『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』の菅野美穂さんから学ぶ、自分の殻の破り方

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!,うちの娘は彼氏ができない,うちの娘は彼氏ができないドラマ,ウチカレ,うちかれ,第一話,1話,菅野美穂,浜辺美波,岡田健史,川上洋平,予告,キャスト, 俳優
ウチの娘は、彼氏が出来ない!!,うちの娘は彼氏ができない,うちの娘は彼氏ができないドラマ,ウチカレ,うちかれ,第一話,1話,菅野美穂,浜辺美波,岡田健史,川上洋平,予告,キャスト,

動画版はこちら

【ウチの娘は、彼氏が出来ない!!】の菅野美穂さんから学ぶ、自分の殻の破り方

どうも、木全俊太です。

今日も記事を読んで下さってありがとうございます。

今回は『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』の菅野美穂さんから学ぶ、自分の殻の破り方

というテーマでお送りしたいと思います。

僕は以前木下ほうかさんなどがいらっしゃる

芸能事務所でマネージャーをしていたことがあって

自分自身も俳優をしていた経験があるんですが

今回の記事でも

その頃の経験から皆さんにお伝えしたいことを

シェアさせて頂けたらと思います。

この春スタートしたドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』

ベテラン女優である菅野美穂さんと人気若手女優である浜辺美波さんのダブル主演ということもあり話題ですよね。

第1話でもすごくお茶目な母親役の菅野さんと、すっごく微笑ましいオタクの娘役の浜辺さんが親子でありながら姉妹でもあるような

そんな楽しいドタバタ劇繰り広げてくれそうな予感のあるドラマですよね。

今回はそんな主演の一人、菅野美穂さんから見習うべき“羞恥心を捨て去る重要性”についてお話させて頂けたらと思います。

菅野美穂さんといえば、ドラマだけでなく、よくバラエティにも出演されたりしますが、

結構バラエティに出演される女優さんって結構おしとやかな印象受けることが多いというか

まぁもちろんお笑い芸人さんのように、笑いをとるプロというわけではないから、

当然といえば当然で、何にも悪くないことですが

菅野美穂さんってバラエティでも、お笑い芸人並みにものすごく体を張って笑いを取られる方なんですよね。

昨年末のガキ使でも、いやいや女優さんなのにそこまでしていいの?ってぐらいの変顔を披露されていて

この方ほんとすごいなって思いました。

もちろん全ての女優さんがこうあるべきとは言わないんですが、

こうやって自分を思い切って開放できる人って

お芝居もすごく自由度高い素敵なお芝居される人が多い気がします。

もちろん普段はあまり感情を表に出さないけど

お芝居になると感情を自由に爆発させれるっていう天才気質の人もいますが

そうじゃない方がほとんどだと思うし

しかも特に芝居始めたての頃は

羞恥心一切捨てて人前で芝居をするのは難しいですよね。

でもお芝居をする上でこの羞恥心っていうのは一番の敵と言っても過言ではなくて

特に商業映画やドラマの現場などにいったら

大人のスタッフさんがたくさんいる中で

芝居を披露しなくてはいけなくて

そこで恥じらいみたいなものを捨てきれず

思い切ったお芝居が出来ないと

なかなか次もまた現場呼んでもらうということが叶わずで

キャリアがなかなか思うように続かないという事態になってしまったりします。

だからこの羞恥心というのを

全く一切感じずお芝居できるようにするというのは難しくても

なるべく早い段階から

人前でも思い切った芝居ができるようにしておいた方が

役者として絶対いいと思います。

じゃあそういった人前で何かする時恥ずかしいと思ってしまう状態を

どうすれば無くせるかなんですけど

こうすればその日から一切そういった羞恥心捨てれるみたいな

秘策みたいなものは正直存在しないと思ってて

ありきたりな回答にはなってしまって申し訳ないんですが

これはもう人前に立つ経験を少しでも多くするしか無いと思います。

菅野美穂さんも、もちろんご本人の気さくで明るい性格的なこともありますが

