、自信持ってプロフィール見てもらえるような実績もある程度できたら、営業に費やす時間増やしていきましょう。

俳優の人生の半分以上は、本番よりも仕事探しになるわけだし、自分からどんどん探すことも大切です。

俳優のムロツヨシさんはユースけ・サンタマイアさんに「このままバイトを続けているといつまでも上を目指せない」そう言われ 30歳を堺にバイトを一切辞めて、いろんな作品に出る為に営業をしたそうです。

それが実り 福田雄一監督から声がかかって、今では福田組の常連俳優になってます。

だからどんなに貧乏しても映画につながらない仕事やお金の為だけのアルバイトはしないと決めて、“本当のハングリー精神”で持って頑張るっていうのもすごく素晴らしいことだと思います。

ある有名俳優は下積み時代の気持ちを忘れない為に、電車に乗らず歩いて帰っているっていうエピソードも聞いたことがあって、やっぱり売れる人ほど苦労してるものなんだなと思います。

俳優にとっての人脈作りで僕が一番大事だと思うことは、変なプライドを捨てることだと思います。

やっぱり俳優を頑張っている方ほどプライドが高い方が多いと思っていて、それはもちろん素晴らしいと思うんですけど、持つべきプライドと捨てるべきプライドがあると僕は思ってて、これは俳優に限った話じゃないですが、自分一人の力で出来ることなんて大して多くないと思うんです。

だからいろんな人の力を率先して借りることが大事だと思うし、それは何にも恥ずかしいことじゃないと思います。

僕の好きなムロツヨシさんも以前新聞のインタビュー記事でおっしゃっていたんですけど、誰かに助けを求めることを恥じちゃいけないと、自分じゃ解決できないこと、自分一人じゃどうにもならないことは、躊躇わず人に協力を仰ぐことが大切だとその記事でおっしゃっていて、本当にそうだなってその時思いました。

ムロツヨシさんのそんな素直さというか、周りから愛される人柄があるからこそ、今あれだけ活躍されてるんだろうなと思います。

なので皆さんもぜひ自分が尊敬する人とどんどん知り合って、俳優活動をより飛躍したものにしてもらえたらと思います。

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが、俳優としてさらに活躍していってもらえることを祈ってます。

記事を最後まで読んで下さって、どうもありがとうございました!

木全俊太 SNS

【YouTube】https://www.youtube.com/user/kimashun

【Twitter】https://twitter.com/kimatashunta