もともと中学3年生の頃にあるバラエティ番組のレギュラーのオーディションに合格し

その頃から人前で何か表現するという経験をたっくさんしてきたことが

ああやってドラマだけでなくバラエティでも

恥じらい一切捨て切ってるとも思えるギャグまで披露出来てしまう状態になれたのだと思います。

だからレッスンやワークショップなどで人前で芝居をする経験をなるべく持つのもすごく大事なことだし

普通に生活の中でも、例えば学生さんだったら、例えば生徒会だったり何かの委員長をやって

大勢の前で自分の意見を言う経験をなるべく持ったり

社会人の方でも、何か仲間内だけでもいいので、自分で催しを企画してそのリーダーを務めたりとかして

そうやって何かを仕切るみたいな経験を持つことも

普段なかなか人と話すの苦手という引っ込み思案の方が、そう言った恥じらいを捨てる為の助けになると思います。

やっぱり正直普段の生活の中でなかなか感情を表に出せない方が

芝居では自由自在に感情豊かに演じられるというのは残念ながらなかなか難しいことで

芝居で、自分を開放して、感情豊かに演じようと思ったら、普段の生活の中からなるべく感情を動かす経験をした方が

絶対いいと思ってて、

今はコロナでなかなか難しいですけど

なるべく普段から自分の感情が大きく動くような体験をするのが大事だと思うし

例え外出ができなくても、普段なかなか話せていない友人とビデオ通話で話して

たわいのないことで笑いあったりとかすることもすごく大事なことだと思ってて

やっぱり一人でずっと家にこもってると、基本無表情で過ごすことになるし

役者として大事な表情筋も衰える一方っていう風になっちゃいますよね。

いやいやそんな小さいことと思われるかもしれませんが、表情ひとつで芝居をしないといけない役者さんにとっては

疎かにしちゃいけないことだと思ってて

そうやって表情筋をなるべく動かすように心がけたりとか

芝居の基本とも言える会話の感覚が衰えないように

今カメラで撮られているつもりになって

友達と会話してみたりとか

そういう些細積み重ねが、後々大きな差になっていくと思います。

なので、今はコロナでなかなか出来ないことも多いご時世ではありますが

なるべく人前で芝居をする機会を、自分の意見を言う機会を

オフラインでもオンラインでも取ることによて

徐々に人前で何かしたり、言ったりすることに恥じらいを感じることも少なくなっていって

ゆくゆくは菅野美穂さんのように、大きな現場でも、思い切った表現が出来る役者さんになれるはずです。

なので皆さんもぜひそう言ったことに心がけて日々生活してもらえたら

自分の本当の気持ちが、思ったことが出せずに

もどかしい思いをするということがなくなって

何より自分が楽になっていけると思います。

このドラマ、菅野美穂さん以外のキャストさんのお芝居も注目だなーって思ってて

オタク役という浜辺さんもすごく注目ですし

個人的には人気バンドアレクサンドロスのボーカルでもある川上洋平さんも

どんなお芝居今後見せていくのかなーってすごく気になりますね。

川上さんも本業はミュージシャンですけど

役職は違えど、何千・何万の人達の前でライブしてきたその経験と培った自信というのは

間違いなく今回の役者業にも活きてるんじゃないかなって思います。

『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』、今後の展開も

注目して観ていけたらと思います。

というわけで今回はこの辺にしようと思います。

これを読んで下さっている皆さんが

役者としてさらに活躍していってもらえることを

祈ってます。

記事を最後まで読んで下さって

どうもありがとうございました!

【YouTube】

元芸能事務所マネージャー 木全俊太【芸能界の勉強】
木全俊太です。 このチャンネルでは、僕が芸能事務所のマネージャーをしていた頃に学んだことをお伝えしていきます。 芸能事務所の選び方や、映画やドラマのオーディションに合格する秘訣、監督やプロデューサーから教わった演技の極意など、芸能界を目指す俳優さんや女優さんに役立つ情報をお届け出来たらと思います。 役者の方が芝居で生き...

【Twitter】